調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 期待インフレ率

「期待インフレ率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安はもう終わったのか

リサーチ TODAY2015 年 6 月 3 日原油安はもう終わったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBの量的緩和やギリシャの資金繰り問題を背景に、1ユーロ=1.10ドルを割るドル高ユーロ安となっていたユーロ/ドル相場が、4月下旬以降はユーロ高方向に振れる展開となった。それまでの急速な債券高に対する巻き戻しによって、ドイツの長期金利が急上昇したことでユーロ高圧力が高まったためである。こうした一連の動きの背景には、下記の図表に示されるように、折からの原油相場の反発によってインフレ期

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標)

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) | ニッセイ基礎研究所 【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FOMCの声明文(10月28-29日分)では、物価動向について3通りの表現がみられた。本稿ではFRBが重視していると思われる物価指

2014年11月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費税引き上げ後の物価・景気

第8回RIETIハイライトセミナー 消費税引き上げ後の物価・景気 (議事概要)イベント概要日時:2014年7月2日(水)16:00-18:00会場:RIETI国際セミナー室 (東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 経済産業省別館11階1121)議事概要講演1 消費税引き上げ後の物価・景気深尾 光洋 (RIETIプログラムディレクター・ファカルティフェロー/慶應義塾大学商学部教授) 1. 景気の現状と見通し2013年度のGDP成長率は、消費税引き上げ前の駆け込み消費や住宅投資による押し上げもあり、2

2014年9月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

期待インフレ率は上昇しているか~円安要因を除けば極めて限定的~

期待インフレ率は上昇しているか~円安要因を除けば極めて限定的~

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証 ◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の市場見通し ~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~

Market Watching市場レポートテーマ:2014年の市場見通し発表日:2014年1月8日(水)~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)世界はFRBの金融政策を注視2014年のグローバルマーケット最大の関心は、FRBのテーパリング(QE3による国債などの買取規模の縮小)の行方だろう。2007-08年の米住宅バブルの崩壊とそれに伴う金融市場の混乱以降、日米欧の先進国の金融政策は極端な緩和政策を余儀なくされた

2013年8月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 瞬間風速は微風でも重要なCPI

Global Market Outlook瞬間風速は微風でも重要なCPI2013年8月26日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:51 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン(円)終値13636.28114015,010.518,416.996,492.104,069.472,092.61

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の落とし穴?―期待インフレ率と金利の関係

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元緩和」の落とし穴?―期待インフレ率と金利の関係QE3縮小の動きに伴い、期待インフレ率の上昇は名目金利の上昇要因に ◆期待インフレ率と金利の関係が注目されている。日本銀行は、名目金利の低下と、期待インフレ率の上昇という、相反する目標を目指しており、両立は不可能であると指摘する声がある。一方で、期待インフレ率の上昇が、実質金利の低下につながることで、実体経済を押し上げるという意見もある。◆2013

2013年1月9日日本総研フィードバック数:2社会/政治

為替相場展望2013年1月号

為替相場展望2013年1月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆日米の金融政策とドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ECBの金融政策・為替需給・ユーロ圏景気とユーロ相場・・・・・

2012年6月5日内閣府フィードバック数:3社会/政治

国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性

今週の指標 No.1033 国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性ポイント2012年6月4日 リーマンショック以降、各国(ここではアメリカ、ドイツ、英国、日本のことを指す。以下、同じ。)の国債の利回り(10年物)は低下傾向にある(図1)。利回りの変化には多くの要因があると思われるが、ここでは、各国の国債利回りに織り込まれる現在の経済成長率、物価上昇率見通しの違いから、今後の金利環境の変化の可能性について見ていく。 各国の国債利回りを比較すると、年限によって差異がある

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ