調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東京都港区虎ノ門

「東京都港区虎ノ門」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

平成28年度調査報告書

中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)では、昭和56年より「中小企業事業活動実態調査」を実施しており、平成6年からは国際化の実態についても調査を実施しております。 本年度は、「中小企業海外事業活動実態調査」として、国内の中小企業に対するアンケート調査と、回答企業を対象としたヒアリング調査を通して、中小企業の海外展開の現状、 課題、今後の展望、海外展開に係る支援サービスのニーズ等を把握・分析しました。加え て、米国トランプ政権の発足や中国経済、AEC(ASEAN経済共同体)、英国のEU離脱表明等、

2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【ニュースリリース】 2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果【ニュースリリース】 2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果~生活のバランスは「自分ファースト」。理想の上司は「寛容型」~ 2017年05月09日三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 秀延)は、「2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果」を発表いたします。詳細は全文紹介をご覧ください。本件に関するお問い合わせ

2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート

ホームパブリシティ活動ニュース【ニュースリリース】 2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果【ニュースリリース】 2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果~給料の多さよりも働きやすさを求める新入社員。理想の上司は「いぬ」~ 2016年05月06日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「2016(平成28)年度 新入社員意識調査アンケート結果」を発表いたします。

インバウンドについてのレポートです。

増加するインバウンド消費

【プレスリリース】 増加するインバウンド消費~都道府県別推計から見る地方への広がりと課題~ 2015年06月17日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「増加するインバウンド消費~都道府県別推計から見る地方への広がりと課題」を発表いたします。詳細は、全文資料をご参照ください。本件に関するお問い合わせ三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 調査部 藤田 隼平 (chosa-report@

雇用、労働力についてのレポートです。

減少する労働力

2015年06月15日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「減少する労働力 ~求められる均衡失業率の低下~」を発表いたします。詳細は、全文資料をご参照ください。本件に関するお問い合わせ三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 調査部 尾畠 未輝 (chosa-report@murc.jp ) 〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 TEL:03-6733-1070

分野別のレポートも提供されています。

給与調査2015年版

You are here給与調査 2016年版給与調査では、 業界や職種別による雇用予測や給与動向に関する情報をまとめました © マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社 企業コード 0104-01-043253 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F

分野ごとの給与や雇用についての調査です。

給与調査2014年度

You are here給与調査 2016年版給与調査では、 業界や職種別による雇用予測や給与動向に関する情報をまとめました © マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社 企業コード 0104-01-043253 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F

休眠預金活用に関するレポート

【プレスリリース】 休眠預金活用に関するレポートのお知らせどう活かす?休眠預金~“民による社会課題の解決”を支える仕組みをつくるために~ 2014年10月09日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、休眠預金活用に関する調査研究レポートを発表いたします。休眠預金は、毎年銀行等金融機関において年間約850億円程度発生し、預金者への払戻し分350億円を除く500億円が文字通り”眠って”いると推計さ

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 2013年分9月号

C O N T E N T S『今月の不動産 経 済 』 (データ集)A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9 A 10B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7C1 C2 C3 C4D1 D2 D3今月の不動産経済  SEP,20131今月の不動産経済  SEP,20132A1今月の不動産経済  SEP,20133A1今月の不動産経済  SEP,20134A1今月の不動産経済  SEP,20135A1今月の不動産経済  SEP,20136A2今月の不動産経済  SEP,20137A2

夏のボーナスの見通しです。

2013年夏のボーナス見通し

2013年04月03日○ 2012年冬のボーナスの一人当たり平均支給額は365,687円(前年比-1.5%)と4年連続で減少した。すべての事業所規模で減少している。また、産業別にみると2012年度上期の企業収益が悪化した「製造業」で減少に転じるなど、幅広い業種で前年の水準を下回っている。○ 2013年夏のボーナスは3年連続で減少すると予測する。民間企業(パートタイム労働者を含む)の一人当たり平均支給額は357,400円(前年比-0.3%)と、過去最低水準を更新する見込みだ。もっとも、2012年夏

30周年記念のレポートです。

中小企業景況調査30年超の軌跡

中小企業景況調査とは、約19,000の中小企業を対象に、4半期ごとに業況判断・売上高・経常利益等のDI(ディフュージョン・インデックス)値を産業別・地域別等に算出する景気動向調査です。ここでは、中小企業景況調査の調査結果を踏まえ、過去にとりまとめた周年記念報告書を掲載しています。 1980年の調査開始から30年を超えた今、改めて「中小企業経営者の姿を映す景況統計として」という視点からこれまでの分析結果を振り返るとともに、2000年以降の調査結果の特徴を明らかにし、中小企業経営に貢献するための活用

地域資源を活かした食料品の販路拡大に関する調査研究

地域中小企業における国際展開の取組み事例および課題に関する調査研究平成25年3月本文・事例を分割してダウンロードされたい場合は以下から可能です。地域リーダーに見る「戦略性」と「信頼性」(地域振興とリーダーの役割に関する調査研究)平成25年3月章ごとのファイルは以下からダウンロードしてください。中小製造企業における先端技術開発とイノベーションに関する調査研究(サポイン関連調査)平成25年3月※47ページの図表4−7が抜けていたため、追記しました。(平成25年4月10日)章ごとのファイルは以下からダ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ