調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 株式投資信託

「株式投資信託」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

JAPAN is BACK 「2015年6月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2015年5月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2015年4月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

2015年4月7日野村総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

追加型株式投資信託の資金純流入額ランキング(上位10ファンド)

追加型株式投資信託の資金純流入額ランキング(上位10ファンド)

JAPAN is BACK 「2015年3月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2015年2月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2015年1月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「-0.6%」日本の2014年11月の鉱工業生産指数(前月比)

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「11年ぶり」米国の2014年7-9月期の実質GDP成長率(前期比年率、確定値)」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2014年12月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「+2.9%」日本の2014年10月の生鮮食品を除く消費者物価指数 (前年同月比)

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年11月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2014年10月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2014年9月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年8月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2014年7月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「6年ぶりの高水準」米国の2014年5月の新築住宅販売件数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「3.25%」ニュージーランドの2014年6月12日時点の政策金利

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 「2014年6月号」

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年5月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年4月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年3月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「9年ぶりの高水準」ニュージーランドの2014年1-3月期の消費者信頼感指数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「4ヵ月」ドイツの2014年2月のIfo企業景況指数の連続上昇月数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年2月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2014年1月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「41年ぶり」日経平均株価の2013年の年間上昇率の水準

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「98.3」米国の2013年11月の景気先行指数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「+16ポイント」日銀短観(2013年12月)の大企業製造業における業況判断指数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

JAPAN is BACK 2013年11月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「7.75%」インドの10月の金融政策決定会合における政策金利

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「+6.9%」OECDによるアジア新興国の経済成長率(年平均)

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「87%」BIS(国際決済銀行)調査の外国為替市場における米ドルの取引高

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「+7.5%」中国の2013年4-6月期のGDP成長率(前年同期比)

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「28%」2012年度の日本の株式分布状況調査における外国人の保有比率

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「約7年ぶり」米国のNAHB住宅市場指数(6月)好転に要した期間

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「世界1位」中国人の2012年の海外旅行消費額

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

「38.2%」2012年の特許の国際出願件数のシェア(日本・中国・韓国の合計)

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

2013年3月25日日本証券業協会★★フィードバック数:0大型消費/投資

3年ごとに実施されている個人の投資についてのまとまった調査です。

平成24年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)

証券投資に関する全国調査平成24年度調査報告書(個人調査)●日本証券業協会 調査部《目 次》1.調査概要 ······················································· 1(1)調査の目的 ······························································ 3(2)主な調査内容 ·························································

「1兆円」日本株式市場の3月第1週の海外投資家の買い越し額

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用)に分類される投資信託)を掲載しています。・当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。・バランス(安定)型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド109本の中から選考されました。・国際株式型 部門は、2016年12月末において当該部門に属するファンド1

お金にまつわる意識調査

PRESS RELEASE報道関係各位2012 年 6 月 6 日ヘッジファンド証券株式会社ヘッジファンド証券「お金にまつわる意識調査」実施夏のボーナスの使い道、「貯蓄」が 80.8%~ロンドンオリンピックで金融商品を「購入したい」26.0%~日本でも数少ない「独立系」のインターネット取引を主とした証券会社として設立されたヘッジファンド証券株式会社(本社:東京都千代田区霞が関代表取締役:眞野 定也)は 2012 年 5月 29 日から 31 日の期間、夏のボーナス時期に向けた「お金にまつわる意識

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ