「東京圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

三友地価予測指数(2016年9月調査)

さんゆう資料室コンテンツへ移動三友地価予測指数(2016年9月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはやや鈍化、名古屋圏では上昇ピッチが強まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が68.7、大阪圏は74.9、名古屋圏は75.0となりました。前回との比較では、東京圏が70.7からやや下落、大阪圏も76.5からやや下落したのに対し、名古屋圏は69.4から上昇しています。また、「先行き」は東京圏が60.1、大阪圏は59.9、名古屋圏は57.5と、現在より慎重な見方が強まっています。 東京圏では、20

2016年4月14日プレジデント社フィードバック数:0社会/政治

高学歴女性の人生を狂わす「仕事と家庭の両立」できる・できない3大分岐点

高学歴女性、仕事と家庭の両立の可否をわけるもの日本総合研究所が東京圏で暮らす25~44歳の東京圏に所在する4年生大学または大学院を卒業した女性(以下、高学歴女性)を対象に実施した調査結果(以下、アンケート調査結果)によれば、卒業後の進路として正規雇用の職に就いて結婚した1364人の女性のうち、結婚後も正規雇用で働き続けた女性の割合は65.1%、第1子出産時点では、48.1%にまで下がります。第1子の出産を契機に半数以上の高学歴女性が離職をしてしまう現状を踏まえ、アンケート調査結果のデータ及び筆者

2016年4月6日SANYUフィードバック数:0社会/政治

三友地価予測指数(2016年3月調査)

さんゆう資料室コンテンツへ移動三友地価予測指数(2016年3月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはさほど変わらず、名古屋圏では上昇ピッチが弱まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が70.7、大阪圏が76.5、名古屋圏が69.4となった。前回との比較では、東京圏が72.4からやや下落、大阪圏は75.0からやや上昇したのに対し、名古屋圏は前回の水準(80.5)を大きく下回った。また、「先行き」は東京圏が56.0、大阪圏が58.3、名古屋圏が55.5と、いずれも現在より慎重な見方が強まっている

2015年6月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

23区比較です。

東京23区間で大きく異なる出生率とその要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 地域・パブリック 東京23区間で大きく異なる出生率とその要因 2015年6月17日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 米川 誠日本全体の人口減少が加速している。先日、厚生労働省から発表された人口動態統計によると、平成26年の合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の平均数)は1.42となり、9年ぶりに低下した。今後、団塊ジュニア世代の出産の減少が

属性別に見た企業情報サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2014第2回:属性別に見た企業情報サイトの位置付け若年層ほど新聞より企業Webサイトを選択【図1】属性別 企業情報の信頼する情報源(2014年)図1は前回の「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という質問に対して、新聞と企業Webサイトを選択した回答者の割合を年代別と居住地域別に示したものである。地域別では東京圏において企業Webサイトが新聞を上回っている。逆に、東京圏、大阪圏以外のその他の地域では逆に新聞が企業Webサイト

2015年3月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

北陸新幹線への期待と不安~観光では「東京圏以外」に目を向けることが重要~

北陸新幹線への期待と不安~観光では「東京圏以外」に目を向けることが重要~

2015年1月27日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

移住についてのレポートです。

ローカルハッピネスNo.05

ローカルハッピネスNo.05人はどれだけ移り住むのか?人は現在暮らしている地域から離れて、別の地域へ移り住みたいという気持ちがどの程度あるのでしょうか?調査対象者全体では25.9%と4人に1人移住の意向があるようです。7.2%の方が1-2年以内とかなり近い将来に移住する気持ちを持っています。男性よりは女性が、中高年よりも若者の移住意向が高い傾向です。地域別にみると東京圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)住民の約3割を占めるなど、都心暮らしの人がやや移住意向が、高い傾向が見られます。人はどこに移住したい

2015年1月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を

東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を | ニッセイ基礎研究所 東京の消滅を回避するために-地方創生による東京と地方の「プラスサム」の実現を 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅11月21日に地方創生関連2法案1が国会を通過しました。この法律を受けて、12月27日には人口減少の抑制や東京一極集中の是正に向けた長期ビジョン「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、地方創生の今後5年間の計画を示す総合戦略「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されま

東京圏からの人口移動

東京圏からの人口移動 | ニッセイ基礎研究所 東京圏からの人口移動 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 夜、飛行機から見える街の明かりは美しく、景色が良く見える窓際の座席が取れないときは損をした気分になる。特に東京の街はどこまでも広がっていて、こんなに街が途切れることなく延々と続く都市は他にはないので

東京圏からの人口移動

東京圏からの人口移動 | ニッセイ基礎研究所 東京圏からの人口移動 経済研究部 専務理事 櫨(はじ) 浩一夜、飛行機から見える街の明かりは美しく、景色が良く見える窓際の座席が取れないときは損をした気分になる。特に東京の街はどこまでも広がっていて、こんなに街が途切れることなく延々と続く都市は他にはないのではないかと思う。幾つかの定義では、東京を中心とする都市圏は、人口規模で世界最大だという。第二次世界大戦後の農村から大都市への人口移動が日本の高度成長を可能にしたが、高度成長が終わっても東京圏への

用途別、地域別に差が大きい基準地価

わたしの意見 ― 水野 創用途別、地域別に差が大きい基準地価(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月25日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 国土交通省から7月1日時点の基準地価が公表された(9月18日)。8月の地価LOOKレポートで、大都市圏が上昇傾向にあり、千葉県でも千葉港が下落から横ばいに転じるなど、その効果が及んできたことは既に明らかになっているが、今回はそれ以外の地域の状況を含め確認できる。(1)全国、東京圏、千葉県で地域間の差は大きい(図表1)。全国は

2014年9月4日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

地方の人口減少についてのレポートです。

地方圏・東京圏における若年層の人口移動

地方圏・東京圏における若年層の人口移動 | ニッセイ基礎研究所 地方圏・東京圏における若年層の人口移動 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1― はじめに2― 東京圏と地方圏の人口移動の現状-地方圏からの若者の転出超過3― 東京圏と地方圏の長期的な人口移動の特徴-東京圏の転入超過は転出者数の減少による4― 東京圏と地方圏の

2014年5月20日みずほ情報総研フィードバック数:0社会/政治

後期高齢者化、単身世帯化、未婚化への対応が急務

日本の人口・世帯「将来推計」後期高齢者化、単身世帯化、未婚化への対応が急務本稿は、『週刊エコノミスト』 2014年4月29日号(発行:毎日新聞社)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。 国立社会保障・人口問題研究所は4月11日、「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」を発表した。これにより「2010年国勢調査」を基準にした人口と世帯数の将来推計が、全国と都道府県別で出そろった。 これらの将来推計から注目されるのは、日本の高齢化は単に65歳以上人口が増えるだけでなく、「後

マーケットレター【国家戦略特区の活用により大きな経済効果が期待される東京圏】

マーケットレター【国家戦略特区の活用により大きな経済効果が期待される東京圏】

震災後の国内人口移動(2)-主要都市の人口移動と特徴

震災後の国内人口移動(2)-主要都市の人口移動と特徴 | ニッセイ基礎研究所 震災後の国内人口移動(2)-主要都市の人口移動と特徴 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅1― はじめに2― 主要都市における2012年までの転入超過数の概況3― 主要都市の転入・転出者数4― 主要都市における月次転入超過数5― 主要大都市の男女別人口移動6― 主要大都市の男女別人口移動7― 主要都市中心部への転入超過8― おわりに近年、大都市の中心部ではマンション開発が進み、人口が大きく増加する地域もみられる

震災後の国内人口移動(1)-大都市圏の人口移動と特徴

震災後の国内人口移動(1)-大都市圏の人口移動と特徴 | ニッセイ基礎研究所 震災後の国内人口移動(1)-大都市圏の人口移動と特徴 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅1― はじめに2― 震災後から2012年までの三大都市圏の人口移動3― 三大都市圏の転入・転出者数4― 三大都市圏の月次転入超過数5― 三大都市圏の男女年齢別人口移動6― おわりに過去数年の間に起こったファンドバブル、リーマンショック、東日本大震災、アベノミクスといった景気変動にあわせて国内の人口移動は変化してきた。特に2

2013年9月8日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

期待通りの人口、勢いに乗りきれない地価

わたしの意見 ― 水野 創期待通りの人口、勢いに乗りきれない地価(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月5日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]8月1日の千葉県人口と、第2四半期地価動向調査(主要都市の高度利用地地価動向報告―地価LOOKレポート)が発表された(それぞれ8月30日、27日)。8月1日の千葉県人口は7月中1,423人増加し6,193,361人と回復基調を続けている。今回は1〜3月中の減少を取り戻し年初来でもわずかながら増加に転じた(1月1日6,193,

2013年8月29日パナソニックフィードバック数:0社会/政治

防災意識調査

Panasonic Newsroom トップ家電(個人向け商品)パナソニックが防災意識調査を実施~2人に1人が「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」、7割以上の人が「災害への備えが不十分」と回答 パナソニックが防災意識調査を実施~2人に1人が「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」、7割以上の人が「災害への備えが不十分」と回答 パナソニック株式会社は、東京圏、関西圏に居住する1040名を対象に「防災意識に関する調査」(WEB調査)を2013年7月に実施しました。「大震災がま

日本の2013年上半期の不動産投資額

JLL、NTT東日本より企業不動産コンサルティング業務を受託社宅2件総棟数10棟を商業施設に建替え、賃貸マンションにリノベーション2016年第4四半期 東京ロジスティクス市場 東京圏の賃料、価格ともに下落2016年第4四半期東京プライムリテール 銀座・表参道の賃料 は前期比横ばい メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミュニケーション​ メール: PR.Japan@ap.jll.com 電話:03 5511 3337​​

2012年10月2日国土交通省★フィードバック数:147ライフスタイル

都市での鉄道の混雑状況データです。

平成23年度の三大都市圏における鉄道混雑率

平成23年度の三大都市圏における鉄道混雑率について(公表) 平成24年10月1日 国土交通省鉄道局は、主要鉄道事業者からの報告等により、平成23年度の三大都市圏における鉄道混雑率をまとめました。  東京圏においては、主要区間の平均混雑率が164%と前年に比べ2%減少し、過去30年間で最も低い数値となりました。また、大阪圏、名古屋圏でもそれぞれ123%、127%と前年に比べ減少し、過去30年間で最も低い数値となっています 平成23年度に混雑率が下がった要因としては、東日本大震災があったことによ

2011年11月28日日本不動産研究所フィードバック数:0大型消費/投資

全国賃料統計(2011年9月末時点)

全国賃料統計(2011年9月末時点)を公表 オフィス賃料は、全体的に下落幅が縮小し、東京圏や政令指定都市等では下落幅が大きく縮小、それ以外のところでは下落幅がやや縮小している。 共同住宅賃料は、全国的に下落幅がやや縮小してほぼ横ばいとなっている。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ