調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 杏林大学医学部

「杏林大学医学部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月22日ユニクロフィードバック数:0ライフスタイル

臭いが気分や生産性に与える影響

<臭いが気分や生産性に与える影響を実験>汗のニオイでストレスホルモンの分泌が増加?!汗臭で「やる気低下」「頭の回転が遅くなる」と感じる傾向に 年間を通じて、世界中のあらゆるシーズン、あらゆる人の肌に究極の心地よさを提供するユニクロの機能性インナー「エアリズム」は、杏林大学医学部名誉教授の古賀良彦先生監修のもと、「臭いが気分や生産性に与える影響」を検証しました。検証の結果、汗臭により「やる気がでない」など気分をネガティブにさせるだけでなく、精神的なストレスの指標といわれるストレスホルモン「クロモグ

グレープフルーツの脳機能に与える影響についての検証試験結果

フロリダ州政府柑橘局は、フロリダ産のグレープフルーツの健康効果を検証するために、医学博士・杏林大学医学部精神神経科学教室教授・NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長である古賀良彦教授に協力を依頼し、「グレープフルーツの脳機能に与える影響」について実験を行なっていただきました。今回の古賀教授による実験の結果および概要については以下のとおりです。 集中力、計算力がUP!計算問題達成数は、ホットグレープフルーツジュースを摂取した時が一番多くなっています。※常温の水と常温のグレープフルーツジュースの間に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ