「梅雨前線」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日ウェザーニューズ★★フィードバック数:0社会/政治

2017年『梅雨の天気傾向』

ニュース 2017年05月24日 今年の梅雨はどうなる?ウェザーニューズ、2017年『梅雨の天気傾向』を発表【梅雨の天気傾向2017】西日本の総雨量は平年より多い予想、九州北部と四国は長めの梅雨関東甲信は6月下旬、九州から東海は6月下旬~7月上旬、大雨による災害に注意モバイル/インターネット > 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2017年の『梅雨の天気傾向』を発表しました。今年の梅雨入りは全国的に平年並となり、梅雨明けは西日本で平年より遅い予想です。特

2016年7月12日ウェザーニューズ★フィードバック数:0社会/政治

天の川を見たことがある?

ニュース 2016年07月07日 2人に1人は天の川を見たことが無い!?七夕の夜は天の川を楽しもう今夜21時より、北海道から『天の川』を3時間生中継〜お天気キャスターが朗読する「銀河鉄道の夜」をBGMに〜モバイル/インターネット > 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、七夕の夜をみんなで楽しめるよう、7月7日(木)21〜24時に梅雨前線の影響を受けない北海道から、『天の川』の様子を生中継します。中継はニコニコ生放送など各種動画サイトで見ることができ、9名の

2016年5月30日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

梅雨の天気傾向

発行日 : 2016年05月26日ウェザーニューズ、梅雨の天気傾向発表梅雨の雨量、西日本は平年より多い傾向〜九州で大雨、熊本や大分など地震の被災地では土砂災害に厳重な警戒を~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は最新の梅雨の天気傾向を発表しました。梅雨時期の総雨量は、北〜東日本は平年並の予想で、暖かく湿った空気が流れ込む西日本は平年より多い見込みです。九州では例年より大雨になる恐れがあり、熊本や大分では地盤がゆるんでいるため地震の被災地では厳重な警戒が必要で

2015年7月13日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

2015年の夏休みは、ムシムシ・ジメジメの夏に!

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2015年の夏休みは、ムシムシ・ジメジメの夏に! 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野克彦)は、2015年の夏休み期間(7月下旬~8月)の天気傾向に関する情報を発表します。2015年の夏休みは、太平洋高気圧の本州付近への張り出しが例年に比べ弱い見込みです。また、今年の夏はとなりそうです。蒸し暑さを感じて過ごしづらい日が多くなるでしょう。<夏休みの天候のポイント> ・7月下旬から8月上旬は、本州付近は梅雨前線の

2015年6月9日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

梅雨の天気傾向

ニュース 2015年06月09日 ウェザーニューズ、梅雨の天気傾向発表エルニーニョ現象の影響で、全国的に長梅雨の予想〜西日本や北陸・東北では平年より一週間長い梅雨の予想に~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月9日(火)、梅雨の天気傾向を発表しました。今年は西日本〜関東で平年並〜早めに梅雨入りしており、北陸や東北でも今週中に平年並の梅雨入りを迎える予想です。今後、エルニーニョ現象の影響で梅雨前線の北上が遅れ、梅雨明けは全国的に平年より遅くなる可能性が

2014年8月3日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年7月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 7月の天候報道発表日平成26年8月1日概要2014年(平成26年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本で気温がかなり高かった 北日本では晴れる日が多く、また、南から暖かい空気が流れ込みやすかったため、月を通して気温が平年を上回り、月平均気温がかなり高くなった。北日本と東日本太平洋側で日照時間が多かった 北日本と東日本太平洋側では梅雨前線の影響は小さく、高気圧に覆われて晴れる日が多かったため、日照時間が多く、北日本太平洋側ではかなり多かった。

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年台風第8号と大雨の今後の見通しについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年台風第8号と大雨の今後の見通しについて 報道発表日本文 ・台風第8号は、午後3時現在、室戸岬の南南東にあって、東北東に進んでいます。 ・台風周辺の湿った南風と梅雨前線の影響で、西日本、東日本から北日本の広い範囲で大雨となっています。 ・今後、台風は本州の沿岸を東に進み、明日早朝には関東地方に接近し、明日午後には、東北地方の東海上で温帯低気圧に変わる見込みです。台風の進路に当たる地域では、大雨や強風、高波に警戒が必要です。 ・また、東北

2014年7月6日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年6月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 6月の天候報道発表日平成26年7月1日概要2014年(平成26年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本では気温がかなり高かった 北日本では、上旬と下旬を中心には高気圧に覆われ晴れたため気温が高く、月平均気温はかなり高かった。降水量は、北日本と東日本太平洋側で多かった。一方、東・西日本日本海側では少なかった 北・東日本太平洋側では、上旬に本州南岸の動きの遅い低気圧と湿った気流の影響で大雨となった。また、北日本では、中旬にも気圧の谷の影響で大雨

2014年7月2日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

梅雨前半の振り返り

ニュース 2014年07月02日 ウェザーニューズ、梅雨前半の振り返りを発表6月の降雨量、全国で例年並も、関東や北海道では2倍以上〜梅雨前半は寒冷渦の影響で特定の地域で雨量まとまり、地域差大に~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、7月2日(水)、今年の梅雨前半の振り返りを発表しました。本発表は、これまでの降った降雨量と今後、予想されている降雨量の傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの対策に役立てていただくことを目的としています。最新情報は、スマホ

2014年6月11日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第二回梅雨の降雨傾向

ニュース 2014年06月11日 ウェザーニューズ、第二回梅雨の降雨傾向を発表西〜東日本の太平洋側で今後も雨量増加の見込み〜6月は太平洋側ほど雨量多く、7月は全国で災害レベルの大雨による土砂崩れや冠水に注意~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月11日(水)、今シーズン二回目となる梅雨の降雨傾向を発表しました。本発表は、全国的に降雨量が増す梅雨の降雨傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの対策に役立てていただくことを目的としています。最新情報は、

2014年5月28日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

梅雨の降雨傾向

ニュース 2014年05月28日 ウェザーニューズ、梅雨の降雨傾向発表梅雨の降雨量、全国的に平年並かやや多め~6月は雨量が少ない見込みも、7月は災害レベルの大雨による土砂崩れや浸水に注意~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、5月28日(水)、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向を発表しました。本発表は、全国的に降雨量が増す梅雨の季節に、事前に降雨傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの対策に役立てていただくことを目的としています。毎週金曜日、スマ

2014年5月27日日本気象協会フィードバック数:0ライフスタイル

2014年梅雨の天気傾向

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2014年の梅雨時期は、エルニーニョ現象で季節の進みがゆっくり~梅雨入り・梅雨明けともに、全国的に遅め~ 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野克彦)は、2014年の梅雨時期(6月から7月)の天気傾向に関する情報を発表します。2014年の梅雨は、エルニーニョ現象が発生する可能性が高く、日本付近もその影響を受ける見込みです。そのため、全国的に季節の進みが遅くなるでしょう。 6月は梅雨前線の北上が遅く、本州付近では

2013年7月7日気象庁フィードバック数:13社会/政治

2013年6月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 6月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。気温は、全国的に高く、沖縄・奄美でかなり高かった 中旬前半は、暖かい高気圧に覆われ、また南からの暖気の影響も受けたため、月平均気温は北・東・西日本で高くなった。また、沖縄・奄美では、梅雨前線の影響を受けにくかったため晴れて気温もかなり高くなった。降水量は北日本でかなり少なく、日照時間は北・東日本日本海側でかなり多かった 北日本、東日本日本海側では、高気圧に覆われて

2013年6月20日Yahoo!フィードバック数:12ライフスタイル

梅雨前線ならぬ、梅酒作り前線が北上中

梅雨前線ならぬ、梅酒作り前線が北上中梅雨の影響で雨の日が多くなるこの季節、傘が手放せない日が続きますね。 「梅雨」の語源は、"梅の実が熟す頃に降る雨"や、"カビが多い時期の雨"という意味の「黴雨(ばいう)」からきている説など、諸説あるそうです。「梅雨」と「梅」の検索数の推移をみると、毎年6月にピークが重なっていることから、双方の関連性は高いようです。 確かに梅雨の時期になると、青々とした梅の実をスーパーなどで目にするようになりますね。梅の実を手に入れて、何か作る人もいるのではないでしょうか。 そ

2013年6月18日ウェザーニューズフィードバック数:2ライフスタイル

「梅雨(6~7月)の降雨傾向」第二報

発行日 : 2013年06月18日 ウェザーニューズ、「梅雨(6~7月)の降雨傾向」第二報発表 梅雨の雨量、末期の大雨により期間全体では平年並となる傾向に~西・東日本で7月上旬に雨のピーク、土砂災害や浸水に要注意~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月18日(火)、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向(第二報)を発表しました。本発表は、全国的に降雨量が増す梅雨の季節に、降雨の傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの事前対策に役立てていただくことを目的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ