調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 機関投資家

「機関投資家」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月10日金融庁フィードバック数:0社会/政治

「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」(第7回)議事次第

「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」(第7回)議事次第日時:平成28年4月26日(火)10時00分〜12時00分場所:中央合同庁舎第7号館13階 共用第1特別会議室議題:企業と機関投資家の間の建設的な対話(2)以上配付資料お問い合わせ先金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)総務企画局企業開示課(内線3836、3671) PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。お持ちでない方は、上のボタンをクリックし

2015年6月24日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

企業統治制度改革の視点:ハイブリッドな構造のファインチューニングと劣位の均衡からの脱出に向けて

企業統治制度改革の視点:ハイブリッドな構造のファインチューニングと劣位の均衡からの脱出に向けて概要アベノミクスの一環として日本の企業統治を巡る議論が高まっている。企業統治の強化は、直接には企業の財務政策の改善、経営効率の向上をもたらし、これが対日投資の拡大を通じて、株式市場の活性化、資金調達の促進、M&Aの活発化などの好循環を引き出すと期待されている。独立取締役の導入を促進する改正会社法が成立し、機関投資家に投資先企業との積極的対話を求める日本版スチュワードシップ・コードが運用段階に入った。さら

2015年6月14日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

第2回「対話促進の必要条件:株主総会の分散開催と招集通知・議案の早期発送」

企業と投資家の対話促進第2回:対話促進の必要条件:株主総会の分散開催と招集通知・議案の早期発送宮島 英昭 ファカルティフェロー / 早稲田大学商学学術院教授 / WIAS小川 亮 リサーチアシスタント / 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程2014年10月、経済産業省は「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会」の分科会として「株主総会のあり方検討分科会」を立ち上げ、株主総会の分散開催と招集通知の早期発送を実現するための議論を重ねている。また、本年6月から施行される日本版コーポレートガ

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから | ニッセイ基礎研究所 機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本版スチュワードシップ・コードが策定されて1年以上経過した。

投資家調査です。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのかPwC米国では、2014年に、年金基金や資産運用会社など幅広い機関投資家(調査に参加した機関投資家の運用資産総額約11.5兆米ドル)を対象とした調査を実施し、取締役会の現状について投資家が取締役に何を期待し、その期待は満たされているのかなどについて意見を求めました。本調査の結果得られた意見は以下の3点にまとめられます。取締役の現状に対する投資家の満足度は、全般的に2013年の調査結果よりも向上しているものの、一部の領域に

PwCのレポートです。

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐

取締役会では何が問題にされているのか ‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐PwC米国では、2014年夏に、公開企業の取締役(863名)および機関投資家(33社)に対してそれぞれ取締役および取締役会のあり方に関する調査を実施しました。本調査では、これら2つのグループの回答を比較することにより、同じ視点が共有されている領域と、異なる視点が存在する領域を明らかにしています。例えば、取締役にとって最も重要な属性・資質としては、取締役および投資家の双方が「財務に関する専門性」

不動産投資についての調査です。

不動産投資に関する調査 2014年 -調査結果-

「不動産投資に関する調査 2014年」 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所は、2014年10月-11月にかけて、不動産投資市場調査の一環として「不動産投資に関する調査」を実施した。 <調査対象と方法>- アンケート送付先:683(年金基金:519、その他機関投資家:164)その他機関投資家・・・銀行(都市銀行・地方銀行・信託銀行等)95および保険会社(生損保)69(以降、「その他機関投資家」は「機関投資家」と表記)- 回答投資家数:92(年金基金:69、機関投資家:23)(有効回答

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 人事・健保・退職給付 議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任退職慰労金と株式報酬型ストック・オプションの最新トレンド 2014年11月19日コンサルティング・ソリューション第三部 コンサルタント 原田 裕太1.役員報酬に対する機関投資家の姿勢が明確に2014年2月に金融庁より日本版スチュワード・シップコード(以下、日本版SC)が公表され、日本版SCを受け

上海・香港間の株式相互取引「直通車」がいよいよ開通へ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月12日上海・香港間の株式相互取引「直通車」がいよいよ開通へ 11月10日、中国と香港の証券監督当局は、上海・香港間での株式相互取引(通称「直通車」などと呼ばれます)を11月17日から開始することを正式に発表しました。同取引は、今年4月にテスト実施が当局によって認められ、その後、半年をかけて準備が進められてきました。これまで、中国本土の投資家は、QDII(適格国内機関投資家)を通じて域外への投資が、香港を含む海外の投資家はQ

2014年11月5日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 機関投資家の動向(1)~議決権行使の状況

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス機関投資家の動向①~議決権行使の状況 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として関連する情報を発信し

企業の「稼ぐ力」向上に向けた気運の高まり~スチュワードシップ・コードの導入およびJPX日経400の創設

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月17日企業の「稼ぐ力」向上に向けた気運の高まり ~スチュワードシップ・コードの導入およびJPX日経400の創設 アベノミクスの成長戦略に絡んで、法人税率の引き下げが市場の注目を集める中、同様に重要なテーマとして、政府は経営者の意識改革を促すコーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化を掲げています。法人減税で得られた資金を、既に高水準にある手元資金の積み増しではなく、企業の「稼ぐ力」の向上に向け、有効に活用するよう促す必要があ

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第3回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 社会的責任投資(SRI)を学ぶ 「持続可能な社会」に向けて 社会的責任投資(SRI)を学ぶ 「持続可能な社会」に向けて社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第3回日本のSRI市場 欧州や米国では、機関投資家を中心にSRIの市場規模が拡大しているが、日本においては機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず個人投資

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の展望とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年株主総会の展望とその後機関投資家の議決権行使の活発化が予想される ◆今年の株主総会集中日は6月27日金曜日となるが、集中日に開催する企業の割合は、過去最も低くなる見通しである。◆昨年に引き続き社外取締役を選任していない企業の経営トップの取締役再任に多くの反対票が出るものと思われる。◆日本版スチュワードシップ・コードによって機関投資家の議決権行使が劇的に変わるわけではないが、取締役選任議案等で

2014年5月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第2回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 社会的責任投資(SRI)を学ぶ 「持続可能な社会」に向けて 社会的責任投資(SRI)を学ぶ 「持続可能な社会」に向けて社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第2回海外のSRI市場 欧米では、機関投資家を中心にSRI市場が拡大しているのに対し、日本におけるSRIは個人向けの商品が中心であり、機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されること

中国の個人投資家が海外不動産市場に向かう背景

中国の個人投資家が海外不動産市場に向かう背景 <要約・概要> 中国資本による海外不動産投資は、不動産デベロッパーや機関投資家といった法人だけでなく、中国の個人投資家による投資も活発化している。個人投資家は富裕層が中心で、投資国・地域も多様化している。 その背景を整理すると、主に8つの理由があると考えられる。これらの背景から、個人投資家の投資意欲は高まってきており、海外への投資の流れは今後も続くとみられる。関連レポート・コラム 関連する分野・テーマをもっと読む 当サイトのレポート・図表等の転載をご

2014年5月11日経済産業省★フィードバック数:0ビジネス

珍しいテーマの調査です。

株主総会の招集通知のグッド・プラクティス事例の調査

株主総会の招集通知のグッド・プラクティス事例の調査結果を公表します~機関投資家の着眼点や評価のポイントが明らかになりました~ 企業の株主総会の招集通知は、特に投資家(株主)にとって企業との重要なコミュニケーションの手段となっています。経済産業省は、[招集通知書」や[株主総会議案」の事例について、機関投資家が特にどのような点に着目しているか、投資家から見て良い(悪い)事例とはどのようなものかを明らかにすることを目的とした調査を行いました。この度、調査結果をまとめましたので、公表します。 1.経緯

日本の分析です。

第17回世界CEO意識調査 日本分析版

主要調査結果(日本分析版)「新たな地域の市場」と回答したCEOの割合が、他地域のCEOと比べてかなり高い割合になっている。この結果は、製造業、サービス業など業種を問わず、アジアを中心に日本企業が海外進出を積極的に進めていることと符合している。従来と同様に中国をはじめとするアジア地域を重視する傾向が続いているが、時系列で見た場合、各国の経済情勢などの変化を反映している。社会に与える影響の測定・報告に関する認識に差 世界市場での競争が激しさを増す中で日本企業がその競争に勝ち抜いていくためには、イノベ

2014年4月1日金融庁フィードバック数:0ビジネス

日本企業と機関投資家との対話の現状と課題

第17回「企業財務研究会」講演資料等の公表について日時:平成26年3月24日(月)15時00分〜17時00分場所:金融庁13階共用第1特別会議室 (東京都千代田区霞が関3-2-1中央合同庁舎第7号館)開催内容 演題 「日本企業と機関投資家との対話の現状と課題」講師 【テーマ1】日本企業の機関投資家との対話の現場に於ける現状と課題 今出 達也氏(日本シェアホルダーサービス株式会社 常務執行役員)【テーマ2】資生堂のESG対話の歩み 山崎 直実氏(株式会社資生堂 IR部 株式グループリーダー 課長)

機関投資家対象のアンケートです。

不動産投資に関する投資家アンケート調査 2013年

「不動産投資に関する投資家アンケート調査 2013年」 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所は、2013年10月-11月にかけて、不動産投資市場調査の一環として「不動産投資に関する投資家アンケート調査」を実施した。 <調査対象と方法>- アンケート送付先:713(年金基金:545、その他機関投資家:168)その他機関投資家・・・銀行(都市銀行・地方銀行・信託銀行等)97および保険会社(生損保)71(以降、「その他機関投資家」は「機関投資家」と表記)- 回答投資家数:84(年金基金:6

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

検討進む日本版スチュワードシップコード

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 検討進む日本版スチュワードシップコード~機関投資家に何を期待するか?~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 企業の持続的な成長をサポートするために、機関投資家と投資先企業との対話を深めることを促進する機関投資家向け行動原則の策定が進んでいる。これは、英国のスチュワードシップコードを模範とするものである。英国スチュワードシップコードは、適用対象となる機関投資家に大幅な裁量を認め、機

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0ビジネス

機関投資家に学ぶ社外取締役の実効性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 機関投資家に学ぶ社外取締役の実効性外形面からの評価は改善。実効性のポイントは説明責任 2013年10月25日コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 深澤 寛晴◆コーポレート・ガバナンス(CG)向上の必要性が指摘されて久しい。外形面(社外取締役の設置等)では機関投資家からも一定の評価を得ている。◆一方で社外取締役の実効性、すなわち企業価値向上への貢献については課題が少なくない。本稿で

2013年9月29日不動産証券化協会★フィードバック数:0大型消費/投資

不動産投資についてのアンケートです。

第13回「機関投資家の不動産投資に関するアンケート調査」

第13回「機関投資家の不動産投資に関するアンケート調査」

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~ | ニッセイ基礎研究所 年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~ 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 長期資金である年金の運用対象として、上場株式のような従来の市場性ある有価証券以外に、流動性の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ