「欧州経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済5月ユーロ圏消費者物価(速報) ~待てば海路の日和あり~

欧州経済5月ユーロ圏消費者物価(速報) ~待てば海路の日和あり~

2015年4月30日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州の航空機産業における技術開発・サプライチェーンの動向

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州の航空機産業にお

2015年4月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済英国のEU離脱(Brexit)を考える ~備えあれども憂いあり

欧州経済英国のEU離脱(Brexit)を考える ~備えあれども憂いあり

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年半ばの踊り場を脱し、緩やかな回復基調を取

2015年2月25日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

長期停滞 理論と現実に差

長期停滞 理論と現実に差欧州中央銀行(ECB)が1月に量的緩和の開始を決定し、欧州のデフレ懸念の深刻さが改めて印象付けられた。日本型の長期デフレに落ち込む懸念が続いている。マネーの供給を増やせばデフレから脱却できる、という考え方は「短期」のデフレなら成り立つかもしれないが、10~20年の「長期」デフレを同じ考え方で捉えていいのだろうか。米欧経済の長期的悪化を懸念する議論は「長期停滞(Secular Stagnation)」論や「デフレ均衡」論と呼ばれる。内容はほぼ同一だが、少し文脈が違うところも

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

定期船市場の回顧と展望

定期船市場の回顧と展望掲載誌・掲載年月:KAIUN 1501日本海事センター企画研究部松田 琢磨はじめに定期船市場では、基幹航路を中心に荷動きが大きく増加し、2014 年の北米往航(アジア→米国)や欧州往航(アジア→欧州・地中海・北アフリカ)では史上最高の輸送量を実現する見込みとなっている。これを受けて各船社定期船部門の業績についても明るい兆しが見えてきた。たとえば日本郵船では定期船事業の経常損益(4-9 月)が 2013 年度のマイナス 8 億円から50 億円に、川崎汽船でコンテナ船部門の経常

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年のユーロ圏の実質GDPは0.8%と3年振りにプラス成長に転じる見通しだが、GDP

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?今こそ財政政策の有効活用を ◆ECB(欧州中央銀行)は9月4日の金融政策理事会で追加利下げと、ABS(資産担保証券)とカバード・ボンドを対象とする資産買取計画の10月導入を決めた。9月18日開始のTLTRO(民間向け貸出増を意図した条件付き長期オペ)と併せ、銀行貸出の促進が狙いである。6月に決めたTLTROが始動する前に、ECBが追加緩和に動いた背景には、ユーロ

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは3大国の失速が響き、前期比ゼ

2014年8月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

対ロ関係悪化で、日本が意識する以上に欧州経済減速か

対ロ関係悪化で、日本が意識する以上に欧州経済減速か

けいざい早わかり 2014年度第3号:足元の欧州の経済・金融情勢について

Q1.欧州の景気は順調に回復しているのでしょうか? Q2.信用不安はどのような状況にあるのでしょうか? Q3.他にも懸念材料はありませんか? Q4.ECBの金融政策とユーロの見通しについて教えて下さい Q5.ウクライナ情勢は欧州経済にどのような影響を与えるでしょうか?

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる2014年の成長率予想はユーロ圏+1.1%、英国+2.4% ◆ユーロ圏の2013年10‐12月期の成長率は前期比+0.3%となり、これでプラス成長が3四半期連続となった。加盟国間でばらつきはあるが、ドイツのみならずフランスやオランダも堅調な成長率となり、また、スペイン、イタリア、ポルトガルという財政懸念国の景気持ち直しも進行中である。足下で輸出の回復は期待したより

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き出した主役たち

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 動き出した主役たちユーロ圏の自動車産業、英国の住宅建設に回復の動き ◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったが、その後も企業と消費者の景況感改善が継続しており、7-9月期もプラス成長となったと推測される。ただ、7月と8月の輸出、鉱工業生産、小売売上高の持ち直しは遅々としており、年後半の景気回復ペースはかなり緩やかなものとなろう。◆8月のユーロ圏の鉱工業生産の内

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景況感改善が道しるべユーロ圏では「ドイツとその仲間たち」が先行回復へ ◆4-6月期のユーロ圏経済は7四半期ぶりに前期比プラス成長となった。個人消費、政府消費、固定資本形成、輸出が揃ってプラス成長となったことが成長に貢献した。企業と消費者の景況感改善が9月まで続いており、今後も景気回復が継続すると見込むが、7月の鉱工業生産は前月比-1.5%と落ち込み、輸出や小売売上高の持ち直しも遅々とし

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第6回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 入門 欧州経済 第6回Ifo景況感指数とZEW景況感指数 今回は、ユーロ圏最大の経済規模を持つドイツの景気の先行きをみる上で重要なデータである、Ifo景況感指数(Ifo Business Climate Index)とZEW景況感指数(ZEW Indicator of Economic Sentiment)についてご説明します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポー

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏英国では住宅販売業者の景況判断が一段と改善 ◆ユーロ圏経済は2013年1-3月期まで6四半期連続で前期比マイナス成長となり、特に最近2四半期は輸出と投資の落ち込みが目立った。ただ、月次統計では2月以降、輸出と生産に持ち直しの動きが出てきている。中国などエマージング諸国の景気回復の足取りは鈍いが、米国経済は堅調で、世界経済も徐々に回復してくると見込まれる。ユーロ圏経

2013年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 晴れない視界

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 晴れない視界景気回復を脅かす政治リスク ◆2012年10-12月期の成長率は、ユーロ圏が前期比-0.6%、英国が同-0.3%とともに落ち込んだ。この時期は世界的に需要減退が見られ、双方とも輸出が落ち込み、投資と在庫の調整が進んだ。また、個人消費も振るわなかった。◆欧州の企業景況感は、輸出見通しの改善などに牽引され、2012年10月頃を起点として改善傾向が見られ、2013年半ばの景気回復

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆しユーロ圏企業景況感は2か月連続で改善 ◆ユーロ圏経済は2012年10-12月期に大きく冷え込んだと推測される。中国向けなどの輸出が失速したことを受け、企業が在庫調整のために生産を落としたとみられる。ただ企業景況感は11月に続き、12月も改善した。米国の景気が緩やかながら拡大していることに加え、中国も景気改善へ転換点を迎えたとみられることが、景況感改善を後押ししてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ