「欧州債務」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

2014年11月2日JETRO★フィードバック数:0ビジネス海外

進出先としての比較資料です。

投資関連コスト比較調査 (欧州・ロシア・CIS・北アフリカ)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 投資関連コスト比較

2014年6月9日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機をめぐる動き(2014年5月21日更新)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州債務危機をめぐ

2015年までの見通しです。

2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)

【プレスリリース】 2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)~世界景気は力強さに欠けた緩慢な回復にとどまる~ 2014年01月15日○2013年の世界経済の実質成長率は+3.4%と12年(+3.2%)から持ち直した模様である。年間を通して欧州の債務問題が小康状態を保つ中で、年前半は中国の景気減速が、年後半は米国の政策不透明感が世界経済のリスク要因となった。先行き2年の世界経済の成長率は2014年が+3.7%に、続く15年が+3.9%になると予測する。世界の景気の増勢は緩やかな加速にと

2014年1月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

昨年の懺悔、最大の見通し違いはユーロだった

リサーチ TODAY2014 年 1 月 9 日昨年の懺悔、最大の見通し違いはユーロだった常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年初よりTODAYでは、昨年を振り返った上で2014年の展望を行ってきた。本日もその延長線上の第3弾であるが、本日は、この1年で最も見誤ってしまったことへの懺悔である。筆者が1年を振り返り、市場予想で最も見通しを外したのは明らかにユーロであった。ユーロ圏経済は2012年、2013年と年通期での2年連続のマイナス成長にある。2014年はプラスに転じることが展望されるが

2013年8月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気回復が遅れる中欧3カ国~欧州債務問題によるマネーフローへの影響も要注視~

景気回復が遅れる中欧3カ国~欧州債務問題によるマネーフローへの影響も要注視~

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際調査事業(欧州債務問題の影響を含む世界経済の動向にかかる調査・分析)

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際調査事業(欧州債務問題の影響を含む世界経済の動向にかかる調査・分析)

2013年5月10日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

欧州も「春先に失速」ジンクス、でも「今年は違う」

リサーチ TODAY2013 年 5 月 10 日欧州も「春先に失速」ジンクス、でも「今年は違う」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所の欧州経済をフォーカスしたリポートで示されたユーロ圏の合成PMIの推移である1。5月2日にECBは政策金利を0.25%引下げ、0.50%と過去最低の水準にした。こうしたECBの動きは再びユーロ圏に景気の下振れ懸念が生じたことを受けたものである。下記の図表に示すようにユーロ圏の4月の合成PMI(速報値)は横ばいに止まり、世界的にも景

2013年4月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 12 日米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創住宅市場ではバブル崩壊後、長らく低迷が続いてきたが、2012年頃から需要が持ち直し、需給の引き締まりが住宅価格上昇にもつながる回復基調が鮮明になっている。2007年以降、米国のバランスシート調整の主戦場は個人を中心とした住宅市場問題にある。それだけに、米国のバランスシート調整の進捗を見極めるには、個人を中心とした債務調整の段階を把握する必要がある。下記の図表はみ

2013年3月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

忌まわしい相関を崩す米経済回復

Global Market Outlook忌まわしい相関を崩す米経済回復2013年3月15日(金)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:25 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値12560.951051.6514,539.148,058.376,529.413,8

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ