「株式市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

我が国の株式市場における海外投資家の動向

今週の指標 No.1157 我が国の株式市場における海外投資家の動向 ポイント2016年12月26日我が国の株式市場について、投資主体別の売買状況をみると、株価の上昇局面では海外投資家が買い越し、下落局面では海外投資家が売り越しており、2016年下期においては、株価の上昇局面である米大統領選後の11月第2週(2016年11月7日~11月11日)以降、海外投資家が6週連続で買い越している(図1)(※1)。本稿では、我が国の株式市場のけん引役である海外投資家の動向を確認する。まず、我が国の株式保有

2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか

ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 突然の国民投票や債務返済の不履行などギリシャ問題は混迷を深める。

アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか?

アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 投資家の期待リターン、リスク、リスク許容度は、経済情勢、その時々の財政・金融政策、企業利益、金利水準等の外部環境の変化に応

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年4月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2015年4月号)

グラフと表で見る株式市場(2015年4月号)

投資先資産をリスクから考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月10日投資先資産をリスクから考える~リスク量から見た日本株への期待感 株式や債券などの資産には、上下の値動き(=リスク)があることを理解して投資を行なうことが求められています。これは「リターンの裏には必ずリスクがある」ことを認識するだけではなく、期待するリターンに対応するリスク量や、投資に際して取ることが可能なリスク量などを勘案した上で、投資先を決定し、投資を行なうことが重要であることを意味しています。日米の株式市場のリスク

金融緩和を背景に堅調な世界の株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日世界的な金融緩和などを背景に、足元で、世界の株式市場は堅調に推移しています。各国・地域で経済情勢は異なりますが、景気回復の足どりが鈍いことや、原油安に伴なうインフレ率の低下などを受けて、今年に入り、10以上の国・地域で金融緩和が実施されました。一般に、景気が停滞すると株式市場は軟調となりますが、景気対策などで金融緩和が行なわれると資金が余る状態となり、実際に景気回復が進む前に、将来の企業業績改善を見越して株価が上昇するこ

企業業績を強気に見やすい季節?

企業業績を強気に見やすい季節? | ニッセイ基礎研究所 企業業績を強気に見やすい季節? 金融研究部 研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1年前を思い出してみると・・・日経平均株価が一時1万8500円を超え、TOPIXも7年ぶりの高値。日本株式は年明け直後こそ海外情勢を受けてややもたついたものの、その後は企業の業績拡大などが追い風となり、堅調に推移

2015年の日米株式市場に期待されるアノマリー

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月16日2015年の日米株式市場に 期待されるアノマリー 株式市場にはアノマリーと呼ばれる、明確な理論や根拠があるわけではないものの、経験則的に起こりやすいとされている事象があります。今年注目したいアノマリーとしては、日米株式市場には「西暦の末尾の数字が5の年はパフォーマンスが良好」というものがあります。このアノマリーの背景としては景気循環や設備投資循環のサイクルの影響など諸説ありますが、実際、日米株式の、西暦の末尾の数字ごと

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場

グラフと表で見る株式市場

日興アセットのまとめです。

2014年の株式市場の回顧と2015年の展望

2014年の株式市場の回顧と2015年の展望

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 | ニッセイ基礎研究所 業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 金融研究部 研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3年連続の上昇2014年も残りわずか。年初の米国の大寒波、アルゼンチン・ペソ暴落からはじまり、さらにはロシア・ウクライナ問題、中東情勢の混乱など、さまざまなことが起きた1年でした。そのたびに投

中国株式市場について~目先、調整が続く可能性はあるが、出遅れ・割安感に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日中国株式市場について~目先、調整が続く可能性はあるが、出遅れ・割安感に注目 9日の中国株式市場では、上海総合指数が前日比5.43%安の2,856.27ポイントと、2009年8月以来の大幅な下落率となりました。前日8日遅くに、中国の証券決済機関が、レポ取引による短期資金借入れ時の担保基準の厳格化を発表したことを受け、債券市場が下落したほか、人民元市場や株式市場にも下げが波及しました。また、世界景気の先行き不安感などを受

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2014年11月号

グラフと表で見る株式市場 2014年11月号

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2014年10月号

グラフと表で見る株式市場 2014年10月号

規模別指数から見る株式市場の値動き~先導役として期待が集まる大型株

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月25日規模別指数から見る株式市場の値動き~先導役として期待が集まる大型株 2012年終盤から大きく上昇した日本の株式市場は、2014年以降、ウクライナを巡る地政学的リスクやアルゼンチンの債務問題などが懸念され、軟調な推移となっていましたが、足元では米国経済の回復や為替相場の円安傾向を反映し、昨年末の高値を更新しました。株価は、需給面などの影響もさることながら、個別企業の業績評価などから形成されています。景気や外部環境が業績に

マーケット・インサイト プレミアム企業とエマージング市場動向

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社は引き続き日本のお客様の資産運用ニーズに応えるべく 代表取締役からのメッセージ 「創立30周年を迎えて」 投資信託運用報告書(全体版)の開示場所変更に関するお知らせ 幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略 購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資 運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ 運用責任者であるクリス

2014年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2014年9月号)

グラフと表で見る株式市場(2014年9月号)

年金基金の拡大がオーストラリア株式市場の下支え要因に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月26日年金基金の拡大がオーストラリア株式市場の下支え要因に オーストラリア株式は、イラク情勢などの地政学的リスクが高まる局面では価格変動が大きくなりながらも、足元で堅調な推移が続いています。その背景には、主な輸出先である中国の経済指標が改善傾向にあることや、堅調な国内の小売売上高などに加え、同国の退職年金基金の拡大という資金面での好材料もあるとみられます。オーストラリアには、スーパーアニュエーションと呼ばれる積立型の退職年金

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2014年8月号)

グラフと表で見る株式市場(2014年8月号)

2014年7月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

2014年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2014年7月号

グラフと表で見る株式市場 2014年7月号

2014年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2014年6月号

グラフと表で見る株式市場 2014年6月号

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国株式はバブル?

リサーチ TODAY2014 年 5 月 16 日米国株式はバブル?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国株式市場は、年初来、大寒波による米国経済指標の下振れ、QE3縮小に伴う新興国通貨不安、中国経済の減速不安、ウクライナ情勢の緊迫化など、相次ぐ不安要素が上値を抑制してきた。また一方で、バイオ・ネット関連株を中心とした米株バブル論が指摘されてきた。みずほ総合研究所は、米国株式市場を評価するリポートを発表している1。我々は、一部、バイオ・ネット関連に下落圧力はあるものの、ナスダック全体は企

2014年5月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2014年5月号)

グラフと表で見る株式市場(2014年5月号)

ドイツ景気の勢いが強まる可能性~注目集まるDAX指数

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月25日ドイツ景気の勢いが強まる可能性~注目集まるDAX指数 ドイツ景気の先行きを見通す上で非常に注目度が高い、ドイツ企業の景況感を示す指標がそろって4月に上昇するなど、欧州景気の牽引役である同国景気の勢いが強まる可能性が高まっています。23日に発表された4月のドイツの総合PMI(景況指数)は、製造業とサービス業がそろって加速し、2011年6月以来の高水準となりました。また、翌24日に発表された4月のIfo企業景況感指数は11

日米の株式市場の動向と見通し

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し2014年04月11日<ポイント> ・4月初め以降、日米の株価は雇用などの経済指標が改善傾向にあるにも関わらず、軟調な展開となっています。 ・今後の企業業績に不透明感があるなか、米ハイテク株が下落したことなどが、下落のきっかけと見られます。 ・株価は日米の景気や企業業績の回復期待などを背景に、緩やかな上昇基調に戻り

2014年4月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2014年4月号)

グラフと表で見る株式市場(2014年4月号)

足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月1日足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場 昨年5月以降、米国の長期金利の上昇をきっかけに、新興国の通貨や株式市場が下落し、中でも、経常赤字やインフレ率の高さ、軟調な経済情勢などを背景に、ブラジルの通貨および株価の下落が大きくなりました。今年に入ってからもアルゼンチン・ペソの急落に伴なう新興国通貨不安の高まり、中国景気の先行き不安、ウクライナ情勢の緊迫化などが続き、ブラジル金融市場の重石となりました。しかしなが

2014年4月2日財務省フィードバック数:0社会/政治

フィナンシャル・レビュー 平成25年(2013年)第3号(通巻第114号)

フィナンシャル・レビュー 平成25年(2013年)第3号(通巻第114号)平成25年3月発行 <特集>株式市場におけるボラティリティ・アノマリーとアクティブ運用 「ボラティリティ・アノマリー」の行動経済学的探求 �T.イントロダクション �U.伝統的ファイナンス理論と「ボラティリティ・アノマリー」 �V.「アノマリー」の行動経済学的解釈 �W.「ベータ・アノマリー」と機関投資家の「ベータ選好」 �X.「ボラティリティ・アノマリー」と個人投資家の「ギャンブル選好」 �Y.結論 岩澤

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度総合調査研究(我が国及び主要国における株式市場及び株主行動が企業行動に与える影響に係る調査事業) 調査報告書

経済産業省委託調査平成 24 年度総合調査研究(我が国及び主要国における株式市場及び株主行動が企業行動に与える影響に係る調査事業)調査報告書平成 25 年3月(株)日経リサーチ我が国及び主要国における株式市場及び株主行動が企業行動に与える影響に係る調査事業報告書平成 25 年3月株式会社日経リサーチ〒101-0047東京都千代田区内神田2-2-1℡03-5296-5128鎌倉河岸ビル目次~調査概要~11.本調査の目的と各章の構成12.主な検討項目23.調査の方法2はじめに第1章3株式市場における

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 (2014年1月号)

グラフと表で見る株式市場 (2014年1月号)

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2013年12月号)

グラフと表で見る株式市場(2013年12月号)

日銀、言葉なきメッセージ

日銀、言葉なきメッセージ | ニッセイ基礎研究所 日銀、言葉なきメッセージ 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月31日、日本銀行は金融政策決定会合で「金融政策の維持」を決定した。市場にはETF(上場投資信託)の買入増額を期待する声もあるが、会合後の記者会見でも黒田総裁からそのような

日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ

日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ | ニッセイ基礎研究所 日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の株式市場では、以前と比べてPBRの効きが悪い状態が続いており、ファンドマネージャーを悩ます一因となっている。調べてみると外国人の売買シ

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 10月終盤に米ダウ平均株価や独DAX指数が過去最高値を更新した。米量的緩和の早期縮小観測が後退したうえ、世界経済の回復基調が途

2013年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場(2013年10月号)

グラフと表で見る株式市場(2013年10月号)

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2013年9月号

グラフと表で見る株式市場 2013年9月号

2013年8月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2013年8月

グラフと表で見る株式市場 2013年8月

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:4大型消費/投資

平成23年度産業金融システムの構築及び整備調査委託事業,我が国の個人金融資産の資産運用高度化のための調査報告書

経済産業省平成 23 年度 産業金融システムの構築及び整備調査委託事業「我が国の個人金融資産の資産運用高度化のための調査」報告書2012 年 2 月株式会社野村資本市場研究所1はじめに5第Ⅰ章我が国の個人金融資産の運用環境の整備に向けた調査6第1節我が国での投資信託の現状61.投資信託への資金流入動向と概況2.投資信託の利用状況3.世界の投資信託市場と我が国第2節米国の資本市場を支える投資信託91.個人金融資産における投資信託の位置づけ2.投資信託の市場規模の拡大3.リスクキャピタルの供給源とな

5月売り―相場格言からの上放れは可能か?

5月売り―相場格言からの上放れは可能か? | ニッセイ基礎研究所 5月売り―相場格言からの上放れは可能か? 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ウォール街でよく知られた株式市場にまつわる格言に、“Sell in May and go away(5月に株を売れ)”というものがある。イギリスで生まれた“

2013年4月5日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

Global Market Outlook これぞ正のスパイラル

Global Market Outlookこれぞ正のスパイラル2013年4月3日(水)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:57 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値12362.201010.4314,662.017,943.876,490.663,805.372,21

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ASEANの株高について考える

ASEANの株高について考える | ニッセイ基礎研究所 ASEANの株高について考える 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (4月4日に内容の一部を修正致しました) ASEAN主要国であるフィリピン・タイ・インドネシアの株価上昇が著しい。2010年と比較するとこれらの国の株価は約2倍に達する。好調な株価の背景には、実体経済の強さがある。先進国が低

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

アベノミクスの目的は不動産・株式市場回復

アベノミクスの目的は不動産・株式市場回復

2013年3月5日大和総研フィードバック数:11社会/政治

グラフと表で見る株式市場 2013年3月号

グラフと表で見る株式市場 2013年3月号

2013年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:7社会/政治

海外の見方の転換:日本が「普通」に戻ったこと

リサーチ TODAY2013 年 2 月 28 日海外の見方の転換:日本が「普通」に戻ったこと常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨年末から海外の日本に対する関心が大きく高まっているのを筆者も肌で感じる。まず、海外から日本に来る投資家が増加し、面談機会が急に増えた。また、我々の同僚が海外にヒアリングに行っても、従来は殆ど質問もなかったが最近は質問攻めになっている。実際に2月22日の日米首脳会談の安倍首相の対応を評価する声が海外投資家からも多かった。筆者が昨年11月後半に米国を訪問したときの

2013年2月14日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:11社会/政治

投資の法則は変化したか?(3)月次サイクルのアノマリーを再検証する

投資の法則は変化したか?(3)月次サイクルのアノマリーを再検証する | ニッセイ基礎研究所 投資の法則は変化したか?(3)月次サイクルのアノマリーを再検証する 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「投資の法則は変化したか(1)月次効果アノマリー(1月効果等)を再検証する」、「投資の法則は変化したか(2)曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する」に引き

2013年2月8日大和総研フィードバック数:6社会/政治

海外投資家による対日投資の影響と示唆

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 海外投資家による対日投資の影響と示唆海外投資家の短期的な投資が株式市場に影響 ◆2012年の対日証券投資の内、株式に関しては4月~9月まで継続的に流出超となるも、10月以降、短期間且つ急速に流入超過額が増加し、2012年トータルでは流入超となった。2012年の対日直接投資は2年振りに流入超となった。新規の投資を指す「株主資本」も流入超となったが、2007~2010年に比べて欧米からの投資が減少している

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する | ニッセイ基礎研究所 投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 前回の「投資の法則は変化したか(1)月次効果アノマリー(1月効果等)を再検証する」に引き続き、今回は曜日にまつわるアノマリーについて検証して

2013年1月25日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:11社会/政治

投資の法則は変化したか?(1)- 月次効果アノマリー (1月効果等) を再検証する

投資の法則は変化したか?(1)- 月次効果アノマリー (1月効果等) を再検証する | ニッセイ基礎研究所 投資の法則は変化したか?(1)- 月次効果アノマリー (1月効果等) を再検証する 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 株式市場では、「1月の株高」、「節分天井彼岸底」、「新年度相場で4月の株高」「夏枯れ相場」など季節にまつわる相場の格言があり、意

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ