調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 有機ELテレビ

「有機ELテレビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年11月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,068億円(前年比89.0%)となった。映像機器は523億円(前年比83.8%)となった。オーディオ関連機器は76億円(前年比89.0%)となった。 カーAVC機器は470億円(前年比95.6%)となった。 薄型テレビ計は332千台(前年比77.8%)となった。サイズ別では、29型以下が59千台(同67.7%)、30〜36型が86千台(同77.1%)、37〜49型が112千台(同75.6%)、50型

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年10月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,035億円(前年比98.7%)となった。映像機器は462億円(前年比97.3%)となった。 オーディオ関連機器は104億円(前年比106.2%)となった。 カーAVC機器は469億円(前年比98.5%)となった。 薄型テレビ計は285千台(前年比81.0%)となった。サイズ別では、29型以下が57千台(同73.7%)、30〜36型が80千台(同72.9%)、37〜49型が92千台(同83.2%)、5

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内向け有機ELテレビの出荷実績

国内向け有機ELテレビの出荷実績

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年9月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,108億円(前年比99.1%)となった。分野別に見ると、映像機器は512億円(前年比99.2%)となった。 オーディオ関連機器は77億円(前年比103.1%)となった。 カーAVC機器は519億円(前年比98.5%)となった。 薄型テレビ計は357千台(前年比95.5%)となった。サイズ別では、29型以下が76千台(同96.7%)、30〜36型が100千台(同86.7%)、37〜49型が117千台(同

2017年11月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

4メーカーが出揃って4か月、伸び悩む有機ELテレビの現在地

家電量販店のテレビ売り場では、一番目立つ場所に有機ELテレビを配置している店舗が増えている。また、8月にBCNが実施したテレビ購入意向者に対するアンケート調査でも、有機ELテレビの認知率は7割と高く、一般的にも浸透しつつあることが明らかとなった。現在、製品を販売しているメーカーは、LGエレクトロニクス、ソニー、パナソニック、東芝の4社。大手が出揃ってから、約4か月が経過する。本記事では、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」をもとに、市場の動向と、各メーカーの現在地

2017年6月29日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

ソニーが好発進、有機ELテレビ市場が立ち上がる

2017年に入り、東芝、ソニー、パナソニックの3社が、揃って有機ELテレビを発表した。生産効率や量産化で難航してきたため、国内市場では先行したLGエレクトロニクスが主導権を握ってきたが、パネルの供給に見通しがついたことが日本メーカーの本格展開を後押しするかたちとなった。6月10日にはソニー、6月16日にはパナソニックがそれぞれ発売し、「4K」に続くトレンドとして注目される「有機ELテレビ」市場がいよいよ立ち上がることになる。そこで、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキン

2017年6月23日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向

「4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向」  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット通販における4Kテレビ及び有機ELテレビの販売動向を発表した※1。 【概要】・2017年1-4月の4Kテレビ販売台数は前年比76%増と拡大が継続。・2017年通年では140万台を見込む。 【4Kテレビ市場の成長が継続】4Kテレビ販売は、2017年も好調に推移しており、1-4月では数量前年比76%増、金額前年比40%増となった。同期間のテレビ販売における4Kテレビの構成比は

2017年2月10日インプレスフィードバック数:0デジタル家電

2017年製品購入意向/所有率調査

読者アンケート結果発表2017年製品購入意向/所有率調査結果。最注目は有機EL TV、VRやUHD BDもAV Watch編集部2017年1月30日 12:01今回は929人の方から投票を頂きました。ご協力ありがとうございました。アンケート実施期間:2017年1月20日~26日※複数回答の設問があるため、回答結果を合わせると100%・総投票人数を超える場合があります'17年の最注目は有機ELテレビ。VRは得票率43.7%に上昇 今年注目しているAV関連のトピックや製品について尋ねたところ、「有機

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ