「機械受注」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年10月実績)

平成25年10月実績:機械受注統計調査報告 平成25年12月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年9月前月比13.2%増の後、10月は同4.6%減の2兆2,896億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比7.0%増の1兆62億円、官公需は同26.2%減の2,820億円、外需は同16.0%減の8,830億円、代理店は同13.2%増の1,054億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年9月前

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月機械受注製造業は6ヶ月ぶりの減少も非製造業が全体を押し上げ ◆2013年10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+0.6%と2ヶ月ぶりに増加し、概ね市場コンセンサス(同+0.7%)通りの結果となった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲0.2%と6ヶ月ぶりの減少となった。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比+11.5%と2ヶ月ぶりに増加し

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年9月) ~増加傾向継続。10-12月期も前期比増加を予測~

機械受注統計調査(2013年9月) ~増加傾向継続。10-12月期も前期比増加を予測~

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月機械受注非製造業が全体を押し下げるも、製造業は堅調な推移 ◆2013年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲2.1%と2ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回った。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、3ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+4.1%と5ヶ月連続の増

2013年11月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年9月実績および平成25年10~12月見通し)

平成25年9月実績および平成25年10~12月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年11月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年8月前月比4.5%増の後、9月は同13.2%増の2兆3,999億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比0.9%減の9,402億円、官公需は同42.9%増の3,822億円、外需は同12.1%増の10,510億円、代理店は同4.2%減の931億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需

2013年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年8月) ~良好な結果。設備投資の持ち直し継続を支持する内容~

機械受注統計調査(2013年8月) ~良好な結果。設備投資の持ち直し継続を支持する内容~

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年8月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+5.4%と3ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+2.5%)を上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+0.8%と4ヶ月連続の増加となった。「石油製品・石炭製品」が前月比+223.2%と大幅に増加し

2013年10月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年8月実績)

平成25年8月実績:機械受注統計調査報告 平成25年10月10日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年7月前月比4.4%増の後、8月は同4.5%増の2兆1,203億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.2%増の9,483億円、官公需は同8.3%減の2,674億円、外需は同22.4%増の9,377億円、代理店は同2.4%増の972億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年7月前月比0.0%

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年7月) ~設備投資の増加継続を示唆~

機械受注統計調査(2013年7月) ~設備投資の増加継続を示唆~

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月機械受注コンセンサスを下回るも良好な結果 ◆2013年7月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.0%と2ヶ月連続で減少し、市場コンセンサス(同+2.4%)を下回った。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+4.8%と3ヶ月連続の増加であった。「パ

2013年9月12日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成25年7月実績)

平成25年7月実績:機械受注統計調査報告 平成25年9月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年6月前月比14.3%減の後、7月は同4.4%増の2兆291億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.4%増の9,192億円、官公需は同12.9%増の2,917億円、外需は同1.4%増の7,660億円、代理店は同3.0%減の949億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年6月前月比2.7%減の

2013年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 機械受注は「半返し」達成

GlobalMarket Outlook 機械受注は「半返し」達成

2013年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年6月) ~持ち直しの動きは続いている~

機械受注統計調査(2013年6月) ~持ち直しの動きは続いている~

2013年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月機械受注4-6月期は前期比+6.8%と増加、非製造業の改善には一服感も ◆2013年6月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりに減少したが、市場コンセンサス(同▲7.0%)を上回った。この結果、4-6月期の民需(除く船舶・電力)は前期比+6.8%と5四半期ぶりの増加となった。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+2.4%と2

2013年8月13日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成25年6月実績および平成25年7~9月見通し)

平成25年6月実績および平成25年7~9月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年8月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年5月前月比12.0%増の後、6月は同14.3%減の1兆9,443億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比6.0%減の8,888億円、官公需は同28.2%減の2,584億円、外需は同16.7%減の7,553億円、代理店は同6.6%増の978億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)を据え置き、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、これを維持する方針を決めた。また、月額 850億ドルの資産を買い入れる量的緩和策(QE3)については、バーナンキ議長の発言から FOMC 後

2013年7月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年5月) ~設備投資は持ち直しへ~

機械受注統計調査(2013年5月) ~設備投資は持ち直しへ~

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月機械受注非製造業で設備投資活発化の動き ◆2013年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+10.5%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+1.9%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.8%と2ヶ月ぶりの増加、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比+25.4%と2ヶ月ぶりの増加となった。製造業では、「化学工業」や「

2013年7月11日内閣府フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成25年5月実績)

平成25年5月実績:機械受注統計調査報告 平成25年7月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年4月前月比14.2%減の後、5月は同12.0%増の2兆2696億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比12.4%増の9,455億円、官公需は同44.8%増の3,599億円、外需は同10.3%増の9,066億円、代理店は同22.7%増の918億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年4月前月比

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

機械受注統計調査(2013年4月) ~基調は上向き始めた可能性~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2013年4月)発表日 2013年6月12日(水)~基調は上向き始めた可能性~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525民需代理店製造業船舶・電力除く前期比121-3月1.54-6月▲ 2.67-9月▲ 1.310-12月▲ 0.8131-3月▲ 0.04-6月(見)(▲ 1.5)121月1.72月4.03月▲ 3.04月2.65月▲ 7.16月1.47月1.78

2013年6月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月機械受注単月では減少したが、反動減を除けば良好な結果 ◆2013年4月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)が、前月比▲8.8%と3ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲8.1%)を下回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比▲7.3%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比▲6.0%と3ヶ月ぶりの減少となった。前月からの反動減の影響は

2013年6月12日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年4月実績)

平成25年4月実績:機械受注統計調査報告 平成25年6月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年3月前月比27.8%増の後、4月は同14.2%減の2兆267億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比12.4%減の8,411億円、官公需は同6.3%減の2,485億円、外需は同19.9%減の8,217億円、代理店は同38.2%減の748億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年3月前月比14

2013年5月21日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

機械受注統計調査(2013年3月) ~予想を上回る増加。4-6月期見通しは見た目ほど悪くない~

機械受注統計調査(2013年3月) ~予想を上回る増加。4-6月期見通しは見た目ほど悪くない~

2013年5月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年3月実績および平成25年4~6月見通し)

平成25年3月実績および平成25年4~6月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年5月17日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、25年2月前月比0.9%増の後、3月は同27.8%増の2兆3,618億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比22.3%増の9,598億円、官公需は同15.2%増の2,651億円、外需は同52.1%増の10,254億円、代理店は同35.2%増の1,209億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月機械受注製造業の増加見通しは設備投資増加の兆しか? ◆2013年3月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+14.2%と2ヶ月連続のプラスとなり、市場コンセンサス(同+3.5%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+13.3%と2ヶ月連続の増加、非製造業(船舶・電力を除く)は前月比+14.3%と2ヶ月連続の増加となった。加工組立業種から

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年2月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月機械受注2ヶ月ぶりの増加となったが、基調は弱い ◆2月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+7.5%と2ヶ月ぶりのプラスとなり、市場コンセンサス(同+6.9%)を上回った。ただし、基調を確認するために3ヶ月移動平均で見ると、2ヶ月連続のマイナスとなっていること、民需の60%以上を占める非製造業からの受注が低位で推移していることなどから、機械受注は弱含みが続

2013年4月11日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成25年2月実績)

平成25年2月実績:機械受注統計調査報告 平成25年4月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、25年1月前月比3.0%減の後、2月は同4.6%増の1兆8,807億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比0.1%増の7,740億円、官公需は同21.5%増の2,185億円、外需は同8.0%増の7,211億円、代理店は同1.6%減の888億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年1月前月比13.1%

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月機械受注内外需ともに大幅減少したものの、明るい材料も少なくない ◆2013年1月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比▲13.1%と、4ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を大幅に下回った。基調を見るために3ヶ月移動平均で見ても、3ヶ月ぶりのマイナスとなっている。ただし、業種別に内訳を見ると、増加している業種も多くみられることから、1月の

2013年3月11日内閣府フィードバック数:4社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年1月実績)

平成25年1月実績:機械受注統計調査報告 平成25年3月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年12月前月比1.6%減の後、25年1月は同3.0%減の1兆7,976億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比7.2%減の7,729億円、官公需は同26.1%減の1,798億円、外需は同4.8%減の6,675億円、代理店は同0.7%減の902億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年12月前月比

2013年2月7日内閣府フィードバック数:1社会/政治

機械受注統計調査報告(平成24年12月実績および平成25年1~3月見通し)

平成24年12月実績および平成25年1~3月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年2月7日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年11月前月比5.3%増の後、12月は同1.6%減の1兆8,530億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比9.8%減の8,331億円、官公需は同16.4%増の2,433億円、外需は同12.6%減の7,012億円、代理店は同3.4%増の909億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動

2013年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

11月機械受注 内・外需ともに堅調

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆11月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比+3.9%と2ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を上回った。基調を3ヶ月移動平均で見ると、3ヶ月ぶりの増加に転じており、これまで続いてきた減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆業種別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。パルプ・紙・紙加工品の大幅増は、大型案件等の特殊要因

2013年1月16日内閣府フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年11月実績)

平成24年11月実績:機械受注統計調査報告 平成25年1月16日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年10月前月比1.6%減の後、11月は同5.3%増の1兆8,827億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比15.2%増の9,235億円、官公需は同2.6%減の2,091億円、外需は同17.0%増の8,020億円、代理店は同6.4%増の879億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年10月前月比

2012年12月12日内閣府フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年10月実績)

平成24年10月実績:機械受注統計調査報告 平成24年12月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年9月前月比9.6%増の後、10月は同1.6%減の1兆7,873億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比10.7%減の8,015億円、官公需は同18.7%減の2,146億円、外需は同9.4%増の6,854億円、代理店は同2.5%減の826億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年9月前月比4

2012年11月8日内閣府フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年9月実績および平成24年10~12月見通し)

平成24年9月実績および平成24年10~12月見通し:機械受注統計調査報告 平成24年11月8日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年8月前月比12.6%減の後、9月は同9.6%増の1兆8,160億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比15.4%増の8,975億円、官公需は同22.4%増の2,638億円、外需は同0.0%増の6,264億円、代理店は同4.0%増の847億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の

2012年10月11日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年8月実績)

平成24年8月実績:機械受注統計調査報告 平成24年10月11日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年7月前月比2.6%減の後、8月は同12.6%減の1兆6,573億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比13.7%減の7,779億円、官公需は同7.1%減の2,156億円、外需は同14.7%減の6,263億円、代理店は同22.0%減の814億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年7月前月比4

2012年9月12日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成24年7月実績)

平成24年7月実績:機械受注統計調査報告 平成24年9月12日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年6月前月比7.4%増の後、7月は同2.6%減の1兆8,972億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比4.3%増の9,009億円、官公需は同13.5%減の2,321億円、外需は同3.0%増の7,340億円、代理店は同14.1%増の1,043億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年6月前月比5.

2012年8月9日内閣府フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年6月実績および平成24年7~9月見通し)

平成24年6月実績および平成24年7~9月見通し:機械受注統計調査報告 平成24年8月9日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年5月前月比14.5%減の後、6月は同7.4%増の1兆9,477億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比9.3%増の8,637億円、官公需は同19.2%増の2,683億円、外需は同9.8%減の7,126億円、代理店は同5.3%減の914億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見

2012年7月10日内閣府フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年5月実績)

平成24年5月実績:機械受注統計調査報告 平成24年7月9日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年4月前月比4.0%減の後、5月は同14.5%減の1兆8,137億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比21.0%減の7,901億円、官公需は同21.8%減の2,250億円、外需は同0.3%増の7,901億円、代理店は同8.7%増の965億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年4月前月比5.7%

2012年7月9日内閣府フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年5月実績)

統計表一覧:機械受注統計調査報告平成29年(2017年)1月調査において、季節調整値の改訂を行いました。平成23年(2011年)4月調査より、需要者分類等が一部変更となりました。(機械受注統計調査は携帯電話を含まない調査に変わりました。) 機械受注統計調査票における需要者分類等の変更について(平成23年4月調査)(PDF形式:359KB) 機械受注統計調査報告(実績:毎月)(見通し:四半期) 結果主要長期時系列統計表(2005年4月から) 毎年1月調査の時点で季節調整値の改訂を行っており、季調系

2012年6月13日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年4月実績)

平成24年4月実績:機械受注統計調査報告 平成24年6月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年3月前月比4.1%増の後、4月は同4.0%減の2兆1,201億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比16.4%増の1兆3億円、官公需は同5.0%減の2,877億円、外需は同0.3%増の7,876億円、代理店は同21.1%減の888億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、24年3月前月比2.8%減の

2012年5月16日内閣府フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年3月実績および平成24年4~6月見通し)

平成24年3月実績および平成24年4~6月見通し:機械受注統計調査報告 平成24年5月16日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年2月前月比11.4%減の後、3月は同4.1%増の2兆2,094億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比4.3%減の8,594億円、官公需は同40.0%増の3,028億円、外需は同14.4%減の7,849億円、代理店は同21.5%増の1,126億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」

2012年4月12日内閣府フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年2月実績)

平成24年2月実績:機械受注統計調査報告平成24年4月11日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年1月前月比21.6%増の後、 2月は同14.5%減の2兆1,817億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.0%減の8,356億円、 官公需は同7.3%減の2,190億円、外需は同18.3%減の9,260億円、 代理店は同5.7%増の950億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 24年1月前月比3.

2012年4月11日内閣府フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年2月実績)

平成24年2月実績:機械受注統計調査報告平成24年4月11日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、24年1月前月比21.6%増の後、 2月は同14.5%減の2兆1,817億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.0%減の8,356億円、 官公需は同7.3%減の2,190億円、外需は同18.3%減の9,260億円、 代理店は同5.7%増の950億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 24年1月前月比3.

2012年3月12日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年1月実績)

平成24年1月実績:機械受注統計調査報告平成24年3月12日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年12月前月比7.2%減の後、 24年1月は同21.6%増の2兆5,519億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比4.6%増の8,610億円、 官公需は同17.7%減の2,363億円、外需は同20.1%増の1兆1,339億円、 代理店は同2.5%減の898億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 23年1

2012年2月9日内閣府フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成23年12月実績および平成24年1~3月見通し)

平成23年12月実績および平成24年1~3月見通し:機械受注統計調査報告平成24年2月9日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年11月前月比14.7%増の後、 12月は同7.2%減の2兆979億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比22.2%減の8,230億円、 官公需は同50.7%増の2,871億円、外需は同5.6%増の9,437億円、 代理店は同3.0%増の921億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を

2012年1月16日内閣府フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成23年11月実績)

平成23年11月実績:機械受注統計調査報告平成24年1月16日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年10月前月比3.2%増の後、 11月は同14.7%増の2兆2,607億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比21.5%増の1兆573億円、 官公需は同5.3%減の1,905億円、外需は同20.3%増の8,937億円、 代理店は同0.6%増の895億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 23年10月前

2011年12月8日内閣府フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成23年10月実績)

平成23年10月実績:機械受注統計調査報告平成23年12月8日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年9月前月比3.7%減の後、 10月は同3.2%増の1兆9,714億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比9.2%減の8,705億円、 官公需は同1.9%増の2,011億円、外需は同1.6%増の7,431億円、 代理店は同4.0%増の889億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 23年9月前月比8.2

2011年11月10日内閣府フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成23年9月実績および10~12月見通し)

平成23年9月実績および平成23年10~12月見通し:機械受注統計調査報告平成23年11月10日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年8月前月比6.5%増の後、 9月は同3.7%減の1兆9,094億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比11.6%増の9,586億円、 官公需は同1.0%減の1,973億円、外需は同21.7%減の7,310億円、 代理店は同15.9%増の855億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の

2011年10月12日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告 平成23年8月実績

平成23年8月実績:機械受注統計調査報告平成23年10月12日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年7月前月比11.3%減の後、 8月は同6.5%増の1兆9,834億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.6%減の8,593億円、 官公需は同5.5%減の1,994億円、外需は同32.3%増の9,339億円、 代理店は同0.2%減の738億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 23年7月前月比8.

2011年9月8日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告 平成23年7月実績

平成23年7月実績:機械受注統計調査報告平成23年9月8日経済社会総合研究所調査結果の概要 機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、23年6月前月比5.6%増の後、 7月は同11.3%減の1兆8,629億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比15.9%減の8,912億円、 官公需は同1.7%減の2,110億円、外需は同9.8%減の7,059億円、 代理店は同1.5%減の739億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、 23年6月前月比7.7%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ