「林業経営」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日林野庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

平成26年度森林・林業白書

「平成26年度森林・林業白書」の公表について本日、「平成26年度森林及び林業の動向」及び「平成27年度森林及び林業施策」(「平成26年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 1 「平成26年度森林・林業白書」の概要森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。 「平成26年度森林・林業白書」においては、森林資源の循環利用を担う木材産業を特集章として記述するとともに、林業の成長

2015年5月28日高知県フィードバック数:0社会/政治

統計データ(平成26年度 高知県の森林・林業・木材産業)

統計データ(平成26年度 高知県の森林・林業・木材産業)のページ 平成26年度高知県の森林・林業・木材産業(1) 森林資源(2) 森林施業(3) 林業生産基盤(4) 保安林(5) 森林組合(6) 林業労働力(7) 木材産業(8) 林業粗生産額(9) 特用林産(10) 木材需給(11) 高知県における木材流通の現況(平成25年)(12) 新設住宅着工数の推移(13) 木材価格(14) 製品価格の推移(全国)(15) 全国に占める高知県林業の地位(1)森林の有する多面的機能の発揮に関する目標(2)

2015年2月6日農林水産省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化と農業です。

平成26年度農林水産情報交流ネットワーク事業全国調査 地球温暖化の農林水産分野への影響及び地球温暖化適応策に関する意識・意向調査

平成27年2月6日公表平成26年度農林水産情報交流ネットワーク事業全国調査地球温暖化の農林水産分野への影響及び地球温暖化適応策に関する意識・意向調査この調査は、平成26年11月上旬から中旬にかけて、農林水産情報交流ネットワーク事業の生産者モニター1,759人、流通加工業者モニター893人の計2,652人を対象に実施したものであり、生産者モニター1,530人、流通加工業者モニター691人の計2,221人から回答を得た結果である。【調査結果の概要】1地球温暖化影響に関する基本的な認識について(1)地

2013年6月2日農林中金総合研究所★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

木材についての市場データです。

日本の木材需給と森林・林業再生の課題

日本の木材需給と森林・林業再生の課題専任研究員 秋山孝臣〔要   旨〕1  国産材の生産量は2002年の1,608万㎥を底として増加傾向にある一方,新設住宅着工戸数の減少を主因として木材輸入量が減少し,木材自給率は02年には過去最低の18.2%となったが,11年には26.6%に上昇している。2  戦後の林業政策は,1964年からの林業構造改善事業により日本の民有林が抱えている林地保有の零細・分散性・生産基盤の劣弱性の改善を図ってきた。さらに91年からの流域管理システムでは,従来,川上の生産と川下

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ