「欧州航路」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

外航海運業の現状と課題

特  集交通事業のいま外航海運業の現状と課題まつ松 田 琢 磨*だたくまはじめに 外航海運は古い歴史を持っているが,現在でも 国際貿易の担い手として,世界経済に対する貢献 を続けている。海上貿易量は今も拡大しており, 1986年には約36億 t であったが,2012年には約96 億 t となり,26年で2 . 6倍に増えている。本稿で は交通についての勉強や,就職活動をスタートさ せる方々を念頭に,まず外航海運業の現状を紹介 する。次に外航海運業が直面する主な課題と将来 の発展を見据えた具体的取

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

定期船市場の回顧と展望

定期船市場の回顧と展望掲載誌・掲載年月:KAIUN 1501 日本海事センター企画研究部 松田 琢磨 はじめに 定期船市場では、基幹航路を中心に荷動きが大きく増加し、2014 年の北米往航(アジア→ 米国)や欧州往航(アジア→欧州・地中海・北アフリカ)では史上最高の輸送量を実現する見 込みとなっている。これを受けて各船社定期船部門の業績についても明るい兆しが見えてきた。 たとえば日本郵船では定期船事業の経常損益(4-9 月)が 2013 年度のマイナス 8 億円から 50 億円に、川崎汽船でコン

2013年10月10日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス海外

2013年上半期アジア・欧州間コンテナ荷動き・運賃の動向について

2013 年上半期アジア・欧州間コンテナ荷動き・運賃の動向について掲載誌・掲載年月:日刊 CARGO1309日本海事センター企画研究部研究員 松田 琢磨はじめに(公財)日本海事センターでは、北米航路のほか、欧州航路、日中航路、アジア域内航路について『主要定期航路コンテナ貨物の荷動き動向』を毎月発表している。そのうち、欧州航路に関しては英 CTS(コンテナトレーズスタティスティックス)社が発表を行っているアジア(東アジア・東南アジア)・欧州(北欧州・地中海・北アフリカ)間コンテナ航路のデータを基に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ