「東証2部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2016年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2016.06.08 2016年3月期決算を発表した上場企業2,447社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は24社だった。前中間期(2015年9月第2四半期、22社)より2社増加し、2015年3月期決算(27社)より3社減少した。GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」(以下、重要事

2012年12月20日東京商工リサーチフィードバック数:6ビジネス

“巳年”生まれ法人 全国に16万5,501社 ~ 新聞社、金融機関、大学などが目白押し ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ “巳年”生まれ法人 全国に16万5,501社 ~ 新聞社、金融機関、大学などが目白押し ~ 2013年は巳年。巳年に設立された法人は全国で16万5,501社を数える。全国222万1,830社の7.4%で、十二支では申年(15万9,234社)、午年(16万4,484社)に次いで3番目に少なかった。 “巳年”生まれ法人は太平洋セメント、大成建設、積水ハウス、日本航空など、各業界の大手から銀行、大学、新聞社など、社会、経済の中核を担う法人

2012年5月29日東京商工リサーチ★フィードバック数:9ビジネス

決算での為替差損の計上についての統計です。

東証1部・2部上場メーカー422社 2012年3月期「為替差損」調査~為替差損額1,224億円 前年同期より約6割減~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー422社 2012年3月期「為替差損」調査~為替差損額1,224億円 前年同期より約6割減~ 2012年3月期上場企業の決算が出揃った。ここ数年、高水準の円高が業績に影響を与えたが、上場各社は想定為替レートの見直しなどで、2012年3月期決算は円高の影響は限定的となった。 東証1部、2部に上場する主なメーカー422社のうち、2012年3月期の営業外費用で為替差損を計上した企業は、246社(構成比58.2%)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ