調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 本店所在地

「本店所在地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月28日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

1都3県・本社移転企業調査(2016年)

2017/3/211都3県・本社移転企業調査(2016年)1都3県への本社移転、6年連続の転入超過〜 転出先は「茨城県」など北関東地域が上位 〜はじめに安倍内閣が「地方創生」の政策の柱として「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の5カ年計画を策定してから、2017年で折り返し地点を迎える。同戦略では、東京五輪が行われる2020年までに地方・1都3県(以下「東京圏」)の転出入を均衡化することを目標の一つとしている。しかし、足元では東京圏への人口動態は転入超過が続き、地方から首都圏への人口流出に歯止めが

2015年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

静岡県本社移転企業調査

2015年6月23日過去10年間では「転出」が「転入」を上回る〜 転入・転出は東京都・神奈川県・愛知県〜 安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな影響を与えることは間違いない。各自治体における企業誘致合戦も激化の一途を辿っているが、静岡県内にも企業誘致

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

神奈川県 本社移転に関する企業調査

2015/5/29特別企画 : 神奈川県 本社移転に関する企業調査05年〜14年、10年間で県内への転入超過780社〜 転入元・転出先ともに、東京都が最多〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

北海道・本社移転企業調査

2015/5/15特別企画 : 北海道・本社移転企業調査2005年〜2014年、道外への転出超過79社〜 2014年は転出超過が最大に 〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな鍵を握るといえるだろう。帝国データバンク札幌支店では、2005年から

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 本社移転に関する企業調査

2015/4/27広島県 本社移転に関する企業調査2005年〜2014年、県外への転出超過56社〜 転入元・転出先ともに、東京都が最多 〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創設や移住の相談窓口

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 本社移転に関する企業調査

2015/4/27特別企画 : 岡山県 本社移転に関する企業調査2005年〜2014年、県内への転入超過42社〜 転入元・転出先ともに、広島県が最多 〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創設や

2015年4月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東京都・本社移転企業調査

2015/4/7特別企画 : 東京都・本社移転企業調査東京への転入企業増加、都心回帰進む 〜 転出は神奈川・埼玉・千葉へ 〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな鍵を握るといえるだろう。 帝国データバンクでは、2005年から2014年の10年間

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ