調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 株式会社インテージ

「株式会社インテージ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月24日インテージ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度 第6回『JCSI(日本版顧客満足度指数)』

ナビゲーションに移動 コンテンツに移動2016年度 第6回『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果のご案内 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)と株式会社インテージコンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:笠原秀隆)は、このたび利用推進パートナーに認定されている『JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)』の2016年度第6回調査結果の発表を受け、これをご案内いたします。同調査は、サ

2017年1月12日インテージフィードバック数:0マーケティング

位置情報ビッグデータで初詣の混雑を分析

位置情報ビッグデータで初詣の混雑を分析 -モバイル空間統計を用いて2016年お正月の明治神宮・浅草寺を振り返り- 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下:インテージ)は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:大竹口 勝)が提供する「モバイル空間統計」のデータを用い、2016年の元日から3日における明治神宮・浅草寺、両エリアの滞在者の傾向を分析しましたので、その結果をご紹介します。※各エリアの位置情報データから滞在者の傾向を

2017年1月8日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

位置情報ビッグデータで初詣の混雑を分析

混雑を避けるなら元日の午前中がオススメ!人出は、元日より2日、2日より3日と増える傾向「明治神宮」は10〜20代、「浅草寺」は50代以上の来訪者の多さが特徴的アクセスルートも工夫の余地あり!? 「明治神宮」は東京都下や神奈川県から、「浅草寺」は埼玉県・千葉県からの来訪者が比較的多い傾向株式会社インテージでは、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが提供する「モバイル空間統計」のデータを用い、2016年の元日から3日における明治神宮・浅草寺、両エリアの滞在者の傾向を分析しましたので、その結果をご

2016年12月2日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

ハロウィンパッケージ商品の店頭実態

ハロウィンパッケージの商品はこの5年間で2倍に!今年も26%の増加ホームパーティで使えるアルコール・食品にも広がり日常に季節感を取り込む“ペーパーアイテム”に動き日常への取り込みの動きは大都市圏で先行株式会社インテージでは、ハロウィンパッケージの商品※がどのくらい販売されていたのか、という2016年のハロウィンシーズンにおける小売の店頭実態を『SRI(全国小売店パネル調査)』(*1)で明らかにしました。※本レポートでは、SRIの収録対象カテゴリーにおける、商品名称に”ハロウィン”とある期間限定商

2016年9月5日インテージフィードバック数:0社会/政治

TV視聴・検索ログデータでみる、「東京都知事選」

鳥越・増田票の2割を持っていき、小池氏の「圧勝」投票へ行った男性20代は、全体傾向と比較してニュース・報道番組の視聴時間がおよそ2倍インターネット利用者で「都知事選」に関して検索したのは7.7%株式会社インテージでは、18歳から69歳までの男女に対して、2016年度東京都知事選挙についてのインターネット調査を行いました。本調査は、公示日翌日・投票1週間前・投票直後の3回調査することで、支持がどのように変わっていったのかを分析しました。また、インテージが所有する「i-SSP(インテージシングルソー

2016年8月9日インテージ★フィードバック数:0モバイル

『Pokemon GO』のスマホ利用へのインパクトは絶大!

インストール数はリリース後3日間(7/22〜24)で1000万人以上(推計)初代ポケモン世代であるM1層・F1層(男女20~34歳)では利用率はジワジワと上昇 「Pokémon GO」リリース後のスマホ利用時間の平均は46分。そのうちの23分は総利用時間として純増 検索行動を見ると、インストール直後は抽象的検索が多く、翌日以降は操作方法や攻略情報といった具体的な検索行動に変化株式会社インテージは、インターネットやテレビなどの広告・情報視聴と購買行動や生活者の属性情報の関係性を捉えることができる「

2015年12月23日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

アジアインサイトレポート第16弾『アジア3都市のメディア接触時間』

メディア接触時間は、全体的にはテレビが長く、次いでモバイルホーチミンではモバイルによるメディア接触時間が急増ジャカルタだけはテレビの伸びが顕著株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第16弾のレポートでは、『アジア3都市のメディア接触時間』を発表します。今回は、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)

2015年12月2日インテージフィードバック数:0社会/政治

ベトナム市場実態調査 ホーチミン20代未婚女性

ベトナムでは近年、女性の社会進出率が上昇20代未婚女性の耐久製品所有率は「バイク・スクーター」が1位。2位は「スマホ」20代未婚女性の価値観は「着実な財産と地位」が急上昇ケーブルTVやインターネットなどの利用率が高く、美容意識も高い「旅行」という手軽に楽しめるコト消費が進む傾向株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第15弾のレ

2015年10月28日インテージ★フィードバック数:0エンタテインメント

『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』に関する調査

「ラグビーワールドカップ2015」の日本代表の快進撃が 『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』の認知度UPに貢献日本大会やラグビーについて認知率が高いのは男性40~60代日本大会の開催競技場・都市に対する認知はまだ低い株式会社インテージは、2019年に開催する『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』に関する調査を実施しました。 本調査は、ワールドカップ2015 イングランド大会中(日本vsサモア後)の2015年10月5日~7日に、インテージ・ネットモニター" マイティモニター"のうち全

2014年11月19日インテージフィードバック数:0ライフスタイル海外

アジアインサイトレポート第10弾『インドネシア市場実態調査 女性・ヘルスケア編』

日系企業の進出は中国に次ぎ2番目に多い女性の社会進出が盛ん薬はドラッグストアで購入する女性が多いヘルスケア商品の情報はTVから得ている日本製のヘルスケア商品を買いたい女性は4割株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。 第10弾のレポートでは、『インドネシア女性のヘルスケア事情』を紹介します。調査方法インテージの自主企画調査「アジア・マーケテ

2014年11月19日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

アジアインサイトレポート第11弾『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』

3ヵ月以内に「日本食」を外食した人は、ジャカルタ女性の54.4%旅行してみたい国のTOP2は隣国、3位に「日本」観光ビザ免除なども追い風となり、日本への関心が高まっている株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第11弾のレポートでは、『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』を発表します。今回は、当社と海外グループ会社が共同で

2014年8月19日インテージ★フィードバック数:0エンタテインメント

リアルタイムと録画視聴とを比較しています。

テレビドラマの視聴実態

『HERO』第1話(7/14月曜日21時〜)の総視聴時間のうち、 タイムシフト(録画)の占める割合は42%男女いずれも35〜49才の世代でタイムシフト視聴の割合は高くなっている第1話をタイムシフト視聴した人の多くは、放送日から2日以内に再生して見ている第1話をタイムシフト視聴した人のうち2割程度は、第2回をリアルタイムで視聴同一ドラマでも、放映日によってリアルタイムで見るか、タイムシフトで見るか等の 視聴パターンは異なり、リアルタイムとタイムシフトでの複雑な視聴行動が存在株式会社インテージは、イ

2014年5月28日インテージ★フィードバック数:0キャリアとスキル

新社会人のライフスタイルです。

2014年・新社会人調査『フレッシュマンのライフスタイル』

フレッシュマンの7割以上が、朝食を「ほとんど毎日」食べているランチは41.3%が自宅から弁当持参。女性は半数以上が“弁当派”ランチ代の平均予算は、64.5%がワンコイン以下初任給の使い道トップ3は、「家族へのプレゼントやご馳走」「自分へのご褒美」「貯金」現在交際している相手がいる人は45.3% 株式会社インテージは、『2014年・新社会人調査「フレッシュマンのライフスタイル」』を実施しました。2014年5月7日〜12日、インターネットモニター“マイティモニター”のうち、全国の新社会人男女400名

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第3弾

小売店の販売前年比は4月7日週で下げ止まり増税後の反動は6%減にとどまる日常生活に必要な品目では買い控えは限定的一方、嗜好品では買い控え品目が多い増税による個人消費への影響度は3月より改善 株式会社インテージは、『消費税増税 影響分析プロジェクト』(※1)の一環として、「増税後3週間経過しての小売店販売実態と消費者購買意識調査」を実施しました。本調査は、当社の “SRI(全国小売店パネル調査)”(※2)から沖縄を除いた全国のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアの生活必需品(※3)の販売

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第2弾

増税による食品・日用品への影響は限定的増税前のまとめ買い購入者は46.5%まとめ買い品目は、オムツやトイレットペーパーなど“腐らない”日用雑貨品が上位増税後の買い控え検討者は23.8%買い控え品目は、食糧や飲料では嗜好品が上位 株式会社インテージは、「消費税増税 影響分析プロジェクト」(※1)の一環として、『増税直前の消費者購買意識調査』を実施しました。本調査は、消費税増税直前の2014年3月29日~30日にインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち、全国20~69才の男女1,141人を

2014年3月12日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

駆け込み消費の内容です。

『消費税増税 影響分析プロジェクト』レポート第1弾

「消費税増税」が耐久消費財購入のきっかけになった人は53.6%増税前に意識して買ったモノの1位は「家電」生活必需品は「安売り」「セール」で衝動的にまとめ買い 株式会社インテージは、「消費税増税 影響分析プロジェクト」(※1)の一環として、『消費税増税を意識して買った商品』に関する調査を実施しました。本調査は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが提供するスマートフォンアプリ「みんレポ」(※2)のユーザーのうち、2014年1月31日~2月28日に「消費税増税を意識して商品を買った」という書き込

2013年9月9日インテージ★フィードバック数:0エンタテインメント

迅速な対応です。

2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定! 緊急意識調査

56年ぶりの東京五輪開催を86.7% が歓迎78.5%が「招致活動を評価する」と回答「子供に夢」「国内消費の活性化」「震災復興活動の弾み」に期待 株式会社インテージは、『2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定に関する意識調査』を実施しました。本調査は、東京五輪の開催が決定した翌日の2013年9月9日10時~13時、NTTドコモのプレミアクラブ会員のうち15~69歳の1,200名(京浜/東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県、京阪神/大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県)を

2013年7月29日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

国のイメージカラーです。

アジア4ヵ国の色に関する意識調査~色で表す日本のイメージ~

就業時間中の利用者は10.1%30代には「足の裏マッサージ」が人気マッサージ利用経験者は、男性32.4%、女性52.1%株式会社インテージとYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は共同で、Yahoo!リサーチ・モニターを対象に、4月14日(水)から16日(金)までの3日間にわたって「マッサージ利用調査」を実施しました。調査期間2004年4月14日(水)~4月16日(金)調査対象Yahoo!リサーチ・モニター調査方法ウェブ上でのアンケート調査回答者数29

2013年7月3日インテージ★フィードバック数:1マーケティング海外

日本、中国、タイ、ベトナムでの色に対するイメージ比較です。

アジア4ヵ国の色に関する意識調査~高級イメージ~

日本、中国、タイ、ベトナムでよく見かける自動車、携帯電話の色は「黒」購入したい色は、中国、タイ、ベトナムでは「普段よく見る色」日本では他3ヵ国よりも目新しい色を求める傾向 株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、当社の海外グループ会社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。第3弾のレポートでは、株式会社日本カラーデザイン研究所と共同で実施した『アジア4ヵ国の色に関する意識調査~自動車・携帯電話編~』を

2013年4月23日インテージ★フィードバック数:2ライフスタイル

ペット用のサプリメントについての調査です。

犬の飼い主意識調査『ペットのサプリメント事情』

犬の飼い主の6割以上がペットのサプリメントに「興味あり」一方、7割弱は「与えたことがない」与えたことがある人が最も期待する効果は、「骨や関節の健康維持」与えたことがある人の5割以上が何らかの効果を感じている 株式会社インテージは、犬の飼い主意識調査『ペットのサプリメント事情』を実施しました。本調査は、2013年1月9日~1月11日、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち犬を飼っている人1,000名(京浜/東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)を対象として、ペットのサプリメントに対する意識

2012年1月19日インテージ★フィードバック数:4マーケティング

インテージによる冬休みの過ごし方についての調査結果です。

冬休みの過ごし方と今年の抱負

冬休みは「家族や自宅で過ごす時間の充実」と「ショッピングを控える」を重視飲み会や外食などにかけた費用はそれぞれ「5千円未満」が5割以上2012年積極的に行いたいことのトップ3は「貯蓄」「節約」「国内旅行」「どんな年にしたいか」を単語にすると1位は「健康」 株式会社インテージは、自主企画調査『冬休みの過ごし方と今年の抱負』に関して調査を実施しました。本調査は、2012年1月10日~1月12日に全国のインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち、15~59才の男女を対象にインターネット調査を行

2010年7月20日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

“土用の丑の日” 直前意識調査

8割近くの人はうなぎが好き、“土用の丑の日”にうなぎを食べる人は7割産地は“国産”にこだわり、自宅で食べる傾向株式会社インテージは、2010年6月29日~7月1日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター ”のうち全国の15才~69才の男女個人を対象として、 “土用の丑の日”直前意識調査を実施し1,200名から得られた回答結果をまとめました。*土用の丑の日 豆知識土用は、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のこと。そのなかで十二支が「丑(うし)」の日を“土用の丑の日”といい、特に夏の“土用の

2010年5月31日インテージフィードバック数:2ライフスタイル

スイーツに関する調査

女性91.4%、男性84.8%は甘いものが好きスイーツの購入予算は「300円程度」、7割近くは「洋菓子党」10代は、60代、50代に次いで和菓子好き女性20代の14.6%はスイーツが「食事の代わり」マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年5月12日~5月14日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才~69才の男女個人を対象として『スイーツに関する調査』を実施し、1,200名から得られた回答結果をまとめました。調査方法インターネット調査調査地域全国調

2010年5月17日インテージフィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

環境、経済、エネルギーに関する調査~消費者の環境意識と購買行動~

消費者の環境意識は高く、環境配慮型商品の潜在的な需要は大きい購買行動に結びつけるためには経済性や機能性など実利的な価値も不可欠マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージでは、企業の環境ビジネスや環境マネジメントの担当者のための「環境と経営セミナー」を開催して18年目になります。当セミナーでは、会員会社(アサヒビール、キリンホールディングス、サッポロビール、竹中工務店、東京センチュリーリースなど)と共同で、毎年「環境、経済、エネルギーに関する調査」を実施しており、今年2月に実施した調査結果を

2010年4月12日インテージフィードバック数:5デジタル家電

地上デジタルテレビ放送に関する調査

地デジ対応していない理由は「まだアナログ放送が見られるため」73.9%対応時期は「具体的に決めていない」39.8%方法は約7割が「テレビの買い替え」予算は「わからない」が28.4%マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年3月15日~3月17日に、地上デジタルテレビ放送に関する調査『地上デジタル未対応者の意識』について調査を実施しました。本調査は、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才以上の男女個人から、自宅テレビの地上デジタル放送未対応者1,200名

2010年2月8日インテージフィードバック数:4エンタテインメント

冬季オリンピックに関する調査

バンクーバーオリンピックのメダル獲得 76.5%が「1~4個」と予想応援したい選手第1位は「浅田真央」(62.5%)。続く2位は「上村愛子」、3位「高橋大輔」マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年1月18日~1月20日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才以上の男女個人を対象として『冬季オリンピックに関する調査』を実施し、1,000名から得られた回答結果をまとめました。調査方法インターネット調査調査地域全国調査対象者インテージ・ネットモニター“

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ