「木造住宅」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年3月26日NCNフィードバック数:0社会/政治

耐震・地震に関する全国意識調査

<耐震・地震に関する全国意識調査>耐震意識の高い「耐震県」1位は神奈川、47位は広島に 本当に震度6までは大丈夫?自分の家に耐震性能が「わからない」33.8% 緊急地震速報が発令しても「すぐに動けなかった」61.8%日本に安心・安全な木構造を普及させるべく木造耐震設計事業など手掛ける株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区・代表取締役社長 田鎖郁男)は、全国2,889名に“耐震に関する全国意識調査”を実施しました。その結果、住宅の耐震意識と地震への備えに関する回答の合計を数値化した都道府県別総合ラン

2017年11月7日大分県フィードバック数:0社会/政治

木材の統計資料(大分県の木材需給と木材産業の現況 平成29年10月発行)

木材の統計資料(大分県の木材需給と木材産業の現況 平成29年10月発行) 1.木材価格の推移2.素材生産量の推移3.製材品需要量等の推移4.木造住宅着工戸数等の推移5.その他 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)この情報に関するお問い合わせ先はこちらです

2016年6月7日国土交通省フィードバック数:0ライフスタイル

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成28年1月、2月、3月及び平成27年度計)

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について (平成28年1月、2月、3月及び平成27年度計)  木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計(※)の平成28年1月~3月及び平成27年度計の結果がまとまりました。過去の資料は、以下のホームページに掲載しています。※ 本統計は、木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の動態を把握するため、国土交通省が特定行政庁等に対し、該当する建築物の建築確認申請の有無を調査しているものです。※ 平成28年6月1日、集計の誤りがあったため修正し

2015年4月22日富士通フィードバック数:0社会/政治

大都市における空き家問題 ―木密、賃貸住宅、分譲マンションを中心として―

大都市における空き家問題―木密、賃貸住宅、分譲マンションを中心として―要旨大都市の空き家率は現状では地方に比べ低いが、今後、大都市でも世帯数が減少に転ずることにより、問題が深刻化していくことが予想される。大都市における空き家問題としては、木造住宅密集地域(木密)が存在すること、中古戸建ての流動化が遅れていること、賃貸住宅や分譲マンションのストックが多く、管理が放棄された場合の潜在的な問題が大きいことなどがある。木造住宅密集地域については、未利用容積を周辺の高度利用可能な地域に移転させる施策も今後

2014年5月27日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小工務店・大工業界の取り組み状況に関する調査

中小工務店・大工業界の取り組み状況に関する調査結果について(概要) 平成26年5月26日1.調査の目的と方法(1)調査目的国土交通省においては、木造住宅に対する国民の高いニーズを踏まえ、将来にわたり活用される質の高い木造住宅の供給促進のため、各種施策を講じてきたところですが、今後、木造住宅のより一層の振興のための施策を検討するに当たっては、戸建て木造住宅供給の大半を占める中小工務店や大工技能者の実態を把握する必要があることから、これら工務店等の業務体制、省エネルギー基準への適合義務化に対する認

公認ホームインスペクター資格試験申込者数、過去最高へ

[] 日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都渋谷区:理事長/長嶋修)。同協会が今年11月17日(日)に実施する、公認ホームインスペクター資格試験の受験申込者数が1252名となり、2009年の試験制度開始より、過去最高の申込者数となりましたことをご報告します。第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同協会では、年々消費者のニーズが高まる

2013年5月2日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

木材利用ポイント事業が始まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域産の木材を活用した木造住宅の新築や内外装の木質化、木製品・ペレットストーブ等の購入に対して、地域の農林水産品などの商品と交換できるポイントを付与する「木材利用ポイント事業」(以下、「同事業」)が4月1日から始まった。普段、消費者が気に留めていない木材の産出地を意識してもらい、地域材を積極的に活用してもらう林業政策の一つである。予算は、林野庁の概算要求額55億円を大きく上回る410億円が緊急経済対策

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ