調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東南アジア

「東南アジア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月6日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「海外市場対象の求人」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「海外市場対象の求人」実態調査 東南アジア市場を拡大したい企業の意向を受け、 9割の転職コンサルタントが海外市場向け求人は増加と予測―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果― 「海外市場対象の求人」実態調査 東南アジア市場を拡大したい企業の意向を受け、 9割の転職コンサルタントが海外市場向け求人は増加と予測 ―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果―人材採用

2017年2月28日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向

「2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向」 ミラーレスカメラの販売伸長により東南アジアでは金額規模が拡大  スマートフォンのカメラ性能が進化する中、2016年のデジタルカメラ市場は厳しい状況が続いた。2016年におけるグローバルのデジタルカメラ販売は数量前年比25%減の3,500万台、金額前年比13%減の153億USドルになったとみられる。  主要マーケットをみると、西ヨーロッパでは数量前年比24%減、北米では同18%減となった。ただし、平均価格の上昇により金額前年比はそれぞれ13%

2017年1月6日JETROフィードバック数:0社会/政治

2016年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 「2016年度 アジ

2016年10月28日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドルの海外勤務意識調査2016

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルの海外勤務意識調査2016「赴任先に関わらず海外勤務の辞令を受け入れる」 と回答した方は昨年よりも減少。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― ミドルの海外勤務意識調査2016「赴任先に関わらず海外勤務の辞令を受け入れる」と回答した方は昨年よりも減少。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、

2016年3月2日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

海外移住して仕事をすることに興味はありますか

海外移住して仕事をすることに興味はありますか海外移住して仕事をすることに興味はありますか少子高齢化が進む日本。経済の先行きは依然不透明です。そんな中で、日本にそっぽを向いて海外へ飛び出すビジネスパーソンも少なくありません。今回の瓦版「働き方白書」では、海外移住について調査してみました。対象は瓦版ユーザー。回答者は484人。男性232人、女性252人。年代は、10代18人、20代213人、30代147人、40代92人、その他14人。既婚/未婚は149人/335人でした。ではみてみましょう。海外に前

2015年9月11日産労総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

2015年度 国内・海外出張旅費に関する調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2015年度 国内・海外出張旅費に関する調査update:2015.09.10人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2015年度 国内・海外出張旅費に関する調査」を実施しました。調査結果のポイント(1)国内出張旅費日帰り出張の日当を支給する企業は91.4%。平均支給額(一律同額の場合)は、部長クラス2,497円,一般社員2,041円宿泊出張の日当を支給する企業は92.0%。平均支給額(一律同額の場合)は,部長

2015年8月10日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「海外での勤務」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 海外勤務の可能性がある企業を転職先として積極的に選ぶ方は5年前に比べ2倍に!―「エン転職コンサルタント」ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』()上で、サイト利用者1,023名を対象に「海外での勤務」についてアンケートを行いました。以下、概要をご報告します。 ■調査結果概要 日本

日本エスニック協会が選んだ 本当に美味しいエスニック料理グランプリ

▲東南アジア、インド、中東を中心とした代表的なエスニック料理を対象に、本当に美味しいエスニック料理を決めるエスニックグランプリ! 協会WEBサイトにて一般投票を受付け、投票結果を元に当協会で審議を行いグランプリ料理を決定いたしました。(投票期間:2015年4月13日~28日)また、ランクインした料理が食べられるアンバサダー推薦のお店もあわせてご紹介します。

2015年1~3月期の日系企業の東南アジアへの進出動向

2015年1~3月期の日系企業の東南アジアへの進出動向

2015年4月13日ビーコス★フィードバック数:0キャリアとスキル

外国人採用についてのレポートです。

2015年度外国人人材白書「具体的な企画以前に人材を確保?!進化する日本企業の採用戦略」

目次概要1最近の外国人人材市場の特徴&企業の採用戦略・外国人人材確保の方針の変化1.Ⅰ2014~2015 年度の外国人人材市場の変化--現在の外国人人材採用の特徴1.Ⅱまだまだ消極的な企業が多い--閉鎖的な日本企業の採用戦略!?2新しい傾向に伴う人材側の動き、嗜好、特徴など2.Iビーコスの紹介で成約した外国人人材の分析--2014 年度のサービス概況と変化2.Ⅱミャンマー・トルコなどの新たに求人ニーズのある進出先32014~2015 の外国人人材をとりまく環境について3.Ⅰ訪日外国人数の急増によ

国のイメージです。

東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査

プレスリリース「東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査 報道関係各位平成27年4月13日株式会社クロス・マーケティング 東南アジア各国の合計1,800人による「あなたの最も好きな国」や「各国のイメージ」が判明!日本へのイメージは未だ「ものづくり大国」か-東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、日本・ベトナム・

2015年3月16日エクスペディアフィードバック数:0大型消費/投資

アジアンフードに関する調査

[AAE Japan株式会社] ,キャンペーン 東南アジア 海外旅行 アジア料理 アジアンフード エスニックフード 旅行の目的

2015年2月26日スカパーJSAT★フィードバック数:0マーケティング

日本のコンテンツについての調査です。

現代テレビ考2015「東南アジア」編

権限がありません。アクセスしようとしたページを閲覧する権限がありません。お探しのページは移動、または、削除された可能性がございます。 サイトマップをご利用いただき、ページをお探しください。

2015年1月の日系企業の東南アジアへの進出動向

Progress & PartnersPress Release 2015/01ASEAN 月間企業動向レポート 2015年01月号タイとベトナムが牽引、1 月としては案件数が善戦。コンサルティングと調査の(株)プログレス アンド パートナーズ(本社東京)は、弊社商品である東南アジア地域の日系企業の動向情報を提供するプラットフォームサービス『経済 ReleaseWatch@東南アジア版』(東南アジア地域の統括部署や営業部署向け会員サービス、http://progressap.sakura.ne.

2015年1月7日日本政策投資銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

平成26年 アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査(南九州版)~東南アジアからの誘客に向けた工夫を~

平成26年 アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査(南九州版)~東南アジアからの誘客に向けた工夫を~

2014年11月の日系企業の東南アジアへの進出動向

Progress & PartnersPress Release 2014/11ASEAN 月間企業動向レポート 2014年11月号タイでの設立件数が月別最多水準の 30 件にコンサルティングと調査の(株)プログレス アンド パートナーズ(本社東京)は、弊社商品である東南アジア地域の日系企業の動向情報を提供するプラットフォームサービス『経済 ReleaseWatch@東南アジア版』(東南アジア地域の統括部署や営業部署向け会員サービス、http://progressap.sakura.ne.jp/

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

東南アジア、中国、インド経済アウトルック

Tokyo Centre › ニュースルーム › 新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠2014年11月13日, ネピドー, ミャンマーOECD開発センターは、新たに公表した年次報告書「東南アジア、中国、インド経済アウトルック2015」で、OECD加盟国の成長が引き続き緩やかな成長を示す中、新興アジア諸国は中

2014年11月12日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

OECDのレポートです。

東南アジアのグリーン成長

OECDによると、東南アジアはより環境に配慮した成長モデルへの転換が必要2014年11月11日、OECDインドネシア・ジョグジャカルタ 発東南アジアでは、経済成長の実現のために石油、ガス、鉱物、木材などの天然資源に過度に依存しています。この度OECDが発表した「東南アジアのグリーン成長」によると、こうした状況は環境破壊を引き起こしているだけでなく、将来的に見ても持続不可能であり、適切な対策が打たれない限り、今後の成長に悪影響を及ぼすことになります。本報告書によると、東南アジアでは天然資源からもた

グローバルに活躍するバイリンガル人材意識調査-海外勤務編

Daijob Global Recruiting Co., Ltd. | グローバルに活躍するバイリンガル人材意識調査-海外勤務編 ニュース&レポート2014/10/28グローバルに活躍するバイリンガル人材意識調査-海外勤務編東南アジア+東アジアでの勤務を希望する人が全体の40% ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠原 裕二)は、D

2014年10月9日CDNetworksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

東南アジア5か国からのウェブパフォーマンス比較レポート

CDN(コンテンツデリバリネットワーク)はウェブサイトの表示を高速化します レスリリース最新情報企業情報採用情報SNS・ブログサポート 2014.10.09ウェブサイトの表示にかかる時間は日本国内に比べて最大7.6倍!東南アジア5か国からのウェブパフォーマンス比較レポートを発表 報道関係者各位プレスリリース2014年10月9日株式会社シーディーネットワークス・ジャパンウェブサイトの表示にかかる時間は日本国内に比べて最大7.6倍!東南アジア5か国からのウェブパフォーマンス比較レポートを発表株式

2014年7月9日博報堂★フィードバック数:0マーケティング海外

買物の比較です。

【Global HABIT レポート 2014年 Vol.3】 アジア15都市生活者の普段の買物場所

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2014年 Vol.3】 アジア15都市生活者の普段の買物場所 2014年07月09日■東アジアは「モダン流通型」、東南アジアは「モダン流通と伝統流通の混合型」、インドは「伝統流通型」。■スキンケア、化粧品、ヘアケア商品は「モダン流通」利用が主流、食品系は「伝統流通」の利用も多い。■ソウルと台北では「オンライン流通」の利用が活発で、スキンケア、化粧品、ヘアケア商品での利用は20%超。博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するため

2014年7月4日フロスト&サリバンフィードバック数:0マーケティング海外

東南アジアのeコマース市場に関する分析

[] フロスト&サリバンは7月4日、東南アジアのeコマース(電子商取引)市場は、2013年から2018年にかけて年平均成長率(CAGR)37.6%で成長する見通しとなり、同市場において世界で最も速いペースで成長を遂げる地域の一つとなる予測を発表した。今回の調査対象となった東南アジア6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)におけるB2C eコマースの市場規模は、2013年の70億米ドルから2018年には345億米ドルに到達する予測となっている。新興経済の成長に伴

タイの電気事情です。

2013年度の報告書 タイの将来の発電事情と日本企業の事業機会

2013年度の報告書 タイの将来の発電事情と日本企業の事業機会 が完成しました。 2014-05-15 東南アジアにおける電力市場の発展と日本企業研究会は、2013年度タイの電力需給見通しを調査しました。その目的の一つはタイに進出する日本企業の現地工場に将来も安価で安定的な電力供給が可能かどうかを見極めることにありました。また、タイ国内の電力供給のかなりの部分を、国内の太陽光、バイオガス発電などの再生可能エネルギーが担う一方、隣国ミャンマーとラオスも将来水力、火力発電から供給を行うことになると

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東南アジアの170兆円のインフラ投資が作り出す大きなビジネスチャンス

東南アジアの 170 兆円のインフラ投資が作り出す大きなビジネスチャンス2014-04-02 関連論文エネルギーインフラ研究会 [ 2014年度/その他の調査研究 ]Abstract/Keywordsリサーチリーダー アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授山本 隆三研究目的 東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本人が親しみを感じない国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 最近、中国・韓国との関係悪化が報道などで取り上げられることがますます多くなっている。外交評論家などの解説は、専門的かつ多面的で必ずしも簡単ではない。しかし、一般国民に、親しみを感じるか感じないかを国・地域ごとに聞いた世論調査は、報道などを通じて形成された日本人の全般的な感覚がひとつの数字で如実に表れ、案外、二国間関係を示す簡単なバロメーターになるかもしれない。一般国民の意識は、投票行動を通じて結局、政

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー2014-01-08 関連論文エネルギーインフラ研究会 [ 2014年度/その他の調査研究 ]Abstract/Keywordsリサーチリーダー アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授山本 隆三研究目的 東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの

2013年12月4日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

養液栽培システム市場に関する調査結果

2013年12月04日 養液栽培システム市場に関する調査結果 2013 ~国内は廃校跡地や工場跡地など、海外は中国や東南アジアに普及の動きも~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の施設園芸市場の調査を実施した。ここでは養液栽培システム市場を取り上げる。1.調査期間:2013年6月~10月2.調査対象:施設園芸関連資機材・液体肥料参入企業、有力施設園芸生産者、関連団体・官公庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用<養液栽培システムとは

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

15 November 2017 幸福度(暮らし良さ、well-being)の新データが本日発表されました。それによると、年齢、資産、性別、学歴といった断層に沿って、社会に深い亀裂があることが明らかになりました。 14 November 2017 OECD開発センターの「エコノミックアウトルック-東南アジア、中国、インド 2018年版 (Economic Outlook for Southeast Asia, China and India 2018) 」 最新号では、新興アジア諸国(東南ア

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート東南アジアの行方と日本の関わり方~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~発表日:2013年10月24日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国のQE3継続を受けて国際金融市場は落ち着きを取り戻し、アジア新興国では混乱が一服している。近年の高成長は海外資金の流入も一因になってきたが、市場の混乱によって資金は流出に転じたことで、景気などへの悪影響が警戒さ

2013年10月10日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

物価上昇と消費についての調査です。

「物価上昇が消費者に与える影響」東南アジアと日本の調査結果

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから INSTAGRAMアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~ 米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』を発表 ニールセン スポーツ スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを販売 デジタル トップ10オンライン、スマ

東、東南アジアエリアの分析です。

東アジア・東南アジア内の国際航空旅客流動(2013)

東アジア・東南アジア内の国際航空旅客流動(2013)  本資料はこれまで国土技術政策総合研究所において実施した東アジア・東南アジアの国際航空旅客流動に関する分析(国総研資料 No.131及びNo.643)を,2012年までの最新データに基づき更新したものである.分析は格安航空会社(LCC)の参入が航空市場へ及ぼした影響に留意して行った.その結果,LCCによる供給量はジャカルタ〜シンガポール線及びクアラルンプール〜シンガポール線において2009年以降大きく増加し,既存エアラインを含めた全体の供

2013年8月26日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

海外勤務についての意識調査です。

「海外での勤務」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 海外で働きたい地域、第1位は東南アジア。転職時、海外勤務の可能性がある企業を積極的に選ぶ人は26%。3年前に比べ、海外勤務の意向を持つ人が増加。―『[en]転職コンサルタント』ユーザーアンケート集計結果―人材総合サービスを提供する(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『[en]転職コンサルタント』(https://consultant.en-japan.com/)上で、サイト利用

2013年7月24日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

2013年第2四半期 日本と東南アジア各国の消費者信頼感指数

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから INSTAGRAMアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~ 米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』を発表 ニールセン スポーツ スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを販売 デジタル トップ10オンライン、スマ

2013年7月3日共立総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

東南アジアの工業団地に関する概況と制度 その2

東南アジアの工業団地に関する概況と制度 その2

2013年5月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

東南アジア4カ国の金融システムをどうとらえるか-アジア金融統合への基本視角

東南アジア4カ国の金融システムをどうとらえるか-アジア金融統合への基本視角

2013年5月17日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年5月) ~アジアの経済成長の軸は東アジアから東南アジアに一段とシフト~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年5月) ~アジアの経済成長の軸は東アジアから東南アジアに一段とシフト~

2013年4月10日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:10ビジネス

東南アジアに拡大する日本企業の不動産事業

東南アジアに拡大する日本企業の不動産事業 | ニッセイ基礎研究所 東南アジアに拡大する日本企業の不動産事業 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 多数のグローバル企業がアジアに進出するなか、海外への関心が薄かった日本の不動産関連企業もアジアへの進出を積極化している。最近、当初の中国住宅開発を中心としたアジア展開から東南アジアへの進出も目立っており、アジアでの

2013年3月9日国土交通省★フィードバック数:8大型消費/投資海外

タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンを対象としています。

東南アジア5ヶ国 訪日外国人消費動向調査

訪日外国人消費動向調査~東南アジアからの訪日外国人の消費動向を分析しました~ 最終更新日:2013年3月7日○東南アジア5ヶ国からの一人当たり旅行総支出額は20~23万円台の間に分布する。一人当たり旅行中支出額は11~12万円台。○タイからの訪日観光客に注目すると、日本食を食べること・ショッピングが人気。買物支出額は平均5万円で菓子類が3割を占める。東南アジアからの訪日外国人の旅行支出(平成22~24年調査結果より) □タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンの旅行支出を分析した

2011年9月26日ニールセンフィードバック数:1マーケティング海外

東南アジア地域における「広告信頼度」調査結果

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める ~ニールセン スマートフォンのアプリ利用状況を発表~ 米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』を発表 ニールセン スポーツ スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを販売 デジタル トップ10オンライ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ