「機構資料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

原油市場他:地政学的リスク要因と米国原油在庫減少が上方圧力を、中東産油国の高水準の原油生産と米ドル上昇が下方圧力を加える、原油価格

更新日:2015/6/14調査部:野神 隆之原油市場他:地政学的リスク要因と米国原油在庫減少が上方圧力を、中東産油国の高水準の原油生産と米ドル上昇が下方圧力を加える、原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所での春場のメンテナンス作業が概ね完了したことにより、原油精製処理量が回復した一方で、先物市場における直近の受渡月の原油価格が将来の受渡月のそれを下回る度合いが軽微になってきたこともあり、原油在庫は継続的に減少したが、それでも平年幅の上限を超過する状態は続いてい

原油市場他:米国での原油生産の頭打ち、原油在庫の減少、米ドル下落などで、上昇が続く原油価格

更新日:2015/5/18調査部:野神 隆之原油市場他:米国での原油生産の頭打ち、原油在庫の減少、米ドル下落などで、上昇が続く原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所での春場のメンテナンス作業が概ね完了したことにより、原油精製処理量が回復した状態を維持した一方で、先物市場における直近の受渡月の原油価格が将来の受渡月のそれを下回る度合いが相対的に軽微になってきたこともあり、5 月に入り原油在庫は減少し始めているが、それでも平年幅の上限を超過する状態は続いている。ガ

ロシア: 欧州連合の「エネルギー同盟」とロシアの立ち位置

更新日:2015/3/20調査部:本村眞澄公開可ロシア: 欧州連合の「エネルギー同盟」とロシアの立ち位置・欧州における「エネルギー同盟」の考えは、2014 年 4 月に当時ポーランド首相であった Tuskが提唱し、同年 6 月には欧州連合の理事会で長期戦略の一つとして採択された。・2015 年 2 月には欧州委員会が域内エネルギー安全保障の強化を目指す「エネルギー同盟」戦略案を作成し、3 月の EU 首脳会議に諮る方針である。ここでは、端的にロシア依存の低下、中央アジアからのガス輸入を目指す「南

ロシア情勢(2014年12月モスクワ事務所)

更新日:2015/2/4モスクワ事務所:木原 栄治/荒井 智裕公開可ロシア情勢(2014 年 12 月モスクワ事務所)1.当地動向:(1)ロシア情勢(対外、ウクライナ)①再度の停戦合意・ 9 月 5 日の停戦合意後もウクライナ東部では散発的な戦闘が繰り返されている。そのような状況下、12 月 9 日に欧州安全保障協力機構(OSCE)の仲介により、ウクライナ軍と親露派の再度の停戦合意 が発表された。・ 再度の停戦合意以降、戦闘は減少しているものの完全な停戦に至っていない状況が続いている。②ウクライ

原油価格下落下のベネズエラの石油産業の状況

更新日:2015/1/28調査部:舩木弥和子原油価格下落下のベネズエラの石油産業の状況(Platts Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas、Business Monitor International 他)ベネズエラでは、悪化していた経済状況に 2014 年 6 月以降の油価下落が追い打ちをかけ、デフォルトの懸念が高まっているという。探鉱・開発は停滞し、オリノコベルト超重質油の新規プロジェクトにも大きな進展は見られ

原油市場他:供給過剰感が払拭できないことから、下落続く原油価格

更新日:2015/1/19調査部:野神 隆之原油市場他:供給過剰感が払拭できないことから、下落続く原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所の稼働が高水準を維持したことに伴いガソリンの生産も旺盛であったことから、ガソリン在庫は増加傾向となり平年幅の上限を超過する量となっている。また、留出油についても比較的温暖な気温で暖房向け需要が盛り上がりに欠けたと見られる一方で、生産は堅調に推移したことから、当該在庫も増加傾向となった結果平年幅の上限付近に位置する量となっている

ロシア情勢(2014年11月モスクワ事務所)

更新日:2015/1/15モスクワ事務所:木原 栄治/荒井 智裕公開可ロシア情勢(2014 年 11 月モスクワ事務所)1.当地動向:(1)ロシア情勢(対外、ウクライナ)①連合協定の暫定(部分)適用・ 9 月 16 日、EU 及びウクライナは連合協定を批准。連合協定の完全適用には EU 加盟 28 カ国による個別の批准が必要であるが、未だ一部しか完了していない。EU はこれまで、ウクライナ向けの関税を減免する措置を片務的に導入してきたが、11 月 1 日、「関税措置」、「政治的対話と改革、外交と

ブラジル:大統領選挙後の石油政策と油価下落の石油産業への影響

更新日:2014/11/20調査部:舩木弥和子ブラジル:大統領選挙後の石油政策と油価下落の石油産業への影響(Platt’s Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas 他)1. 2014 年 10 月に実施されたブラジル大統領選挙で、現職の Rouseff 大統領が対立候補をかわし、二選を果たした。11 月には懸案であった石油製品の価格引き上げが実施されたが、プレソルトの開発に関する法律については変更がないとの見方が強く

フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘

作成日: 2014/8/6調査部: 伊原 賢公開可フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘(JOGMEC 調査部、米国環境保護局 EPA、世界石油工学者協会 SPE、石油鉱業連盟ほか)シェール資源の採掘業者にとって、自分たちの井戸掘削活動の維持拡大には、シェールに人工的に亀裂を入れる技術(以下、フラクチャリングと呼ぶ。)と帯水層汚染との因果関係解明が、喫緊の課題となっている。それは、フラクチャリングに用いられる多量の水やポンプ類の移動があるからだ。周辺環境として人口の密集は開発を妨

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ