調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東京一極集中

「東京一極集中」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月3日電通★フィードバック数:0社会/政治

電通の調査です。

地方創生に関する意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施2015年6月3日電通、全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、国民の地方創生に関する認知度や意識を把握するため、2015年4月に全国の10代~60代の1

2015年5月21日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

東京と地方についてのレポートです。

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】「東京一極集中是正」による少子化対策の妥当性を問う-地域別出生関連指標からの示唆

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】「東京一極集中是正」による少子化対策の妥当性を問う-地域別出生関連指標からの示唆

2015年5月21日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

東京と地方についてのレポートです。

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】東京一極集中と経済成長

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】東京一極集中と経済成長

人口の「東京一極集中」はどこまで続き得るのか~東京都区部の住居系地域における潜在床面積の利用率は40%程度~

人口の「東京一極集中」はどこまで続き得るのか~東京都区部の住居系地域における潜在床面積の利用率は40%程度~ <要約・概要> 少子化・多死化社会の到来を背景に、日本全体では2008年12月をピークにして人口減少トレンドにある一方、地方や郊外部からの人口流入によって、東京都区部の人口は足元にかけて増加を続けている。 本稿では、しばしば地方創生を巡って「東京」対「地方」の二項対立になりがちな、「東京一極集中」の是非に関する議論は行わない。代わりに、東京への転入超過が今後も続くとした場合に、物理的(空

2015年3月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

数字を追う ~地方創生・東京一極集中是正に関連する論点の再検証

数字を追う ~地方創生・東京一極集中是正に関連する論点の再検証

2015年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考えるNo.7】地方都市再生(1);若者はどこにいるのか?-“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴

【アベノミクスを考えるNo.7】地方都市再生(1);若者はどこにいるのか?-“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴

2015年1月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を

東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を | ニッセイ基礎研究所 東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅11月21日に地方創生関連2法案1が国会を通過しました。この法律を受けて、12月27日には人口減少の抑制や東京一極集中の是正に向けた長期ビジョン「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、地方創生の今後5年間の計画を示す総合戦略「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されま

2014年9月2日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

東京一極集中と地域活性化

Special Report 東京一極集中と地域活性化衰退する地方圏日本創成会議は最近発表された報告書(日本創成会議・人口減少問題検討分科会「ストップ少子化・地方元気戦略」平成26年5月8日)のなかで、2040年までの人口予測にもとづいてこのままでは地方で多くの地域が消滅するだろうという厳しいメッセージを投げかけた。出生率が高い地方から低い大都市への人口移動を考慮すると少子化が加速しながら進むことは国として強い危機感を持つべき問題だ。とはいえ、地方で希望に見合う仕事がないから都市への移住を選択す

2013年11月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2020年東京五輪に対する近畿企業の意識調査

2013年11月21日特別企画 : 2020年東京五輪に対する近畿企業の意識調査 東京五輪特需に期待、近畿企業の75.7%〜「原発事故処理」「東京一極集中」などが課題〜 2013年9月8日(日本時間)、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定した。今後の日本経済を活性化させる起爆剤として期待が膨らむが、一方では、東京一極集中や他地域への経済的影響などを不安視する声もある。そこで帝国データバンクでは、2020年の東京五輪に対する近畿企業の見解について調査を実施した。本調査は、T

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ