「業界研究」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月16日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

先輩たちに聞きました。就活準備で力を入れたのは?

Vol.286 先輩たちに聞きました。 就活準備で力を入れたのは? 就活準備で力を入れたことは次のどれですか?(複数回答)就活中の大学4年生と大学院2年生に、就活準備で何に力を入れたのかを尋ねたところ、一番多かったのが「学内での就活ガイダンス参加」で6割弱に上り、次いで「企業研究」「学外での就活ガイダンス参加」がそれぞれ4割強、4割弱で続いた。「インターンシップ参加」も約3割に上り、「その他」では、「公務員試験の勉強」という声が複数寄せられた。学内の就活ガイダンスは参加して正解だった。企業のリア

2015年1月23日ディスコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

1月の状況です。

2016年度 日経就職ナビ 就職活動モニター調査(2015年1月発行)

HOME プレスリリース 16卒学生、志望業界「決まっている」は8割超 就職先企業を選ぶ基準は、1位「将来性」、2位「給与・待遇」〜2016年度 日経就職ナビ 就職活動モニター調査結果(2015年1月発行)〜 プレスリリース16卒学生、志望業界「決まっている」は8割超 就職先企業を選ぶ基準は、1位「将来性」、2位「給与・待遇」〜2016年度 日経就職ナビ 就職活動モニター調査結果(2015年1月発行)〜2015年01月22日株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、20

2014年2月20日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

就活を通じてイメージが変わった業界は?

Vol.229 内定した先輩たちに聞きました。 就活を通じてイメージが変わった業界は? 就活を通じてイメージが変わった業界はありましたか?今は大学1年生の皆さんも、2年後には就活を意識しているはず。そこで今回は、就活を経験し、今は無事に内定した大学4年生・大学院2年生に、就活を通じてイメージが変わった業界があるどうかを尋ねてみた。すると、「はい」と回答したのは、全体の約4割にとどまり、「いいえ」と答えた学生は約6割に達した。属性別に見ると、女子学生、文系学生の方が、男子学生、理系学生と比べて「は

2013年6月27日マイナビフィードバック数:2キャリアとスキル

2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」発表~ 2016年卒より採用広報開始時期が後ろ倒しになった場合の影響は、就職せずに卒業する学生が「増える」が46.1%/就職留年が「増える」が31.4% ~ 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、大学・短期大学の就職支援に携わる学校職員を対象とした「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」の結果

2012年11月8日リクルートフィードバック数:20キャリアとスキル

就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?

掲載日:2012年11月8日就活をスタートする1カ月前(2011年11月)までに済ませていたのは何ですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活スタート1カ月前に済ませておいたことについて尋ねたところ、一番多かったのが「リクナビ2013の登録」で6割を超え、半数以上が11月の時点で登録を済ませていたことがわかった。次いで、「スーツやバッグなどの用意」「卒業単位の確認」も4割前後で続き、「興味のある業界・会社のピックアップ」「自己分析」も2割を超えた。「その他」では、「学内

2013年卒の振り返り調査です。

「2013年卒業予定者の就職活動実態」に関する調査

プレスリリース「2013年卒業予定者の就職活動実態に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 2013年卒業予定者の就職活動実態に関する調査 報道関係各位平成24年10月15日株式会社クロス・マーケティング 2013年就活における「満足」学生と「非・満足」学生の5つの行動の違いとは?- 「2013年卒業予定者の就職活動実態」に関する調査 - 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、スローガン株式会社()の運営する新卒採用サイト「

2012年9月20日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

『やるな・・・』と感じたのはどんな人?

掲載日:2012年9月20日就活スタート時、自分以外の学生で「やるな…」と感じたのはどんな人?(複数回答) 2011年の12月、就活のスタート時点で、自分以外の学生で「やるな」と感じた人の具体的なエピソードを先輩たちに尋ねたところ、一番多かったのが「自己分析・業界研究・企業研究のやり方が上手だった」人で、全体の約3分の1に上った。次いで多かったのが、「OB・OG訪問をやっていた」で、全体の約3割に。「企業の説明会にたくさん参加していた」「筆記試験対策に早く着手していた」「エントリーが早かった」

2012年8月16日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2012年8月16日自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で6割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」が約半数、「自分自身について考えぬいてみる」と「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」が約4割で続いた。「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も3

2012年8月9日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

就活、手始めに何をする?

掲載日:2012年8月9日もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力しますか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力するかと尋ねたところ、全体の約6割が「企業研究」と回答。「自己分析」も、半数を超え、「業界研究」も約4割となった。「その他」では、「(SPI2など)筆記試験対策」「インターンシップ参加」「エントリーシート対策」「面接対策」といった声が寄せられた。 企業研究から始めるべきだ

2012年7月26日リクルートフィードバック数:26キャリアとスキル

業界・企業研究、もう始めてる?

掲載日:2012年7月26日 大学3年生・大学院1年生に、業界研究を始めたかどうかを尋ねたところ、約6割が「はい」と回答。属性別に見てみると、大学院生と文系学生に「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られた。 業界研究を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) 次に、すでに業界研究を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットで調べる」で、全体の約9割を占めた。次いで、「本・新聞から情報を仕入れる」と「就活仲間と情報交換す

2011年12月1日リクルートフィードバック数:15キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2011年12月1日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で7割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」「自分自身について考えぬいてみる」が約半数で並び、「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も4割前後でほぼ並んだ。「そ

2010年10月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

自己分析、業界・企業研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2010年9月30日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生で、「もう一度、就職活動をする年の10月に戻れるとしたら、就職活動のために何に注力するか」という問いに「自己分析」と答えた学生414人に、お勧めの方法を尋ねたところ、「自分の過去を振り返ってみる」という答えが約7割でトップに。次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」も約6割で続いた。「自分自身について考えぬいてみる」も半数を超える結果となった。「その他」で

2010年8月31日リクルート★フィードバック数:3キャリアとスキル

リクルートによる就活に関する調査結果です。

業界研究、もう始めてる?

掲載日:2010年8月26日 大学3年生・大学院1年生に、業界研究を始めたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは3割強で、約6割はまだ始めていないことがわかった。属性別に見ると、男子学生・大学院生・文系学生が、それぞれ女子学生・学部生・理系学生と比べて、「はい」と答えた学生の割合が若干多い結果となった。 業界研究を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) すでに業界研究を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットで

2010年8月10日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

どんなインターンシップにエントリーしましたか?

掲載日:2010年8月5日 インターンシップにエントリーしましたか? 大学3年生・大学院1年生に、インターンシップにエントリーしたかどうかを尋ねたところ、ほぼ3割が「はい」と答えた。属性別に見てみると、男子学生と女子学生では女子学生、文系学生と理系学生では文系学生の方がエントリーした学生の割合が多く、学部生と大学院生では学部生の方が若干エントリー率が高い傾向が見られた。また、リクナビ2012「みんなの投票」で行ったアンケートによると、エントリーした会社の数では、「1〜2社」が約4割で一番多く、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ