「機械受注」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月20日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年7月実績:機械受注統計調査報告

平成28年7月実績:機械受注統計調査報告 平成28年9月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、2016(平成28)年6月前月比10.1%増の後、7月は同2.8%減の2兆1,489億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比1.2%減の9,838億円、官公需は同22.0%増の2,919億円、外需は同11.7%減の7,248億円、代理店は同4.1%増の1,189億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、2

2015年6月11日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成27年4月実積)

平成27年4月実績:機械受注統計調査報告 平成27年6月10日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、27年3月前月比1.8%増の後、4月は同1.1%減の2兆4,559億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比16.5%減の1兆456億円、官公需は同45.3%増の3,191億円、外需は同7.0%減の8,583億円、代理店は同9.7%増の1,042億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、27年3月前月比2

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月機械受注弱気のコンセンサスを大幅に上回る良好な結果 2015年6月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.8%となり、市場コンセンサス(同▲2.1%)を上回った。前月に内閣府より公表された見通しでは4-6月期に大幅な減少が見込まれていたことから、機械受注の減少

2015年5月18日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成27年3月実積および平成27年4~6月見通し)

平成27年3月実績および平成27年4~6月見通し:機械受注統計調査報告 平成27年5月18日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、27年2月前月比0.0%減の後、3月は同1.8%増の2兆4,820億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比24.9%増の1兆2,524億円、官公需は同19.3%減の2,196億円、外需は同13.5%減の9,225億円、代理店は同8.2%減の950億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の

2015年5月18日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2015年3月) ~1-3月期は良好な結果も、4-6月期は減少見込み~

機械受注統計調査(2015年3月) ~1-3月期は良好な結果も、4-6月期は減少見込み~

2015年5月18日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月機械受注足下は堅調も、先行きには警戒が必要 2015年5月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同+1.5%)を上回った。機械受注の増加傾向が続いていることを確認する良好な結果であった。ただし、4-6月期見通しでは、急減が見込ま

2015年4月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月機械受注前月比減少も市場コンセンサスを上回る 2015年4月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年2月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.4%となったものの、市場コンセンサス(同▲2.2%)を上回った。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.9%と2ヶ月ぶりに増加した。企業収益の改善を背景に

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2015年2月) ~減少は小幅に留まる。1-3月期見通し達成の可能性が高まった~

機械受注統計調査(2015年2月) ~減少は小幅に留まる。1-3月期見通し達成の可能性が高まった~

2015年4月13日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成27年2月実績)

平成27年2月実績:機械受注統計調査報告 平成27年4月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、27年1月前月比14.2%増の後、2月は同1.4%減の2兆4,745億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比10.4%減の9,934億円、官公需は同21.9%減の2,706億円、外需は同8.0%増の1兆703億円、代理店は同6.1%増の1,054億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、27年1月前月比

2015年3月12日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2015年1月) ~減少は小幅も、見た目以上に良くない結果~

機械受注統計調査(2015年1月) ~減少は小幅も、見た目以上に良くない結果~

2015年3月11日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成27年1月実績)

平成27年1月実績:機械受注統計調査報告 平成27年3月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年12月前月比8.6%増の後、27年1月は同14.2%増の2兆5,084億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比10.7%増の1兆1,087億円、官公需は同25.8%増の3,467億円、外需は同24.2%増の9,906億円、代理店は同13.9%減の993億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26

2015年3月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月機械受注前月比減少も持ち直しの動きは継続 2015年3月11日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲1.7%となったものの、市場コンセンサス(同▲4.0%)は上回った。前月の増加幅に比べると、減少幅は限定的であり、均してみると機械受注は持ち直しの動きを続けている。◆需

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済1 月 27〜28 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)の現状維持を決 定し、政策の正常化に向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、 「相当な期間維 持する」との文言は削除された。インフレ率については「中長期的に 2%に向けて徐々に上昇す る」との見通しを示した一方、利上げ時期については「国際情勢」に関するデータを考慮する意 向も追加した。  米国の経済指標をみると、雇用統計(1 月)の失業率は

2015年2月13日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年12月) ~10-12月期は横ばいも、先行きは増加が示唆される~

機械受注統計調査(2014年12月) ~10-12月期は横ばいも、先行きは増加が示唆される~

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月機械受注このところの減速懸念を払しょくする強い結果 2015年2月12日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年12月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+8.3%となり、市場コンセンサス(同+2.3%)を上回る結果となった。このところ機械受注はやや減速感が見られていたが、増加傾向が続いていることを確認させる

2015年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2015年2月9日~2月13日)

経済指標解説2015 年 2 月 6 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測(2/9~2/13)藤 貴伸03-3591-1340【来週の注目材料】※( )内はみずほ総研予想9日 :12月の経常収支(2,837億円の黒字):1月の景気ウォッチャー調査:1月の消費動向調査10日 :1月のマネーストック:12月の第3次産業活動指数(前月比▲0.2%、前年比▲0.6%)12日 :12月の機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比+0.5%、前年比+3.4%):1月の国内企業物価指数(前月比▲0.7%、

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済12 月 16〜17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)について、前 回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対 応するという方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1 月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。  米国の経済指標をみると、雇用統計(12 月)の失業率は 5.6

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年11月) ~前月比プラスだが、物足りない結果~

機械受注統計調査(2014年11月) ~前月比プラスだが、物足りない結果~

2015年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2015年1月19日~1月23日)

経済指標解説2015 年 1 月 16 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測(1/19~1/23)藤 貴伸03-3591-1340【来週の注目材料】※( )内はみずほ総研予想19日 :11月の設備稼働率:12月の消費動向調査21日 :11月の全産業活動指数(前月比+0.3%、前年比▲1.9%):日銀金融政策決定会合(20・21日):日銀総裁定例記者会見22日 :日銀金融経済月報(1月)景気ウォッチャー調査の13 日に発表された 12 月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DI現状判断

2015年1月15日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年11月実績)

平成26年11月実績:機械受注統計調査報告 平成27年1月15日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年10月前月比2.9%減の後、11月は同10.4%減の2兆222億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比10.6%減の8,525億円、官公需は同7.5%減の2,487億円、外需は同6.0%減の8,562億円、代理店は同11.6%減の987億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年10月前月比

2015年1月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2015年1月13日~1月16日)

経済指標解説2014 年 1 月 9 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測松浦大将(1/13~1/16)hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1435)内はみずほ総研予想13日 :11月の経常収支(1,111億円の黒字):12月の景気ウォッチャー調査14日 :12月のマネーストック15日 :11月の機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比+4.6%、前年比▲11.8%):12月の国内企業物価指数(前月比▲0.3%、前年比+2

2014年12月12日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年10月) ~5ヶ月ぶりの減少だが、持ち直し基調は維持~

機械受注統計調査(2014年10月) ~5ヶ月ぶりの減少だが、持ち直し基調は維持~

2014年12月11日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年10月実績)

平成26年10月実績:機械受注統計調査報告 平成26年12月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年9月前月比8.0%増の後、10月は同2.9%減の2兆2,563億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比7.9%減の9,532億円、官公需は同4.8%増の2,688億円、外需は同4.6%減の9,109億円、代理店は同6.1%増の1,117億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年9月前月比

2014年12月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月機械受注5ヶ月ぶりの減少も、均せば上向きの動きが続く 2014年12月11日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲6.4%となり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回る結果となった。5ヶ月ぶりの減少となったものの、均せば方向感としては上向いており、機械受注は持ち

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済10 月 28〜29 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初 850 億ドル)を 10 月末をもってゼロとし、12 年 9 月に開始した量的緩和策第 3 弾(QE3)を終了することが決まっ た。また、政策金利(0〜0.25%)については今後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて 示したほか、 今後発表される経済指標の動向次第によって利上げ時期の前倒し、 あるいは先送り を決定するとの方針も示した。  米国の経済指標を

2014年11月14日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年9月) ~4ヶ月連続の増加と持ち直し基調継続~

機械受注統計調査(2014年9月) ~4ヶ月連続の増加と持ち直し基調継続~

2014年11月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月機械受注製造業・非製造業とも堅調な結果 2014年11月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同▲1.0%)を大幅に上回る結果となった。4ヶ月連続の増加であり、機械受注は増加傾向となっている。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前

2014年11月13日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年9月実績および平成26年10~12月見通し)

平成26年9月実績および平成26年10~12月見通し:機械受注統計調査報告 平成26年11月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年8月前月比2.2%減の後、9月は同8.0%増の2兆3,246億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比19.2%増の1兆346億円、官公需は同21.0%増の2,565億円、外需は同9.4%減の9,552億円、代理店は同2.5%増の1,053億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済9 月 16〜17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から 150 億ドルに減額することを決めるとともに、 米国経済が予想通り順調に推移すれば同買入れ策 を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0〜0.25%)については QE3 終了後も 「相当な期間」維持する

2014年10月9日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年8月実績)

平成26年8月実績:機械受注統計調査報告 平成26年10月9日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年7月前月比13.5%減の後、8月は同2.2%減の2兆1,527億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比12.4%減の8,678億円、官公需は同29.9%減の2,119億円、外需は同29.1%増の1兆547億円、代理店は同3.6%減の1,027億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年7月前月比

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済9 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から150 億ドルに減額することを決めるとともに、同買入れ策を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0∼0.25%)については QE3 終了後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて示した一方、同時に公表された経済

2014年9月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2014年7月) ~持ち直しつつあるものの、ペースは緩やか~

機械受注統計調査(2014年7月) ~持ち直しつつあるものの、ペースは緩やか~

2014年9月10日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年7月実績)

平成26年7月実績:機械受注統計調査報告 平成26年9月10日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年6月前月比17.1%増の後、7月は同13.5%減の2兆2,013億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比16.4%増の9,906億円、官公需は同9.3%増の3,024億円、外需は同42.6%減の8,169億円、代理店は同2.3%増の1,065億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年6月前月比

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月機械受注力強さには欠くが、持ち直しの兆し 2014年9月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.5%となり、市場コンセンサス(同+4.0%)から若干下振れする結果となった。4月(同▲9.1%)、5月(同▲19.5%)の大幅な減少に照らすとやや力強さに欠くものの、

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook NISAシーズン

Global Market OutlookNISAシーズン2014年8月14日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均株価 11:49 現在(円)終値日経平均※15304.62NYダウ16,651.80DAX(独)9,198.88FTSE100(英)6,656.68CAC40(仏)4,194.79<外国為替>※ドル円102.58 円ユーロドル1.3359 ㌦<長期金利>※日本0.504 %米国2.417 %英国2.441 %ドイツ1.

2014年8月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月機械受注増加幅は限定的だが、先行きは緩やかな回復へ 2014年8月14日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年6月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+8.8%と3ヶ月ぶりに増加したものの、市場コンセンサス(同+15.3%)を下回った。4月(同▲9.1%)、5月(同▲19.5%)の落ち込みに照らすと、増加幅は

2014年8月14日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年6月実績および平成26年7~9月見通し)

平成26年6月実績および平成26年7~9月見通し:機械受注統計調査報告 平成26年8月14日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年5月前月比30.5%減の後、6月は同17.1%増の2兆5,451億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比0.5%増の8,513億円、官公需は同24.0%減の2,766億円、外需は同62.8%増の1兆4,226億円、代理店は同3.1%増の1,041億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済6 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル、昨年 12 月以降 FOMC ごとに 100 億ドルずつ減額)を、7 月から 350 億 ドルに減額することを決めた。なお、順調に経済状況の改善が進めば、10 月にも QE3 が終了す るとの見通しが示された。また、政策金利(0〜0.25%)については、労働市場のほかにもイン フレ関連指標や金融情勢指標な

ICT関連設備投資-5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)

ICT関連設備投資−5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 ICT関連経済の各指標も5月の数字が出そろった。全体は次回に触れるとして、今回は新聞でも大きく取り上げられた機械受注(民需)についてICT関連経済の状況を確認しよう。機械受注(民需)は、設備投資の先行指標として注目される。ICT関連経済では、それを設備投資の代理指標として見ているわけだが、その数字がどうなったか。ICT関連設備投資は対

2014年7月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 機械受注忘れて短観思い出す

Financial Trends 機械受注忘れて短観思い出す

2014年7月10日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年5月実績)

平成26年5月実績:機械受注統計調査報告 平成26年7月10日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年4月前月比34.8%増の後、5月は同30.5%減の2兆1,735億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比19.6%減の8,472億円、官公需は同22.4%増の3,637億円、外需は同45.9%減の8,737億円、代理店は同2.2%増の1,009億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年4月前

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月機械受注市場予想を大幅に下回るネガティブな内容 2014年7月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲19.5%と2ヶ月連続で減少した。市場コンセンサス(同+0.7%)を大幅に下回っており、ネガティブな内容であった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲18.

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 17∼18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 1 月(650 億ドル)、同年 3 月(550億ドル)、同年 4 月(450 億ドル)の FOMC に続いて減額し、350 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほかにもインフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報

2014年6月12日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年4月実績)

平成26年4月実績:機械受注統計調査報告 平成26年6月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年3月前月比4.0%増の後、4月は同34.8%増の3兆1,260億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比2.1%減の1兆541億円、官公需は同40.5%増の2,971億円、外需は同71.3%増の1兆6,148億円、代理店は同27.3%増の987億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、26年3月前月比

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年4月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月機械受注減少幅は小さく、増加基調に変化なし ◆2014年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲9.1%と2ヶ月ぶりに減少したものの、市場コンセンサス(同▲10.8%)を上回った。前月大幅に増加した反動で減少したが、減少幅は想定より小さく概ね良好な結果であったと捉えている。機械受注は、均してみると増加が続いているといえよう。◆需要者別に内訳を見る

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済4 月 29〜30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル) 、14 年 1 月(650 億ドル) 、同年 3 月(550 億ドル)の各 FOMC に続いて減額し、5 月から 450 億ドルとすることを決めた。また、政策金利 (0〜0.25%)については、3 月の FOMC で、労働市場のほかインフレ関連指標や金融情勢指標な

2014年5月19日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成26年3月実績および平成26年4~6月見通し)

平成26年3月実績および平成26年4~6月見通し:機械受注統計調査報告 平成26年5月19日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、26年2月前月比3.3%減の後、3月は同4.0%増の2兆3,198億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比17.3%増の1兆765億円、官公需は同18.5%減の2,115億円、外需は同3.2%増の9,429億円、代理店は同22.0%減の776億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向

2014年5月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月機械受注市場予想を上回る良好な結果。見通しも堅調 ◆2014年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+19.1%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+5.8%)を大幅に上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は増加基調に復した格好だ。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+23.7%と2ヶ月ぶりに増加した

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済3 月 18〜19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル) 、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小 し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0〜0.25%)については、労働 市場のほか、 インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、 インフレ率が 引き続き FOMC の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ