調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 東日本大震災

「東日本大震災」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月14日東京都フィードバック数:0社会/政治

都内避難者アンケート(第6回)

ここから本文です。都内避難者アンケート(第6回)の調査結果について(概要)東日本大震災から6年が経過しましたが、都内には5,993人(平成29年4月13日現在)の方が避難を続けています。都では、都内に避難されている方々を対象に平成24年2月以来、6回目となるアンケート調査を実施し、下記の通りその結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。記アンケート調査の実施概要(1) 調査目的避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々の現在の状況及びこれからの生活のご意向を把握し、今後の支援策の

2017年3月17日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

震災から6年・東日本大震災に関する調査

【報道関係各位】2017年3月13日株式会社マクロミル震災から6年・東日本大震災に関する調査 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、河北新報社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)は、共同企画として「東日本大震災に関する調査」を実施しました。 本調査は、全国20~70代の当社の調査専用パネル1,526名に対して実施しました。内訳は岩手、宮城、福島の被災3県沿岸部と原発事故で避難区域が設定された自治体に住む被災者が309名、同じく非

2017年3月3日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)

ホーム報道発表資料水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について プレスリリース水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成28年11月14日

2016年7月17日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「東日本大震災」関連倒産(6月、上半期)

「東日本大震災」関連倒産(6月、上半期) 公開日付:2016.07.08 2016年6月の「東日本大震災」関連倒産は4件(前年同月12件)だった。調査を開始した2011年3月以降では、2015年10月と並ぶ最少にとどまり、収束傾向が強まった。ただし、累計件数は震災から5年を経過して1,734件(6月30日現在)に達した。 写真現像、フィルム・カメラ機器販売の(有)カメラの坂上(TSR企業コード:170138518、法人番号: 7400002011493、岩手県)は、大型商業施設内のショップなど4

2016年4月7日みずほ情報総研★フィードバック数:0ライフスタイル

節電に対する生活者の行動・意識に関する調査

年代が下がるにつれ節電行動、情報収集も低下、20-30代の46%は情報を読まない節電に対する生活者の行動・意識に関する調査を発表2016年3月29日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤順一)は、2015年10月10日~10月12日の期間、東京電力管内の20歳以上の男女(953名)を対象に「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」を実施し、東日本大震災以降の節電に関する生活者の考え方について、調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内

2016年3月3日ベルメゾン★★フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災から5年、今の気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:東日本大震災から5年、今の気持ちについて2011年に発生した「東日本大震災」から、今年の3月11日で丸5年になります。今回のウーマンスマイルアンケートでは、5年を経過した今、被災地に対してどのような気持ちで向き合っているのか、また今後の自然災害に対する日頃の防災意識や防災対策についてお伺いしました。ご回答いただいたベルメゾンデッセ会員のみなさん、ありがとうございました。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。調査は、201

2016年3月2日住友生命保険フィードバック数:0企業情報システム

「わが家の防災」アンケート

平成28年2月23日スミセイ「わが家の防災」アンケート~東日本大震災から5年~ご家庭の防災対策や備えは十分ですか?住友生命保険相互会社<はじめに>平成28年3月11日で、「東日本大震災」から5年が経とうとしております。被災された皆さまにあらためまして謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興と皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。住友生命保険相互会社(社長 橋本雅博)では、東日本大震災以降の防災対策や防災意識の変化を探るためアンケート調査を実施しました。以下はその集計・分析結果です。■ 調

2016年2月26日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)

ホーム > 報道発表資料 > 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成27年11月12日か

東日本大震災関連統計データベース

災害統計グローバルセンター 東日本大震災関連統計データベース このデータベースは、東北大学災害科学国際研究所の災害統計グローバルセンター(GCDS)が提供しています。GCDSは、東日本大震災の発生を受け、2015年3月に仙台で開催された第3回国連防災世界会議において、国連開発計画(UNDP)と東北大学により設置が合意されました。東日本大震災の教訓を広くお伝えしたいという思いを込めております。内外の皆様のご利用をお待ちしております。 東日本大震災に関する統計データで、内外の皆様の大震災の理解の向上

2015年8月18日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

「防災意識と対策の現状」について調査

自宅に防災用品を備えている人は全国で51.5%災害用伝言ダイ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 自宅に防災用品を備えている人は全国で51.5% 災害用伝言ダイヤルを「きちんと使える」人は10.2% 災害体験者は「日ごろの備えと近所づきあいが大切」と回答 東日本大震災以降、余震に続く火山の鳴動、噴火、さらには異常気象による豪雨や台風被害など、日本列島が災害の不安に見舞われているなか、オレンジページ「くらし予報」では「防災意識と対策の現状」について調査しました。この

2015年6月7日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

県人口は増加しているが 4市9町では人口だけでなく世帯数も減少

わたしの意見 ― 水野 創県人口は増加しているが 4市9町では人口だけでなく世帯数も減少(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年6月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 先週発表された5月1日現在の県人口は620万人、年間最大の人口移動期である3,4月として4年ぶりの2か月連続の増加だった(図表1)。前年比+0.2%は埼玉県、神奈川県と並ぶ増加率(図表2)で、東日本大震災後の減少からの復活を実感できる。同時に発表された県世帯数は前年比+1.3%と人口に比べ

2015年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災からの復興と交通インフラ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東日本大震災からの復興と交通インフラ「コンパクト+ネットワーク」の強化へ ◆東日本大震災の発生から4年以上が経過し、いわゆる「集中復興期間」の最終年度に入っている。公共インフラの復旧は概ね終了したとされ、来年度以降の復興の進め方が議論されている。◆東日本大震災では、一連の災害対応活動において、交通インフラの寸断及びその復旧が大きなテーマの一つとなった。道路、空港の早期再開が救助・救命活動や救援物資の搬

2015年5月28日日本学術振興会フィードバック数:0社会/政治

大震災から学ぶ社会科学

独立行政法人 日本学術振興会研究事業部研究事業課企画係〒102-0083東京都千代田区麹町5-3-1麹町ビジネスセンター 『大震災に学ぶ社会科学』 平成23年3月11日に起こった東日本大震災は、人文学、社会科学、自然科学にわたって自然の猛威に対する学術の意味を我々に問いかけました。この貴重な教訓から多くのことを学び取り、新たな時代のために学術研究と人材育成を前に進めていくことが、今、我々の責務であると考えています。日本学術振興会では、復興構想7原則の1を踏まえ、震災の記録を収集し、これを分析す

2015年5月20日東京都★フィードバック数:0社会/政治

震災避難者の調査です。

都内避難者アンケート

都内避難者アンケートの調査結果について(概要)平成27年5月19日総務局 東日本大震災から4年が経過し、避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々を対象に4回目となるアンケート調査を実施し、下記のとおりその結果をとりまとめましたので、お知らせします。記1 アンケート調査の実施概要(1) 調査目的 避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々のこれからの生活のご意向を把握し、今後の支援策の参考にするため(2) 調査方法 郵送によるアンケート調査(3) 調査時期 平成27年2月16

2015年4月22日宮城県フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災時における宮城県内自主防災組織の活動実態調査

東日本大震災時における宮城県内自主防災組織の活動実態調査について 趣旨 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では,自主防災組織等を中心とした地域の防災活動の重要性が再認識されたところです。本調査は,東日本大震災の教訓や課題を風化させることなく,防災リーダーの養成や地域の防災力の向上を推進していくため,東日本大震災時における宮城県内の自主防災組織等の活動実態を調査し,課題や活動事例等を資料として取りまとめ,今後の地域における防災活動の参考としていただくことを目的としております。調査対象 宮城

2015年4月22日宮城県フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災からの復旧・復興事業の進捗状況について(平成27年3月末現在)

東日本大震災からの復旧・復興事業の進捗状況について(平成27年3月末現在)

2015年4月8日情報通信研究機構★フィードバック数:0社会/政治

災害情報についてのTwitter分析ツールです。

対災害SNS情報分析システム「DISAANA」リアルタイム版(試験公開)

DISAANA(ディサーナ)とは 対災害SNS情報分析システムDISAANAは、今現在のTwitterへの投稿をリアルタイムに分析し、エリアを指定するとそこで発生している災害に関する問題・トラブルを自動的に抽出したり、「大雨が降っているのはどこ」といった質問の回答候補をTwitterの投稿から抽出し、リスト形式または地図形式で表示できます。今まさに起きている災害の情報を簡単に入手する事ができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末のブラウザから利用する事ができます。東日本大震災直後1週間分

2015年3月22日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災後の宮城県の農業産出額の動向

東日本大震災後の宮城県の農業産出額の動向

2015年3月15日東洋経済新報社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東洋経済のランキングです。

社会貢献支出の多いトップ50社とは?

社会貢献支出の多いトップ50社とは?トヨタ224億円、サントリー81億円etc 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 東日本大震災から3年4カ月後の宮城県女川町(2014年7月撮影) 2011年3月11日に起

2015年3月15日消防庁★★フィードバック数:0社会/政治

今年も東日本大震災の被害のまとめです。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成27年3月1日現在)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成27年3月1日現在)

2015年3月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

“震災から4年”「東日本大震災」関連倒産 負債総額1兆5,381億円

“震災から4年”「東日本大震災」関連倒産 負債総額1兆5,381億円 公開日付:2015.03.09 3月11日、「東日本大震災」から4年を迎える。「東日本大震災」関連倒産は、1,570件(2月末時点)に達し、負債累計は1兆5,381億2,600万円にのぼった。月次推移では、34カ月連続で前年同月を下回り、発生ペースは鈍化している。しかし、この1年間の月平均は13.8件で推移し、いまだはっきりとした収束がみえず、影響の甚大さを物語った。 「東日本大震災」関連倒産(累計1,570件)の都道府県別で

2015年3月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第6回:東北6県「東日本大震災関連倒産」の動向調査(4年間累計)

2015/3/2第6回:東北6県「東日本大震災関連倒産」の動向調査 (4年間累計)4年目は55件、累計327件に〜 県別は「宮城」、業種別は「サービス業」が最多 〜はじめに東日本大震災の発生から丸4年を迎えようとしているが、東北6県ではほぼ毎月、震災に関連した倒産が発生している。3年で関連倒産の発生がほぼ収束した阪神大震災と比較すると、その影響の根深さが理解できよう。そこで帝国データバンク仙台支店では、震災発生時の2011年3月から2015年2月までの4年間に判明した東北6県での「東日本大震災関

2015年2月22日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災後の宮城県の高校卒業者の進路動向

東日本大震災後の宮城県の高校卒業者の進路動向

JA全中の調査です。

4年を迎える東日本大震災に関する意識調査

4年を迎える東日本大震災に関する意識調査

2015年2月12日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

災害についての調査です。

防災意識に関する定点調査

防災意識に関する定点調査 ~東日本大震災から4年。防災意識はどう変わったのか~ 2015年02月12日自分が被災する可能性が高いと思う災害 「地震」87%、「台風」84%、「大雨・洪水」78%災害が「起こると思う」予想率、災害を「意識している」率が高い地方は? トップ3は東北、関東、近畿。地震に対する意識は東北・関東で8割強被災地の復興状況「関心がある」67%、昨年に比べ7ポイント減少震災に対する意識は年々希薄傾向に株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西克己)は、全国20~69歳

2015年2月5日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度における東日本大震災に係る地方公務員の派遣状況等の公表(平成26年10月1日時点)

報道資料平成26年度における東日本大震災に係る地方公務員の派遣状況等の公表(平成26年10月1日時点)東日本大震災により被災した地方公共団体に対しては、全国の地方公共団体から、災害時相互応援協定や姉妹都市提携等による地方公共団体間での人的支援のほか、全国知事会のシステムや総務省が全国市長会・全国町村会の協力を得て構築したシステム等により、職員派遣が行われているところです。また、被災地方公共団体による任期付職員の採用や民間企業等による従業員の派遣(採用)など、様々な手法により被災地方公共団体の人材

2015年2月1日日本農業研究所フィードバック数:0社会/政治

被災後の農業の回復力-東日本大震災下の宮城県の事例-

被災後の農業の回復力-東日本大震災下の宮城県の事例-

2015年1月25日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

震災前後の比較です。

東日本大震災後の宮城県の漁業経営体、水産加工場の動向

東日本大震災後の宮城県の漁業経営体、水産加工場の動向

2015年1月25日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

震災前後の比較です。

東日本大震災後の宮城県の住宅数の動向

東日本大震災後の宮城県の住宅数の動向

2014年12月25日国立国会図書館★フィードバック数:0社会/政治

国会図書館による調査レポートです。

総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題

2014年12月25日 「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行しました(付・プレスリリース)国立国会図書館調査及び立法考査局は、国政上の重要課題についてプロジェクトチームを編成して分野横断的に調査を行う総合調査を実施しています。平成26年は、東日本大震災からの復興をテーマとして調査を行い、その報告書を『レファレンス』767号(平成26年12月)として刊行しました。農業、放射能汚染、住宅、教育、雇用など各分野における復興への取組の現状と課題を整理しています。ホームページか

2014年12月21日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

七十七銀行のレポートです。

東日本大震災後の宮城県の製造業の動向

東日本大震災後の宮城県の製造業の動向

2014年12月11日宮城県フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災の地震被害等状況及び避難状況について

東日本大震災の地震被害等状況及び避難状況について 被害額 東日本大震災の被害額を公表しています。地震被害等状況及び避難状況 東日本大震災の被害状況等の資料を公表しています。平成25年4月からは,毎月10日(休日の場合は前金曜日)の午後3時に更新します。 過去の地震被害等状況及び避難状況関連リンク PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「東日本大震災」関連倒産 2014年11月は12件(12月5日現在)

「東日本大震災」関連倒産 2014年11月は12件(12月5日現在) 公開日付:2014.12.08 2014年11月の「東日本大震災」関連倒産は12件で、31カ月連続で前年同月を下回った。件数は10月と並び今年最少で、震災から3年半が経過し震災関連倒産は収束傾向を一層強めている。ただし、累計は1,534件(12月5日現在)に達した。また倒産のほか、事業停止や法的手続準備中の「実質破綻」が7件あり、これを含めた震災関連の経営破綻(倒産+実質破綻)は累計1,541件になった。 2014年11月の地

2014年11月30日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災後の宮城県の都道府県間人口移動

東日本大震災後の宮城県の都道府県間人口移動

震災前を上回る2014年度上期の千葉県への転入超

わたしの意見 ― 水野 創震災前を上回る2014年度上期の千葉県への転入超(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」11月13日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 千葉県の10月1日現在の人口は6197千人となり、2014年度上期中では9千人の増加となった(図表1。10月31日発表)。上期中の推移を月別に見ると(図表2)、東日本大震災後の2011年度、2012年度が減勢を辿ったのに対し、2014年度は2013年度より幾分強め、大震災前の2010年度に近い動きとなっている

2014年11月12日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果の公表について環境省では、東日本大震災を受け、平成23年度及び平成24年度に引き続き、平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査(第1次~第2次)を実施しました。本調査は、東日本大震災に伴い流出した有害物質及び廃棄物並びに福島第一原子力発電所より漏出した放射性物質に起因して海洋環境中で汚染が生じる可能性のある項目について、その現状を把握することを目的としています。今般、東日本大震災に係る海洋環境モニタリング調査検討会での検討結果を踏ま

2014年10月6日山形県フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災に係る被災地域の児童生徒等の受入れ状況について

東日本大震災に係る被災地域の児童生徒等の受入れ状況について

東日本大震災による所得の低下や失業,転職が貯蓄に与える影響

東日本大震災による所得の低下や失業,転職が貯蓄に与える影響

2014年9月15日消防庁フィードバック数:0社会/政治

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成26年9月1日現在)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成26年9月1日現在)

2014年8月27日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

復興の歩み

復興の歩み宮城県における東日本大震災からの復興事業の進捗状況

2014年7月24日七十七銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

震災前後の推移です。

東日本大震災後の宮城県の宿泊者数の動向

東日本大震災後の宮城県の宿泊者数の動向

2014年7月24日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

復興の歩み

復興の歩み宮城県における東日本大震災からの復興事業の進捗状況

2014年6月29日農林水産省フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災による津波被災地域における農業・漁業経営体の経営状況について(平成25年結果)

東日本大震災による津波被災地域における農業・漁業経営体の経営状況について(平成25年結果)

2014年5月27日復興庁フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災における震災関連死の死者数(平成26年3月31日現在)

東日本大震災における震災関連死の死者数(平成26年3月31日現在)

2014年4月13日マーシュ★フィードバック数:0社会/政治

震災後6回目の調査です。

震災後の生活に関するアンケート-6回目-

震災後の生活に関するアンケート調査-6回目-総括 東日本大震災から三年、被災地域と関東圏それぞれの思いと意識変化震災に関する定点調査の第6回。2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経過し、震災への意識・備えや現在の行動への影響を、関東圏、被災地域在住方を対象に調査した。震災への意識低下は窺えるものの、食品については良くも悪くも意識をされていることが明らかとなった。関東では、「少しでも復興の力になれるなら」と意識的に購入している人も1割強存在し、自分に何かできることはないかと、考えて

2014年4月6日ネグジット総研フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災による患者の変化と対応

(再掲載)東日本大震災による患者の変化と対応東日本大震災から3年が経過しました。被災地への応援を続けていく思いで「東日本大震災による患者の変化と対応」を再掲します。震災後の2011年4月に「患者さんからの相談で増加した内容」は、「放射能の影響」「不安で眠れない」「チラージンやエンシュアの在庫」に関する相談が多かった。また、「薬の説明書が欲しい」「停電のときの冷所保存品はどうする」といった相談もあった。その他、「薬剤師として、被災地支援のために今後実施しようと考えていること」についても集計していま

2014年3月30日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省の調査です。

平成25年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

平成25年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)を公表します 経済産業省は、工場を建設する目的で平成25年(1月~12月期)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。 調査結果の概要 平成25年1月から12月における全国の工場立地件数は1,873件(前年比52.6%増)、工場立地面積は7,534ha(前年比140.1%増)となりました。 工場立地件数及び工場立地面積が大幅に増加した理由は、太陽

東日本大震災から3年、日本人の意識の変化とは

東日本大震災から3年、日本人の意識の変化とは 現代日本を生きる者にとって決して忘れられない日、2011年3月11日。 福島原発の汚染水問題や南海トラフ地震への警戒など、私たちはいまだ復興の途上だ。しかし、次第に叫ばれなくなった「絆」「がんばろう」などのスローガン。3年目を迎えた今、日本人の意識をツイッター分析で読み解こう。つぶやかれているワードからみえる国民の感情見える化エンジンで「東日本大震災」と一緒につぶやかれた動詞をランキングにしてみると、次のような結果となった。1位の「祈り」は犠牲者の

2014年3月20日ビー・スタイルフィードバック数:0ライフスタイル

東日本大震災から3年 働く主婦層への意識調査

主婦に震災の記憶、仕事選びの6割に影響~東日本大震災から3年働く主婦層への意識調査:しゅふJOB総研アンケート~調査サマリー1.「家から近い職場希望」が37.5%で最多。仕事選びにおいて「震災の影響なし」37.3%。2.「家から近い職場」と「融通利く時間帯」の希望割り合いは、子供がいる人がいない人を上回っている。3.「20階以上の高層ビルでは働きたくない」など、震災の記憶は今も色濃く残る。  主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ