「次世代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年)

2016年12月12日 次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年) ~IoT関連テクノロジーを活用した次世代型モニタリングは、テスト導入から普及段階へ~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の次世代型モニタリングの可能性調査を実施した。1.調査期間:2016年8月~11月2.調査対象分野:ITベンダー、ユーザ企業・団体(地方自治体・公共団体、各種製造業、建設業、運輸・倉庫業、サービス業等)3.調査方法:電話調査を主体に、一部弊社専門調査員による直接面談調査及び文献調査を併

2016年9月11日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載モータ世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年09月06日 車載モータ世界市場に関する調査を実施(2016年) ~燃費改善技術の採用を背景に新たな需要が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載モータの世界市場の調査を実施した。1.調査期間: 2016年5月~8月2.調査対象: 自動車システムメーカ、モータメーカ等3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<本調査における車載モータとは>本調査における車載モータとは、スタータやオルタネータ、各種補機類から次世

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』燃料電池車(FCV)の認知が大幅上昇。すべての次世代車に対する購入意向が高まる デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本の消費者における「電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査」を実施、動向を分析したものを発表する。なお、本調査は2010年以降、毎年継続して実施している。 2015年6月29日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤 聡 以下:DTC)は日

2015年4月27日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「次世代自動車市場」に関するアンケート

[アスタミューゼ株式会社] ,電気自動車 未来 トヨタ自動車 次世代自動車 自動運転 アスタミューゼ astamuse 燃料電池車 アスタビジョン astavision

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地域金融機関における次世代との関係構築――相続による預貯金流出への対策――

地域金融機関における次世代との関係構築――相続による預貯金流出への対策――

出産、育児、その支援についての調査です。

2014年度子育て支援策等に関する調査

ホームパブリシティ活動ニュース【プレスリリース】 2014年度子育て支援策等に関する調査結果のお知らせ【プレスリリース】 2014年度子育て支援策等に関する調査結果のお知らせ~次世代育成支援対策10年の変化と新制度に向けて~ 2014年12月08日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「子育て支援策等に関する調査2014」を実施しました。わが国の少子化対策は、平成17年4月に施行された次世代

トーマツの調査です。

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は日本の消費者における電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査を実施、その動向を分析した。 2014年11月25日 EVに対する認知度・購入意向は、いずれも2年連続で伸びず・ EV認知度:2年連続で伸びず(2012年87.2%⇒2013年85.0%⇒2014年82.6%)・ EV購入意向:認知度に連動、伸びず(2012年17.9%⇒20

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成22年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発事業(匿名化技術等を活用した大規模なパーソナル情報の活用に関する調査研究)事業報告書

平成22年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発事業(匿名化技術等を活用した大規模なパーソナル情報の活用に関する調査研究)事業報告書

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度製造基盤技術実態等調査(次世代の自動車の在り方に関する調査)

平成25年度製造基盤技術実態等調査(次世代の自動車の在り方に関する調査)

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)セイシェル共和国に関する調査~セイシェル国における電気自動車導入スマートグリッド化事業の検討~

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)セイシェル共和国に関する調査~セイシェル国における電気自動車導入スマートグリッド化事業の検討~

PwCのレポートです。

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成現在、世界中の企業は、女性リーダーの不足問題に直面しています。企業が持続可能な変革を実現するためには、幹部人材の多様化を促す努力と並行して、将来、リーダーとなり得る才能ある女性の育成に取り組む必要があります。PwCは若手社員の考え方の変化について掘り下げた調査を2008年から実施しており、今回、「ミレニアル世代*」の重要性について着目した「次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成(Next generation diversity – De

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

次世代ロボットの研究開発動向

次世代ロボットの研究開発動向比留川 博久 (産業技術総合研究所 知能システム研究部門 研究部門長) 須藤 治 (経済産業省 製造産業局 産業機械課長) ロボット産業の現状、次世代ロボットを必要とする社会背景、次世代ロボットの研究開発動向、今後の展望についてご紹介する。 議事録ロボット産業の現状と社会背景1980年は「産業用ロボット元年」といわれていますが、当時の市場規模は760億円でした。塗装や溶接、組立てを中心に、会社によっては1事業部当たりの売上高が100億円を超え、産業用ロボットと

2014年4月16日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

特別調査結果(和食のユネスコ無形文化遺産への登録の影響、調理技術の次世代への継承、設備投資動向)(2014年1-3月期)

ニュースリリース平 成 26 年 4月 15 日株式会社日本政策金融公庫ホテル・旅館の4社に1社、和食のユネスコ無形文化遺産登録 によりプラスの影響日本公庫「生活衛生関係営業の景気動向等特別調査(2014 年1~3月期)」より※調査の全文につきましては、こちらをご覧ください。【特別調査結果のポイント】1.和食のユネスコ無形文化遺産への登録の影響○和食のユネスコ無形文化遺産登録により、「ホテル・旅館業」の 26.7%、「料理店」の 21.4%、「すし店」の 15.1%が経営に「プラスの影響がある」

2014年3月31日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

次世代の司会者として期待している芸能人ランキング

2014年03月31日 00:00 次世代の司会者として期待している芸能人ランキング 本日でフジテレビの看板番組『笑っていいとも!』が32年の歴史に幕を閉じます。司会の大御所といえば、タモリをはじめビートたけし、明石家さんまなど何人かの名前が浮かびますが、今回は「次世代」の司会者として期待したい芸能人といえば誰かみんなに聞いてみました。1位に輝いたのは、現在も10本以上のレギュラー番組を抱え、しかもそのほとんどでMC役を務めている超売れっ子の《有吉弘之》。彼の持ち味といえば何といっても

2013年11月21日マクロミル★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

HV、EV、PHV、FCV、CDVの調査です。

次世代車に関する調査

2013年11月21日次世代車の名称認知度はいずれも8割以上。興味度はハイブリッド車が6割強で最も高い 次世代車の魅力度・購入意向は、ハイブリッド車がそれぞれトップ次世代車購入時の追加許容金額は、燃料電池車が最も高い382,830円。ただし、「追加支払いしたくない」という人も3割程度存在株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、日刊自動車新聞と共同で、全国の20~69歳の自家用車所有者1,029名を対象に「次世代車に関する調査」を実施しました。

2013年7月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(3D映像品質評価技術調査研究)成果報告書

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(3D映像品質評価技術調査研究)成果報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(匿名化技術等を活用した大規模なパーソナル情報の活用に関する調査研究)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(匿名化技術等を活用した大規模なパーソナル情報の活用に関する調査研究)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(メトリクスの国際標準化に関する調査研究)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(メトリクスの国際標準化に関する調査研究)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中小ITベンダの新ビジネス創出に向けた普及基盤整備)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中小ITベンダの新ビジネス創出に向けた普及基盤整備)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(クラウドコンピューティング事業における認証方式・技術に関する調査研究)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(クラウドコンピューティング事業における認証方式・技術に関する調査研究)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(ソーシャルクラウド基盤技術に関する調査研究)

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(レセプト情報等利活用に関する調査・検証)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(レセプト情報等利活用に関する調査・検証)

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(生活情報を活用した次世代型サービスの実現に向けた調査事業)  成果報告書

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(生活情報を活用した次世代型サービスの実現に向けた調査事業) 成果報告書

「農村文化を次世代につなぐ」6 次化の取組み─三重県多気町(有)せいわの里まめや─

「農村文化を次世代につなぐ」6 次化の取組み─三重県多気町(有)せいわの里まめや─

CPCを用いた米国特許分析:電気/ハイブリッド自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY

【米国】次世代自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における次世代自動車関連技術について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)など次世代自動車関連技術として、1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開され、CPC「Y02T10/60~Y02

2013年2月1日かんぽ生命保険★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

地域ごとの環境についての誇りや不安についての調査です。

「環境意識と地域環境」に関する調査

本文の先頭です。プレスリリース商品・サービス2013年01月30日20〜60代の男女930人に聞くかんぽ生命 「環境意識と地域環境」に関する調査 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 石井雅実、以下「かんぽ生命」)は、お客さまとともに未来を見つめて「最も身近で、最も信頼される保険会社」として、地球及び地域の環境を守ることは安心を提供する当社の社会的責任ととらえ、環境保護活動に積極的、継続的に取り組んでおります。 このたび、かんぽ生命は環境保護活動の一環として、環境保護活

2012年9月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)流動性節約機能付RTGS下における業態別・取引別の資金決済動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 流動性節約機能付RTGS下における業態別・取引別の資金決済動向について2012年9月25日日本銀行決済機構局土屋宰貴※1要旨2011年11月の次世代RTGS第2期対応(1件1億円以上の大口内為取引のRTGS化)の実施により、次世代RTGSプロジェクトが完了した。これにより、大口内為取引、市場取引、外為円取引が、流動性節約機能付RTGS下で決済されるようになり、決済の安全性と効率性が一段と向上した。本稿では、次世代RTG

2012年6月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)次世代RTGS第2期対応実施後の決済動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 次世代RTGS第2期対応実施後の決済動向2012年6月22日決済機構局 土屋宰貴要旨日本銀行は、2011年11月に次世代RTGS第2期対応(1件1億円以上の大口内為取引のRTGS化)を実施し、決済の安全性が一段と向上した。日本銀行当座預金における決済量は想定通り大きく増加したが、大口内為取引の件数・金額がピークとなる3月末も含め、決済は円滑に行われている。1件1億円未満の小口内為取引についても、時点ネット決済の決済金額

2008年9月1日アイシェアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

障がい者にもわかりやすく…低騒音の次世代カーに「エンジン音」必要~8割以上が買い替え時にハイブリットなど次世代カーを検討

障がい者にもわかりやすく…低騒音の次世代カーに「エンジン音」必要 低騒音車に関する意識調査 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。障がい者にもわかりやすく…低騒音の次世代カーに「エンジン音」必要~8割以上が買い替え時にハイブリットなど次世代カーを検討低騒音車に騒音発生装置を取り付ける際、どのような音がいいかを聞いたところ、「エンジン音」が最も多く46.0%。次いで「アラーム音」が1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ