「格差拡大」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月22日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

格差縮小に向けて(In it together: Why Less Inequality Benefits All)

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、職の質向上と男女格差の縮小に努めることが拡大する格差是正につながるOECDによると、職の質向上と男女格差の縮小に努めることが拡大する格差是正につながる2015年5月21日多くのOECD加盟国において所得格差は史上最大レベルに達しており、多くの新興経済においては特に高いレベルを維持しています。OECDによると、現在、OECD諸国の人口の上位10%の富裕層は下位10%の貧困層の9.6倍の所得があり、これは1980年代の7倍、2000

企業規模による比較です。

拡大する企業規模間の収益力格差

1.今月のグラフ ~二極化する建設需要2.景気概況 ~景気は緩やかに持ち直している3.今月のトピック:拡大する企業規模間の収益力格差 ~格差拡大の原因は何か? (1)拡大する企業規模間の業績格差(2)なぜ収益力に格差が生じているのか?(3)今後も格差が拡大する可能性

巻き起こる格差議論~ピケティ「21世紀の資本」の意味~

巻き起こる格差議論~ピケティ「21世紀の資本」の意味~ | ニッセイ基礎研究所 巻き起こる格差議論~ピケティ「21世紀の資本」の意味~ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フランスの経済学者トマ・ピケティが出版した「21世紀の資本」が注目を集めている。この本の指摘で格差問題に気がついたというよりは、人

2014年8月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の格差拡大と長期停滞論~『21世紀の資本論』から『負債の家』へ~

米国の格差拡大と長期停滞論~『21世紀の資本論』から『負債の家』へ~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ