「木材利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年9月2日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査

プレスリリース「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について林野庁は、「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」のうち、平成27年にエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)を取りまとめましたので公表します。全体で719万トン、このうち間伐材・林地残材等に由来するものは、123万トンとなりました。1.当調査の概要について「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」は、木質バイオマス(注)のエネルギーとしての利用動向を把握するため、木質バイオマスを利用している発電機及び

2016年6月11日林野庁★フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の公共建築物の木造率について

ホーム > 平成26年度の公共建築物の木造率について平成26年度の公共建築物の木造率について 平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、初めて10%を超える結果となりました。 概要平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)の施行から5年目にして、初めて10%を超える結果となりまし

2013年6月9日林野庁★フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

震災復興や地球温暖化も重要なテーマです。

平成24年度森林・林業白書

「平成24年度森林・林業白書」の公表について本日、「平成24年度森林及び林業の動向」並びに「平成25年度森林及び林業施策」(「平成24年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 1 「平成24年度森林・林業白書」の概要森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。 「 平成24年度森林・林業白書」においては、特に、森林・林業の再生に向けた取組や、公益重視の管理経営を一層推進する

2013年5月2日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

木材利用ポイント事業が始まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域産の木材を活用した木造住宅の新築や内外装の木質化、木製品・ペレットストーブ等の購入に対して、地域の農林水産品などの商品と交換できるポイントを付与する「木材利用ポイント事業」(以下、「同事業」)が4月1日から始まった。普段、消費者が気に留めていない木材の産出地を意識してもらい、地域材を積極的に活用してもらう林業政策の一つである。予算は、林野庁の概算要求額55億円を大きく上回る410億円が緊急経済対策

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ