「核家族」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2012年11月29日博報堂★フィードバック数:169マーケティング

少子高齢化に伴う家族構成の変化についての考察です。

生活動力2013

NEWS博報堂生活総合研究所、『生活動力2013』を発表 2013年に向けた提言テーマは「総子化 ~そうしか」 2012年11月29日■ 増える中高年チルドレン:親が存命の『成人子供』人口が総人口の約半数に ■ 子供平均年齢、30歳超え:未成年に成人子供を加えた総子供平均年齢は32.8歳 ■ 親子60年時代へ:親子共存年数は約60年に、人生の3分の2以上を子供として過ごす時代へ2012年11月29日博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)は、毎年末に翌年以降の生活者動向を予測する「生活動力」を発表

2012年7月17日ダイヤモンド社フィードバック数:57大型消費/投資

東京23区「今どき3世代同居」事情

 2010年国勢調査による核家族の割合は、全国平均で56%。1920年(大正9年)には54%だったから、数字にほとんど変化はない。 では、わが国の家族の形は変わっていないのか。そうではない。核家族以外の中身は激変している。現在の構成は、ひとり暮らしが32%、3世代世帯が7%、その他が4%。一方大正9年は、ひとり暮らし7%に対し、3世代世帯を含む直系拡大家族が31%、その他が8%※。かつての日本では、多世代同居家族がごく当たり前だった。3世代同居は時代遅れ? 東京23区の3世代世帯の割合は、全国平

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ