調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東京大学社会科学研究所

「東京大学社会科学研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

子どもの生活と学びに関する親子調査2016

調査・研究データ東京大学社会科学研究所・ ベネッセ教育総合研究所共同研究 「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」 ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 関連調査ラインナップ調査の目的東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学び」研究プロジェクト(親子パネル調査)では、同一の親子(小学1年生から高校3年生、約2万1千組)を対象に、毎年、複数の調査を実施しています。本調査は、その基本となる、全学年を対象に毎年1回実施する調査の第2回

2016年5月26日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works Index 2015 ―日本の働き方の定点観測―

surveys全国就業実態パネル調査リクルートワークス研究所は、有識者で組織化した調査設計委員会と協議しながら、全国の就業・非就業の実態を把握するための全国就業実態パネル調査を設計しました。毎年1月に同一個人に対して継続した調査を実施していきます。1 調査の目的全国の就業・非就業の実態とその変化を明らかにし、就業者の数だけでなく、働き方の質も伴う向上について社会に提言していくことを目的としています。2 調査の対象全国の15歳以上の男女4万1000人が対象3 調査の実施日毎年1月4 調査の内容昨年

2013年6月5日中央調査社フィードバック数:81キャリアとスキル

「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ■「中央調査報(No.667)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ石田浩(東京大学社会科学研究所・教授)有田伸(東京大学社会科学研究所・教授)田辺 俊介(早稲田大学文学学術院・准教授)大島 真夫(東京理科大学理工学部教養・専任講師)東京大学社会科学研究所

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ