「業界調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

自動車小売業の倒産動向調査

2017/5/15自動車小売業の倒産動向調査中古自動車小売の倒産、5年ぶり前年度比増加〜 新車小売の倒産は2年連続の前年度比減少 〜はじめに2016年度は自動車業界において多くのニュースが飛び交った1年となった。三菱自動車工業とスズキの相次ぐ燃費不正問題により一部車種が販売停止を余儀なくされたほか、タカタによるエアバッグ問題が発覚し、大量リコールも発生した。このほかにも、米フォードが日本の自動車市場縮小などを理由に日本事業から撤退するなど、国内の自動車販売市場が変化した1年でもあった。こうした市

2017年2月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査

2017/1/24映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査業績好調も倒産は増加〜 『君の名は。』などヒットの影で中小制作は苦戦 〜はじめに『君の名は。』『シン・ゴジラ』など話題作が多かった2016年の映画業界。一般社団法人 日本映画製作者連盟によると、2014年以降連続で国内の映画興行収入は増加しており、好調が続く。その一方で、過去にヒットした映画の制作などに携わった企業の倒産も発生した。また、近年のメディア環境の激変や景気の低迷から、厳しい経営環境を余儀なくされている映像制作会社なども少なくない

2017年1月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査

2017/1/13医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査老人福祉事業者の倒産、2年連続で過去最悪〜 医療機関では病院の大型倒産が2年ぶりに発生 〜はじめに高齢者が増え続けることで医療・介護への需要・関心は年々高まっているが、現場を支えるスタッフの人員不足、報酬や保険料の改定などで収益が流動的となっている事業者は数多い。なかでも老人福祉事業者の倒産は増加の一途を辿っており、2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定が両業界にどのような影響を及ぼすのか注目される。帝国データバンクは、2000年〜20

2016年12月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2016年)

2016/11/30全国メーンバンク調査(2016年)8年連続で三菱東京UFJが首位〜 九州では福岡銀行が首位に 〜はじめに今年4月、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)が新銀行東京をグループに迎え、将来的な合併に向けた新体制を発足させた。一方、地方では2月、長崎県に基盤を持つ十八銀行とふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)が2017年4月をメドとする経営統合を発表、昨年10月に誕生した九州フィナンシャルグループ(肥後銀行・鹿児島銀行)に続き、九州エ

2016年9月1日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査

2016/9/1「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査2003年以降で110社が消滅 〜 業歴30年以上の老舗業者が8割超 〜はじめに11月7日に予定されていた築地市場の豊洲新市場への移転について、東京都の小池知事は8月31日、当面延期することを表明した。水産関係を中心とする市場内企業の中には、長引く業績不振から経営的な余力に乏しい業者もあり、なかには倒産や廃業に追い込まれるケースも見られる。帝国データバンクは、集計可能な2003年1月から2016年8月までに倒産(負債1000万円以上、法的整理

2016年9月1日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

クラフトビールメーカー166社の実態動向調査

2016/9/1クラフトビールメーカー166社の実態動向調査クラフトビールメーカー、“94年組”が躍進 〜 停滞期を脱し、ブームも定着へ 〜はじめに“クラフトビール”のブームが継続している。クラフトビールとは、小規模なビール醸造所で製造される地ビールのこと。業態としては“直販”、ブルワリー(醸造所)に併設されたビアパブやレストランで飲食に供されることが多く、出荷数量としては“外販”、樽生や瓶詰め、缶詰めが多い。小売店の店頭でもよく目につく商品だ。 もともとは、94年の酒税法改正でビールの酒類製造

2016年7月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査

2016/6/272015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査工事受注高、5年ぶりの減少〜 官需の伸び率減少へ、民需は伸長続く 〜はじめに上場建設会社の2015年度決算が出揃った。2015年12月に実施した前回調査(2015年度第2四半期業績)では、中間期時点の受注高が前年同期比で7.4%減少。特に、官公庁向けの受注は同30.4%の大幅減となったこともあって、自民党政権発足以来の公共工事による建設好況に変調の兆しが見られ、年度通期での失速が予想されていた。帝国データバンクは、全国の主

2016年6月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

太陽光関連業者の倒産動向調査

2016/6/8太陽光関連業者の倒産動向調査太陽光関連の倒産増加、鮮明に〜 買取価格、出荷量の低下が影を落とす 〜はじめに太陽光関連企業の倒産が増えている。太陽光の買取価格は4年連続で引き下げられており、企業向け、家庭向けともに大幅に下落した。急速な市場拡大から数年、最近では一部業者に対する信用不安が囁かれるなど、状況が変わりつつある。帝国データバンクでは、2006年1月から2016年5月までに151社あった太陽光関連企業(※)の倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)について、倒産件数・負債

2016年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0デジタル家電

楽器小売事業者の経営動向調査

2016/5/31楽器小売事業者の経営動向調査少子化影響でソフト戦略重視へ〜 6割超が「音楽教室」併設、生き残り模索〜はじめに6月6日は1970年に全国楽器協会によって制定された「楽器の日」。古くから言われている「芸事の稽古はじめは、6歳の6月6日にする」との習わしに由来しているという。しかし、1970年に193万人だった出生数は、2014年には100万人にまで減少。少子化による業界への影響が懸念されるなか、本業である楽器小売事業とともに子供や高齢者を対象とした習い事やイベントを連動させた展開が

2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連業者の倒産動向調査

2016/4/8アパレル関連業者の倒産動向調査円安、消費不振で4年ぶり300件超え〜 小売は増税の影響一巡で減少 〜はじめに2014年4月の消費税増税や2012年以降急激に進んだ円安など、アパレル関連業者の経営環境が著しく悪化、昨年後半から倒産件数も増加に転じはじめている。加えて、この秋冬シーズンは、記録的な暖冬によりアパレル企業にとって稼ぎ頭である重衣料の販売が不調に終わったことから、さらに倒産が増加する懸念もある。こうした状況を踏まえて、帝国データバンクは、2015年度(2015年4月〜20

2016年2月7日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

Assembling the DevOps Jigsaw (DevOpsのパズルを組み立てる)

CA Technologiesの調査で、 DevOpsへの関心は高いものの課題への取り組みが遅れていることが明らかに 日本では過半数が採用を進めていると回答、DevOpsの実現には9つの課題への取り組みが不可欠 CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、DevOpsの採用に関する世界規模の調査結果を発表しました。本調査では、全回答者のうち71%がDevOpsの採用を進めている中で、DevOpsの成功に必要なすべての取り組みが完了してい

2016年1月4日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2015/12/242015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高は前年同期比7.4%の減少に転じる〜 公共工事受注3割減が影響 〜はじめに上場建設会社の2015年度第2四半期決算が出揃った。2015年6月に実施した前回調査(2014年度通期業績)では、2020年の東京五輪に象徴される再開発、国土強靭化計画に基づくインフラ工事の活況で、2014年度(個別受注高の判明している51社ベース)の受注高は前年度比9.9%増。リーマン・ショック以降、おおよそ5〜7%台で推移してい

2015年12月1日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2015年)

2015/11/26全国メーンバンク調査(2015年)地銀シェア拡大傾向に足踏み感〜 首位は7年連続の三菱東京UFJ 〜はじめに11月2日、北関東に基盤を持つ常陽銀行と足利ホールディングス(傘下に足利銀行)が2016年10月の経営統合を発表した。来年4月には、コンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行・東日本銀行)が発足するほか、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)も新銀行東京を迎え入れる予定となっており、関東圏での地方銀行の再編がここに来て急ピッチで進んでいる。これ

2015年10月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

システム・ソフトウエア開発業者の倒産・経営動向調査

2015/10/27システム・ソフトウエア開発業者の倒産・経営動向調査2015年は9月までに116件、2012年以降減少続く〜 事業者の約4割が東京都に集中 〜はじめに2000年のITバブルを機に相次いで設立されたシステム・ソフトウエア開発業者。近時はクラウドシステムの普及やマイナンバー、法人番号への対応など事業者にとって受注増につながる要素は増えているように映るが、小規模事業者が大半を占める業界であるだけに、情報漏洩への対応などから、大手志向になってしまう傾向が強い。帝国データバンクは、システ

2015年9月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の業績動向調査

2015/9/29アパレル関連企業の業績動向調査2014年度は約半数が業績悪化〜 2割超の企業が赤字に 〜はじめにここ3年ほどで急激に進んだ円安による仕入コストの上昇や、2014年4月の消費増税の影響に伴う消費の低迷などから、アパレル業界の経営環境は非常に厳しい状況が続いている。加えて、2014年度以降はアパレル関連企業の倒産が増加に転じているほか、一部大手アパレル企業でも業績悪化を余儀なくされており、その動向が注目されている。そうした状況を踏まえて、帝国データバンクは、2012年度〜2014年

2015年7月23日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

出版関連業者の経営動向調査

2015/7/23出版関連業者の経営動向調査総売上高は5年間で1兆2500億円消失〜 大手と中小で出版社の収益状況は2極化 〜はじめに電子書籍の台頭や、活字離れが騒がれるなか、出版業界を取り巻く環境は大きく変化している。大手企業は、こうした変化をビジネスチャンスと捉えデジタルコンテンツの充実を図るなど対策を立てている一方、大半の出版業者は厳しい経営環境を強いられており、老舗出版業者の倒産も散見される。また、今年6月には準大手の出版取次業者である栗田出版販売(株)が民事再生法の適用を申請。同社の倒

2015年6月23日帝国データバンク★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界です。

2014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査

2015/6/232014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査売上総利益率10%の大台に〜 リーマン・ショック以来の高水準 〜はじめに上場建設会社の2014年度決算が出揃った。2014年12月に実施した前回調査(2014年度第2四半期業績)では、民間工事に減速感がありつつも、公共工事の増加は続き、売上総利益率は上昇。ゼネコン各社が着実に利益を確保していることが明らかになっている。資材価格の高騰、人手不足等のマイナス要因も存在するなか、ゼネコン各社がどこまで利益水準を高めることができた

2015年4月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査

2015/4/15長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査2014年度は6件に急増、過去最多と並ぶ〜 破産申請準備中も3件判明、厳しい経営環境続く 〜はじめに全国的に倒産減少傾向が長期化している。既報の通り、2014年度(2014年4月〜2015年3月)に県内では85件の倒産(法的整理、負債1000万円以上)が発生したが、3年連続の減少となるとともに、比較可能な2005年度(同年度に倒産集計の対象を法的整理に限定)以降の最低を2年続けて更新した。前年度比では12.4%減、この間のピークである20

2015年4月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/4/8特別企画 : アパレル関連業者の倒産動向調査アパレル小売、円安と消費低迷の板ばさみで悪化 〜 年明け以降は卸・小売とも軟調 〜はじめに2014年度における全体の倒産件数は8年ぶりに1万件を下回った。その一方で、アパレル関連業者にとっては、昨年4月の消費増税に伴う消費低迷や10月末のサプライズ金融緩和以降に急激に進んだ円安など、不安定な経営環境が続く。本格的な消費の回復が遅れるなか、 “不要不急”であるアパレル関連商品の販売動向や関連企業の倒産動向に与える影響が注目されている。 そ

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

熊本県メーンバンク調査

2015/3/24熊本県メーンバンク調査トップは肥後銀行、シェアは6割にせまる〜 上位10行に順位変動なし 〜はじめに2014年11月10日、九州の有力地銀である肥後銀行と鹿児島銀行が、統合に向け交渉していることを正式発表。その4日後には、地銀トップの横浜銀行と、都内に本店を置く東日本銀行が経営統合検討を発表するなど、ここに来て各地で「地銀再編」の機運が高まっている。中小企業からも、資金調達先である金融機関の再編には高い関心が寄せられている。事業承継・廃業支援など政府による「新陳代謝」促進も活発

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査

2015/3/26第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査100社売上高 前期比11.9%増〜 全6県で増収増益、好調さが浮き彫りに 〜はじめに東日本大震災では、宮城県で1171万トン、岩手県で429万トン、福島県で280万トンと、被災3県で1880万トンもの震災ガレキが発生し(環境省調べ)、2014年3月までにほぼすべての処理を完了した。また、消費税増税前の住宅購入の駆け込みで、解体・産廃処理需要が増加したうえ、アベノミクス効果による円安、スクラップ相場の上昇基調などで廃

2015年3月11日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

医療機関の休廃業・解散動向調査

2015/3/11医療機関の休廃業・解散動向調査医療機関の休廃業・解散、5年で3倍に急増 〜 医師の地域偏在や後継者難で増加 〜はじめに医療機関の倒産件数が2012年以降、減少するなか、医療機関の休廃業・解散件数は増加傾向にある。近年の医療施設数(厚生労働省発表)は、「病院」が減少する一方、「診療所」「歯科医院」は、2012年、2013年と増加。特に都市部に集中する「診療所」と「歯科医院」の競合が激化するほか、地方においては、医師の不足や地域偏在などで、廃業や撤退を余儀なくされる小規模業者が増え

2015年3月10日帝国データバンク★★フィードバック数:0マーケティング

通販業者についての市場レポートです。

通信販売業者174社の業績動向調査

2015/3/9通信販売業者174社の業績動向調査スマホ取引拡大で通販市場に追い風 〜 アスクル、オフィス向け通販を押し上げ 〜はじめにカタログやテレビ、ラジオなどの媒体を用いて、消費者へPRすることで販売につなげる通信販売業者。既存メディアに加えて、インターネット市場が目覚しい成長を遂げ、近時ではスマートフォンやタブレットの普及でネットを介した通信販売が消費者に浸透し、マーケットが拡大している。外出しなくても買い物ができるなど利便性が高く、わが国の高齢化が進むなかでシニア層を中心に通信販売の利

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県水産加工業 主要100社の業績動向調査

2015/2/26東北6県水産加工業 主要100社の業績動向調査主要100社の売上高、震災前の95%にまで回復はじめに東日本大震災で大きな被害を受けた水産加工業。漁業者や養殖業者など生産者のバックヤードとして、また大量の労働者の受け皿として、地元経済への貢献度は高く、早期の復興が望まれている。復旧費の4分の3を国や県が補助するグループ化補助金が後押しとなって設備の復旧は進んだが、各企業での業績のバラツキは大きく、水産業全体の復興までの道のりに難題も多い。そこで帝国データバンク仙台支店は、東北6県

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

道内メーンバンク調査(2014年)

2015/2/16道内メーンバンク調査(2014年)北洋銀行が6年連続してトップに、社数は5年連続して増加〜 信用金庫では帯広信金が首位に 〜はじめにアベノミクスによる未曾有の金融緩和政策が続き、手元流動性が高まるなか、資金運用を求める金融機関にとっては、融資開拓に際してのメーンの座の獲得は大きな課題ともいえる。企業側からも、資金調達に際しての条件など金融機関の対応には高い関心が寄せられている。また、事業承継・廃業支援など政府による「新陳代謝」促進が活発化するなか、金融機関のアドバイザーとしての

2015年2月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県トラック運送業 主要100社の業績動向調査

2015/1/29東北6県トラック運送業 主要100社の業績動向調査主要100社の売上高5.7%増〜 復興・駆け込み需要や運賃値上げが効果大 〜はじめに東北地方では、建設業を中心とした復興需要が続いているほか、トヨタ自動車東日本の進出による自動車関連の輸送需要が運送業界を下支えしている。一方で消費税増税後は消費が低迷しているほか、急激な円安および燃料費の高騰・急落など、2014年は運送業にとって波乱含みの1年となった。そこで帝国データバンク仙台支店は、東北6県におけるトラック運送業者を対象に、2

2015年1月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要111行の業種別貸出金残高調査

2015/1/22国内主要111行の業種別貸出金残高調査「情報通信業」向けの増加が顕著に 〜 建設業向け融資は大手銀、地銀、第二地銀すべてで減少 〜はじめに地方の活性化、人口減少に歯止めをかけることなどを目的として、安倍政権下で進められている地方創生。今後の具体的な取り組みに伴い、新規参入分野・市場動向とともに、それぞれの事業を支援する立場となる各金融機関の動向も注目される。 帝国データバンクは、国内主要111行(大手銀行7行(※1)、地方銀行64行、第二地方銀行40行(※2))の2014年9月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ