「材料市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年8月6日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内3Dプリンティング市場予測

2015年の国内3Dプリンター本体出荷台数は前年比マイナス20.2%と大幅減 ブームが落ち着いた一方、企業利用は着実に増加し、総売上額では4.4%増の345億円 2015年~2020年の総売上額年間平均成長率は15.3%、2020年は702億円と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内3Dプリンティング市場(*1) の2013年~2015年の実績と

2016年5月19日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年の半導体フォトマスク販売額は33億ドル

2015年の半導体フォトマスク販売額は33億ドル SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は5月9日(米国時間)、2015年の半導体フォトマスクの世界市場が33億ドルとなり、2017年には34億ドルに達することが予測されると発表しました。フォトマスク市場は2014年に3%、2015年に1%の成長を遂げ、2016年には2%、2017年には3%の成長がそれぞれ見込まれます。フォトマスク市場をけん引しているのは、45nm未満の微細プロセスであり、地域的には半導体の製造が拡大するアジア太平洋地域で

2015年4月7日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界半導体材料統計

プレスリリース:半導体材料統計発表2015年4日7日米国カリフォルニア州で2015年4月6日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。世界半導体材料統計発表 2014年の世界半導体材料出荷額は443億ドル SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、4月6日(米国時間)、2014年の世界半導体材料市場が、半導体出荷額が前年比10%増となる中、前年比3%増となったことを発表しました。2011年以来、初めての増加となった2014年の半導体材料出荷額は、443億ドルでした。ウェーハプロセ

2014年7月17日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

歯科用機器・材料市場に関する調査結果 2014

2014年07月17日 歯科用機器・材料市場に関する調査結果 2014 ~歯科用CAD/CAM装置が導入拡大、歯科向け滅菌装置も増加の見込み~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の歯科用機器・材料市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年3月~6月2.調査対象:歯科用機器、歯科材料、歯科用薬品、予防歯科関連製品、インプラント材料の製造・販売元企業3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<歯科用機器・材料市場とは>本調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ