「東海経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グラフで見る東海経済(2015年6月)

2015年06月24日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きが一服している。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、4月の実質輸出が2ヶ月ぶりに減少したが、均してみると横ばい圏で推移している。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加するなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。有効求人倍率は高水準ながら横ばいとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、大企業にお

グラフで見る東海経済(2015年5月)

2015年05月27日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、3月の実質輸出が2ヶ月ぶりに大きく増加した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が高水準で横ばいとなるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業の投資は増加している

グラフで見る東海経済(2015年4月)

2015年04月22日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で一服している。輸出は、2月の実質輸出が3ヶ月ぶりに大きく減少した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業は

グラフで見る東海経済(2015年3月)

2015年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。輸出は、1月の実質輸出が2ヶ月連続で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業

グラフで見る東海経済(2015年2月)

2015年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。実質輸出は、1月に3ヶ月ぶりに前月比増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工、公

グラフで見る東海経済(2015年1月)

2015年01月23日【今月の景気判断】東海経済は、横ばい圏で推移している。生産は、14年前半の減少傾向の後、持ち直しつつあるが、在庫が大幅に増加するなど一部に弱い動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工は

2015年1月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

東海経済2015年の展望

プログレス 平成 27 年 1 月 1 日(毎月1回)発行東海経済 2015 年の展望日本銀行 名古屋支店長 梅森 徹梅森 徹(うめもり とおる)  1983 年東京大学法学部卒業。同年日本銀行入行。2001 年企画 室企画第2課長、02 年信用機構室信用機構課長、04 年信用機構局参事役、05 年信用機構局参事 役兼考査局参事役、金融機構局参事役、09 年政策委員会室審議役(国会・広報総括) 、10 年企 画局審議役、12 年企画局審議役(企画調整) 、13 年発券局長を経て、14 年名古屋支

グラフで見る東海経済(2014年12月)

2014年12月25日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡したが、その後は、横ばい圏で推移しており、消費増税前の水準に戻っていない。設備投資は、増加が一服している。住

2014~2016年度 東海経済見通し

2014年12月25日○東海経済は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然低い水準で推移しているが、生産など企業部門の活動には、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、全国と比べて強めの動きとなっている。○14年度の東海の実質域内総生産(GRP)は、消費税率引き上げ前の駆

グラフで見る東海経済(2014年11月)

2014年11月26日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、9月に2ヶ月ぶりに前月比で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する一方で、愛知県の求人倍率が低下するなど一部に弱い動きがみられる。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が

グラフで見る東海経済(2014年10月)

2014年10月24日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に下げ止まりの動きがみられる。生産は、年初から減少傾向にあったが、足下で下げ止まりの動きがみられる。実質輸出は、8月に3ヶ月ぶりに前月比減少となったが、下げ止まってきている。雇用は、求人倍率の改善の動きが鈍るなど横ばい圏で推移している。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が減少しているが、製造業が増加し、全体でも

グラフで見る東海経済(2014年9月)

2014年09月25日【今月の景気判断】東海経済は回復が一服しており、一部に弱い動きがみられる。生産は、7月は自動車の増産もあって増加に転じたが、年初から減少傾向にある。輸出は、これまで減少傾向が続いてきたが、6、7月と2ヶ月連続で増加するなど下げ止まってきた。雇用は、求人倍率の改善の動きが鈍るなど横ばい圏で推移している。個人消費は、夏期賞与の増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が減少しているが、製造業が増

グラフで見る東海経済(2014年8月)

2014年08月26日【今月の景気判断】東海経済は駆け込み需要の反動減から回復しているが、一部に弱い動きがみられる。輸出は、6月は増加となったが減少傾向で推移しており、生産も、自動車が減少し、輸送機械全体でも減少となるなど減少傾向にある。一方、雇用は底堅く推移している。個人消費は、夏期賞与の増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資も新設着工戸数の季調済み年率換算値でみると横ばい圏で推移している。公共投資と設備投資は増加基調で推移している。先行きに

2014年7月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年7月(東海:今月は「経済情報:東海経済の現状と見通し」です)

経済マンスリー 2014年7月(東海:今月は「経済情報:東海経済の現状と見通し」です)

グラフで見る東海経済(2014年5月)

2014年05月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いているが、一部に駆け込み需要の反動がみられる。輸出は横ばい圏で推移しているが、駆け込み需要の反動に伴い、生産が調整している。住宅投資の減少傾向も続いているが、雇用が横ばい圏で推移するほか、春闘での賃上げ率の高まりにより所得面からの景気下支え効果が期待できる。個人消費の落ち込みも想定内にとどまっており、消費増税前の駆け込み需要の反動は一時的とみられる。今後は、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得面の改善が見込まれ

グラフで見る東海経済(2014年4月)

2014年04月25日【今月の景気判断】東海経済は増税前の駆け込み需要もあり持ち直している。輸出は減少傾向が続いており、駆け込み需要に伴う生産の増勢も一服している。しかし、雇用は、求人倍率の上昇に一服感が出ているものの、緩やかな回復が続いており、緩やかな所得増に駆け込み需要も加わって個人消費は持ち直している。一方、住宅投資は徐々に減少しており、公共投資の増加も一服している。今後は、自動車販売や高額消費を中心に増税後の反動が避けられないが、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得

グラフで見る東海経済(2014年3月)

2014年03月25日【今月の景気判断】東海経済は増税前の駆け込み需要もあり、持ち直している。緩やかな所得増に伴って個人消費の持ち直しが続いていたが、冬のボーナスの増加に加え、年明けから駆け込み需要が顕在化し、消費だけでなく、生産や輸入も増加している。一方、住宅投資は、契約ベースの駆け込み需要がピークアウトし、徐々に水準が低下している。輸出は、アジア向けを中心に増加が一巡している。雇用は求人倍率の上昇に一服感が出ている。今後も、生産は年度末近くまで高水準で推移する見込みで、設備投資も一定の駆け込

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年2月(東海)

2014 年 2 月 19 日東海経済レポート(2014 年 2 月)~景気回復基調が続く中、海外経済動向等がリスクに~経済調査室(名古屋)1.足元の経済情勢9 生産は、12 月は前月比+2.3%と 3 ヵ月振りに増加。電子部品・デバイスが大幅に増加し、全体を牽引。9 輸出(金額、円ベース)は、12 月に前月比▲2.5%と 3 ヵ月振りに減少したが、引き続き高水準を維持。9 設備投資については、その先行指標である金属工作機械の国内受注額が、12 月は前年比+64.5%と 5 ヵ月連続でプラス。9

グラフで見る東海経済(2014年2月)

2014年02月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。生産は、増税前の駆け込み需要に備えた増産が始まっているが、昨年中は横ばい圏で推移している。個人消費は、所得環境の改善を背景に緩やかに持ち直しており、冬のボーナス増により高額消費の好調が続いている。住宅投資は、契約ベースでの駆け込み需要がピークを過ぎても水準は安定している。一方で、公共投資は、補正予算による公共工事請負額の増加が一巡している。今後も、生産は年度末近くまで高水準が続く見込みである。設備投資も一定の駆け込み需要が

グラフで見る東海経済(2014年1月)

2014年01月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。生産は、自動車や自動車部品などの輸送機械が5ヶ月ぶりに減少し、全体でも小幅ながら2ヶ月連続の減少となった。一方、個人消費は、所得環境の改善を背景に緩やかに持ち直しており、株高の影響もあり、高額消費が堅調に推移している。公共投資は、補正予算による公共工事請負額の押し上げが一巡したものの、年末に再び増加した。住宅投資は、契約ベースでの消費税率引き上げ前の駆け込み需要がピークを過ぎてからも高水準を維持している。今後は、米国向けを

2014年1月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

東海経済2013年の回顧と2014年の展望

東海経済2013年の回顧と2014年の展望

グラフで見る東海経済(2013年12月)

2013年12月26日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。輸出は、海外景気の回復を背景に持ち直し傾向が続いているが、生産は、自動車や電子部品・デバイスがマイナスに転じ、全体では、横ばい圏で推移している。企業の設備投資は製造業を中心に増加し、個人消費は、所得環境の改善を背景に緩やかに持ち直している。高額消費も株価上昇の影響を受け堅調を維持している。一方、公共投資は、補正予算による押し上げが一巡して増加が一服し、住宅投資も、消費税率引き上げ前の駆け込み需要がピークを過ぎ、持ち直しが一

グラフで見る東海経済(2013年9月)

2013年09月26日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。海外景気の回復を背景に輸出は持ち直し傾向が続いているものの、 自動車の増産が一服し、設備投資も非製造業を中心に伸び悩んでいる。個人消費は、高額品の好調が続き、 緩やかに持ち直しているが、賃金の持ち直しは緩やかであり、消費者マインドも低下傾向となっている。公共投 資は国・地方とも発注額が増加しているほか、住宅投資も消費増税前で持ち直し傾向が続いている。 今後は、世界経済の回復とともに輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方

グラフで見る東海経済(2013年7月)

2013年07月23日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が減少したものの、海外景気の回復を背景に輸出は持ち直し傾向が続いている。個人消費は、高額消費が好調で百貨店販売は東京や大阪に比べ高水準で推移している。住宅投資も緩やかに持ち直しており、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は横ばい圏で推移しているが、新規求人倍率が愛知と岐阜で悪化に転じたほか、常用雇用も全国に比べて弱めの動きが続いている。賃金は、所定内給与が増加に転じるなど緩やかに持ち

グラフで見る東海経済(2013年6月)

2013年06月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が大きく増加したほか、海外景気の回復を背景に輸出の持ち直しも続いている。1~3月期の設備投資は2四半期ぶりに増加した。個人消費は、高額消費の好調が続き、百貨店販売が高水準で推移するほか、新車販売も8ヶ月ぶりにプラスに転じている。住宅投資は緩やかに持ち直し、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は、求人倍率が改善傾向にあるが、常用雇用の改善は頭打ちとなっている。今後も、世界経済の緩やかな

グラフで見る東海経済(2013年5月)

2013年05月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。ただ、生産は自動車や航空機関連の減少が響き、増加が一服している。海外景気の回復により輸出は持ち直しているが、米国や東南アジア向けが堅調な一方、中国向けは伸び悩んでいる。個人消費は、高額消費の好調が続くが、食品や日用品への支出が弱含み、総じて横ばいとなっている。雇用環境は、求人倍率が改善傾向にあるものの、常用雇用の改善は一服している。企業業績は改善しているが、設備投資は慎重な動きが続いている。公共投資は増加基調であるが、住宅投資は横

グラフで見る東海経済(2013年4月)

2013年04月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車生産の増加が続いており、2月の鉱工業生産は3ヶ月連続で増加した。海外景気の回復により輸出も3ヶ月連続で持ち直している。円安・株高を背景に高額消費が好調を続ける一方、雇用環境は新規求人、有効求人ともに改善傾向が一服しており、個人消費全体は横ばい圏で推移している。設備投資は増加が一服しており、新年度の計画も慎重になっている。一方、賃金減少には歯止めがかかり、住宅投資は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の緩やかな回復とともに

グラフで見る東海経済(2013年3月)

2013年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直している。自動車生産の大幅増により、1月の生産は2ヶ月連続で増加し、海外景気の緩やかな回復により輸出も2ヶ月連続で持ち直している。雇用環境は新規求人、有効求人ともに改善している。賃金の減少は続いているが、株高を背景に高額消費が回復基調を続けており、内需に底堅さも見えている。円安により業績が回復する企業も増えており、景気の先行きに対する期待感は引き続き高い。今後は、世界経済の回復ペースの高まりなどを背景にトヨタグループの4月以降の生産が堅調

グラフで見る東海経済(2013年2月)

2013年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、足元で持ち直しの動きがみられる。自動車の増産を背景に12月の生産は2ヶ月ぶりに増加し、海外景気の加速により輸出も持ち直している。雇用環境も新規求人などで改善の動きがみられる。賃金の減少を背景に個人消費が一進一退で推移するなど内需に弱さは残るものの、円安・株高により、業績が急回復する企業もあり、景気の先行きに対する期待感が高まっている。今後は、世界経済の回復ペースの高まりなどを背景にトヨタグループが4月以降の生産計画を当初計画より1割程度増産する

グラフで見る東海経済(2013年1月)

2013年01月22日【今月の景気判断】東海経済は足元で弱含んでいる。海外景気の減速を受けて実質輸出は減少傾向が続いており、雇用・所得環境も弱含んでいる。個人消費は一進一退を続けているが、自動車などの耐久財やスーパー・コンビニなどの食品や日用品の消費は低迷している。11月の鉱工業生産は2ヶ月ぶりに減少に転じたものの、基調としては下げ止まりつつある。また、設備投資は増加しつつあり、企業の設備投資計画も年度内は増加が見込まれる。 今後は、東海地域でも補正予算の執行による公共投資の増加が見込まれるほか

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ