「東証REIT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月1日日本取引所グループ★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

2014年度及び2015年3月の売買状況

ツイート2014年度及び3月の日本取引所グループの現物市場とデリバティブ市場における売買状況(概算)をお知らせいたします。2014年度の東証市場第一部内国株式(優先株除く)の売買高は、6014億7256万株となり、市場開設来2位となった。また、売買代金も592兆1505億円となり、市場開設来4位となった。2014年度の内国ETFの売買高は60.9億口(1日平均2478万口)、売買代金は37.7兆円(1日平均1534億円)となり、ともに市場開設来最高記録を更新した。2014年度のマザーズ内国株の売

Jリートの上昇に弾みがつく可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月14日最近のJリート市場は、国内景気の回復傾向やそれに伴なう不動産市況の回復期待などを背景に底堅い推移となっています。そうした中、14日には、Jリート全体の値動きを示す東証REIT指数は1,509ポイントと、年初来高値である1,511ポイントや、目先の高値として意識されている昨年末の1,515ポイントに迫る展開となり、値動きに力強さがみられ始めました。こうした動きは、東証REIT指数の売買高の状況からも確認することができます。

不動産トピックス 2013年12月

201312Decemberトピックス1不動産投資とJ-REIT投資について �������� 2トピックス2中央環状品川線開通による臨海部物流施設への影響� 6マンスリーウォッチャー大手デベロッパーの供給比率が増加基調 (東京圏の分譲マンション)����������� 8不動産投資と J-REIT 投資についてJ-REIT投資法人が発行した投資口に対する投資(以下、「J-REIT投資」という。)は、 小口の不動産投資 などとして不動産投資の代替手段のようにいわれることが多いのですが、実際には全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ