「株式相場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

2015年3月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の企業業績動向と株式相場見通し

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2014年12月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要日本企業の2014年7~9月期決算と株式相場見通し

主要日本企業の2014年7~9月期決算と株式相場見通し

日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む 8日に日経平均株価が一時、2007年7月以来の1万8,000円台乗せとなるなど、日本の株式相場は2014年も概ね堅調に推移してきました。ただし、ここ3日間は、短期間で大きく上昇した中国株式相場に調整の動きが見られたことに加え、大統領選挙の前倒しに伴なうギリシャ政局の不透明感や、原油価格の続落基調などを背景に、欧米株式相場も軟調となったことなどから、利食い売りに押される展開

2014年6月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業決算から見た株式相場見通し~2014年3月期決算は大幅改善したが2015年3月期企業の見通しは慎重姿勢~

企業決算から見た株式相場見通し~2014年3月期決算は大幅改善したが2015年3月期企業の見通しは慎重姿勢~

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年12月) ~QE3縮小であらためて考える中長期的なアジアの成長の道筋~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年12月)~QE3縮小であらためて考える中長期的なアジアの成長の道筋~発表日:2013年12月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国7-9月期は景気回復の動きが進み、同国経済を巡る不透明感は後退しているものの、金融機関の流動性管理の甘さに加えて、内外需の先行きに対する不透明感も出ており、先行きも足下の調子で景気拡大が続く可能性は低下し

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年11月) ~「三中全会」からみえる中国の課題と今後の行方~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年11月)~「三中全会」からみえる中国の課題と今後の行方~発表日:2013年11月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国景気の減速基調が続いてきたが、先進国の景気回復を受けて外需は改善しており、インフラなどの投資拡大も景気を押し上げる。ただし、従来型の成長モデルを脱していない上、不動産市況の高騰懸念も出ており、足下では不透明要因になる

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年6月) ~国際金融市場の混乱とアジアの実体経済と金融市場~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年6月)~国際金融市場の混乱とアジアの実体経済と金融市場~発表日:2013年6月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国金融引き締めの影響で景気をけん引してきた固定資本投資の勢いは陰るなか、過剰設備や在庫調整圧力も景気の重石になっている。内・外需の低迷も確認され、製造業の景況感は50を下回る水準に留まり、依然景気の底がみえない状況にある

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年5月) ~アジア新興国で広がりつつある自国通貨安誘導に向けた動き~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年5月)~アジア新興国で広がりつつある自国通貨安誘導に向けた動き~発表日:2013年5月30日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国1-3月期の実質GDP成長率は前年比+7.7%に減速し、構造調整などが重石になり、景気は足踏みしている。消費喚起策による下支えは続いている一方、投資抑制や綱紀粛正策は景気の足かせとなっており、景況感も悪化するな

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の構造転換は半歩ずつ前進 ~政府は資金流入による不動産市況の高騰リスクを警戒~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国の構造転換は半歩ずつ前進~政府は資金流入による不動産市況の高騰リスクを警戒~発表日:2013年5月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国政府による経済成長モデルの転換は、足下の景気足踏みの一因になっている。個人消費は購買力向上や補助金政策の効果などで底堅く推移する一方、設備過剰などを反映して固定資産投資の伸びは鈍化している。他方、資金流入により不動産投資は底離れしつ

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年3月) ~BRICS開銀は新興国の「救世主」足りえるか~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年3月)~BRICS開銀は新興国の「救世主」足りえるか~発表日:2013年3月29日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国足下では景気の底離れが進んでいるものの、以前の勢いはなく一進一退の状況が続いている。1-2月は政府の綱紀粛正策の影響も個人消費の抑制に繋がったと思われるが、バランス重視の安定成長を目指す動きが進むと期待される。インド物価

2013年3月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

過剰流動性相場で期待が先行する南アフリカ ~鈍い実体経済、経常赤字による通貨安の中、成長「期待」で株価上昇

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート過剰流動性相場で期待が先行する南アフリカ~鈍い実体経済、経常赤字による通貨安の中、成長「期待」で株価上昇~発表日:2013年3月13日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界的な過剰流動性相場や世界経済の底入れを追い風に投資家マインドが改善する中、「資源国」として注目の高い南アフリカは活況を呈している。近年の同国景気は内需がけん引役となる中、足下では景気が底打ちしつつあること

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ