「機械工業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月30日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年2月

「東京都工業指数」(平成27年2月分)平成27年4月30日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。2月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 2月の生産指数は4.9%低下2月の生産指数は前月比で4.9%低下し、101.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産2月の生産は、前月比で4.9%低下し、指数水準は101.9(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、輸送機械工業等15

2015年3月28日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年1月

「東京都工業指数」(平成27年1月分)平成27年3月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。1月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 1月の生産指数は8.2%上昇1月の生産指数は前月比で8.2%上昇し、107.8(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産1月の生産は、前月比で8.2%上昇し、指数水準は107.8(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、生産用機械工業等1

2014年10月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月鉱工業生産コンセンサスを上回る良好な結果、持ち直しへの期待高まる 2014年10月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年9月の生産指数は、前月比+2.7%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+2.2%)を上回る良好な結果であった。今回の結果だけで生産の底打ちを判断するのはやや早計だが、製造工業生産予測調査による10月、11月の生産計画も底堅く、

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月鉱工業生産2ヶ月ぶり改善も生産は減少傾向。ただし先行きは持ち直し 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+1.0%)から下振れした。先月の大幅な落ち込みに照らすと、7月の増加幅は限定的であり、鉱工業生産は2014年1月をピークに減少傾向となっている。なお

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

欧米アジアの外国企業の対日投資関心度調査報告書

経済産業省委託調査平成 25 年度アジア拠点化立地推進調査等事業欧米アジアの外国企業の対日投資関心度調査報告書平成 26 年 3 月アクセンチュア株式会社0目次1.調査概要 ...........................................................................12.調査の背景・目的 ...................................................................93.調査方法 .

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月鉱工業生産駆け込み需要に備えた高い伸びだが、3月には減速見込み ◆2014年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。今回の結果は市場コンセンサス(同+2.8%)を上回る非常に高い伸びであり、生産の増加基調を確認させる内容であった。◆1月の生産を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から上昇しており、幅広い業種で生産が増加した。なかでも、前月時点の製造工業生産予測調査で高

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産増加基調が続く、生産計画も非常に強気 ◆2013年11月の生産指数は、前月比+0.1%と3ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+0.4%)からは下振れしたものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となったものの、在庫指数は同▲1.9%と4ヶ月連続で低下したことから、在庫率指数は同▲1.4%の低下となった。◆11月の生

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月鉱工業生産コンセンサスからは下振れしたが、増加基調継続 ◆2013年10月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+2.0%)からは下振れしたものの、生産は増加基調にあるという判断に変更はなく、先行きについても引き続き増加傾向が続く見込みであることから、過度に悲観視すべき内容ではない。◆10月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種

2013年7月26日東京都フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-25年5月

「東京都工業指数」(平成25年5月分)平成25年7月25日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。5月の工業生産指数(平成17年=100) 生産指数は5か月連続で上昇5月の生産指数は前月比で3.9%上昇し、91.3(季節調整済)となり、5か月連続で上昇した。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産 5月の生産は、前月比で3.9%上昇し、指数水準は91.3(季節調整済)となった。21業種中、電子部品・デバイス工業、

2013年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月鉱工業生産総じて堅調、生産の持ち直し続く ◆2013年5月の生産指数は、前月比+2.0%と4ヶ月連続の上昇となり、市場コンセンサス(同+0.2%)を大きく上回った。生産は持ち直しが続いている。出荷指数は前月比+0.8%と3ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.3%と2ヶ月ぶりに低下したことから、在庫率指数は同▲2.1%と2ヶ月連続の低下(改善)となった。◆製造工業生産予測調査によると、2013年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ