調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東京メトロ利用者

「東京メトロ利用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査2017年02月17日(金)Vol.12 東京メトロを利用するビジネスパーソンにおける交通広告は、商品を知ったり思いだすきっかけの情報としてネット広告以上に効果的。新商品のアテンション獲得や興味喚起の高さはTVCMと同レベルであり、清涼飲料商品の低頻度購入者でも、交通広告を見た後の飲用意向率や購入経験率は高く、飲料広告における東京メトロメディアのリーセンシー効果の高さが確認された。株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥

駅・電車内におけるビジネスパーソンのネットショッピングの実態

駅・電車内におけるビジネスパーソンのネットショッピングの実態2016年07月15日(金)Vol.11 ネットショッピング市場が拡大を続けている中、多くのビジネスパーソンが出勤・帰宅時をはじめとする駅や電車の中でネットショッピングをしており、そのきっかけが交通広告というケースも多い。株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥後 謙一)では、首都・東京で毎日の生活を送る東京メトロの利用者について、そのさまざまなライフスタイルや意識を探る各種の調査を実施しています。近年ます

若手ビジネスパーソンの仕事に対する意識や取り組みについて

若手ビジネスパーソンの仕事に対する意識や取り組みについて2015年11月24日(火)Vol.09 仕事に対して真摯に取り組み、堅実な将来をイメージしながら高い向学心を持って語学や資格・検定にも積極的に取り組んでいる若手ビジネスビジネスパーソン。通勤時の社内でスマホを自在に操る彼・彼女らは、情報収集先として車内広告を多く見ている。株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥後 謙一)では、首都・東京で毎日の生活を送る東京メトロの利用者について、そのさまざまなライフスタイル

2011年7月11日マーシュフィードバック数:17大型消費/投資

東京メトロに関する調査

東京メトロに関するアンケート調査「空調」「遅延」「乗り継ぎ・出口のわかりにくさ」改善望む声ビジネスパーソン1,000人アンケート調査「東京メトロに関するアンケート調査」 東京都23区内で働くビジネスパーソンの東京メトロ利用率は73.8%(仕事以外の利用も含む)東京メトロの利用者で、改善して欲しい点や不満に思う点が「よくある」「たまにある」と回答した人は60.3%。利用頻度が高いほど割合が高い。改善して欲しい点・不満に思う点の具体的な内容は、「乗り継ぎや出口がわかりにくい」「遅延の発生、対応」「空

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ