調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 欧州委員会

「欧州委員会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月3日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

EUの牛総飼養頭数、前年からわずかに増加

欧州委員会が公表したEUの2014年12月現在の牛総飼養頭数は、前年同月比0.8%増(69.1万頭増)の8832万頭となった。欧州委員会の統計では肉用牛と乳用牛の区別はないが、この増頭は、2015年4月の生乳クオータ制度廃止を見込んだ酪農部門がけん引したとみられている。国別の牛飼養頭数の動向を見ると、EU最大の牛肉生産国であり、また、同2番目の生乳生産国であるフランスが、同0.6%増(12.4万頭増)の1925万頭と最大の牛飼養頭数国となり、EU飼養頭数全体の21.8%を占めた。次いで、同2番目

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら EUの欧州委員会は、2月5日に公表した「2015年冬季経済予測」で、15年の実質GDPを前回(11月時点)予測からユー

早くも試されるEUの新たな財政ルール(その1)~緩和を求めるフランスとイタリア~

早くも試されるEUの新たな財政ルール(その1)~緩和を求めるフランスとイタリア~ | ニッセイ基礎研究所 早くも試されるEUの新たな財政ルール(その1)~緩和を求めるフランスとイタリア~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年内に動き始める欧州連合(EU)の新体制にはデフレ・スパイラル阻止が求められる。ユーロ圏の債務危機

2014年10月8日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

欧州委員会、13/14年度の生乳供給実績を公表

欧州委員会は10月3日、2013/14年度(4月〜翌3月)の生乳供給実績を公表した。EU加盟国は生乳クオータ制度に基づき、9月1日までに前年度の生乳供給量を欧州委員会に報告することとなっており、今回の公表はこれを集計したものである。13/14年度のEU加盟国全体の生乳出荷量は、前年度比3.2%増の1億4408万7481トンとなり、生乳クオータ換算による脂肪調整後出荷量は、1億4404万1447トン(同2.9%増)となった(表1)。  13/14年度にクオータ(各加盟国の割当数量)を超過したのは8

2014年5月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

欧州のCCSの状況について(その1)

調 査 報 告ウィーン欧州の CCS の状況について(その1)2 月 18 日、19 日にベルギーの Brussels で開催された、EUROPEAN CARBONCAPTURE AND STORAGE(欧州の二酸化炭素回収・貯留技術)に関する会議が開催され、政策、各国の状況などが紹介された。主催は PLATTA 社(イギリス)である。今回は、欧州議会 Chris Davies 議員、欧州委員会 気候行動総局 Humberto Delgado Rosa委員の講演を報告する。1.二酸化炭素回収・貯

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第7回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの行政執行機関である欧州委員会は、定期的に“European Economic Forecast”という経済予測を発表しています。これは、欧州委員会の経済・金融総局(Economic and Financial Affairs; ECFIN)が主にEU、ユーロ圏、EU加盟各国について、実質GDP成長率、インフレ率、失業率などの見通しを示したもので、非常に注目度の高い経済予測となっています。 この記

米国・欧州主要国の景気概況(2013年3月)

I.米国経済・景気概況: 緩やかな回復が続く・最高値を更新した米株価・主要経済指標II.欧州経済1.ユーロ圏:景気が弱含む中で追加利下げを模索するECB・欧州委員会『2013年冬期経済見通し』に見る政策当局の景況感2.英国:景気の弱い動きが続く中で資産市場に明るい動き

2013年2月28日大和総研フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート 2013.2.26

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート 2013.2.26欧州委員会によるEU-ETSの構造改革案 ◆マーケットサマリー(2013/1/22~2013/2/25)価格下落に歯止めがかからず過去最安値を更新◆関連トピック■欧州委員会によるEU-ETSの構造改革案欧州委員会は、第2フェーズ(2008年~2012年)及び第3フェーズを通して積み上がると見込まれる15~20億CO2トンの余剰排出枠に相当する需給ギャップ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ