「正規雇用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月2日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

児童養護施設等退所者の実態調査

ここから本文です。児童養護施設等退所者の実態調査結果東京都では、平成22年度に児童養護施設などを退所した方に対するアンケート調査を実施し、施設退所(措置解除)時の支援や、退所後(措置解除後)の生活・就労に関する課題、退所者のニーズを把握し施策に活用してきました。前回調査から5年が経過し、自立支援に関する現状と課題を把握するとともに、前回調査と比較することによりこれまでの取組について検証するため、今回、児童養護施設等を退所(措置解除)した方を対象に実態調査を実施しました。調査対象児童養護施設、自立

2016年4月14日プレジデント社フィードバック数:0社会/政治

高学歴女性の人生を狂わす「仕事と家庭の両立」できる・できない3大分岐点

高学歴女性、仕事と家庭の両立の可否をわけるもの日本総合研究所が東京圏で暮らす25~44歳の東京圏に所在する4年生大学または大学院を卒業した女性(以下、高学歴女性)を対象に実施した調査結果(以下、アンケート調査結果)によれば、卒業後の進路として正規雇用の職に就いて結婚した1364人の女性のうち、結婚後も正規雇用で働き続けた女性の割合は65.1%、第1子出産時点では、48.1%にまで下がります。第1子の出産を契機に半数以上の高学歴女性が離職をしてしまう現状を踏まえ、アンケート調査結果のデータ及び筆者

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィークの過ごし方2015

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ゴールデンウィークの過ごし方2015」について自分のイメージ通りに過ごせた人、7割以上。予算内でやりくりできた人、8割以上。今年のゴールデンウィーク(GW)は、日並びの良さや好天に恵まれたこともあり、多くの観光地やレジャー施設がにぎわっていました。人気のテーマパークはどこも昨年を上回る人出になり、JRや空の便も昨年以上の利用者になったようです。また、ガソリン価格が昨年より下がり、車でお出かけされる方も多かったのではないでし

2015年11月25日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年11月

月例ネット世論調査2015年11月2015年11月の月例ネット世論調査です。今回は11月18日21:18に実施しました。 トピックス安倍内閣支持率 5割超え 「支持する」51.1% 「支持しない」22.0% 前月比の増減は「支持する」+1.4、「支持しない」-2.9、「どちらとも言えない」+1.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。前回10月21日の調査で安倍内閣の支持率は、昨年暮れの衆議院総選挙以降、最も高くなりましたが、今月はさらに1.4ポイント増え、51.1%と5

2015年8月16日電通★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「若者×働く」調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研、「若者×働く」調査を実施2015年8月13日電通総研、「若者×働く」調査を実施●働いている18~29歳の若者の4割が「働くのは当たり前」だと思っているが、「できれば働きたくない」と思っている若者も3割。 ●若者の4割は安定した会社で働きたいと思っているが、

2015年6月22日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用についてのレポートです。

各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状人口減少の中で求められる生産性向上 第2回 ◆少子高齢化による生産年齢人口の減少を補うため、政府の政策では高齢者や女性などの労働参加を促すことに重点が置かれている。一方、製造業からサービス業への就業者シフトが鮮明になっており、サービス業を中心に産業毎に労働生産性を維持・向上させることが求められている。◆全産業の2014年の高齢化率(65歳以上の高齢就業者が占める割

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大阪府の調査です。

大阪府内製造業の医療関連産業への参入と企業行動について―「薬事法改正と医療分野等への参入状況に関する調査報告書―

インターンシップ等、大学との連携による人材育成に関する調査(資料No.149) 大阪府の完全失業率は年平均の推移をみる限り、東京都、神奈川県、愛知県といった他の主要都府県より高い水準で推移しており、かつ、非正規雇用者数の拡大により男女共に正規雇用率は減少しているなど、安定した仕事に就きたいと考えている学生や未就業者にとってみれば、大阪のここ数年の雇用情勢は決して安心できるものではない状況です。とりわけ若年層に関しては、有効求人倍率が高いにも関わらず完全失業率も高く、平成27年3月卒業の府内におけ

2015年4月10日大阪府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

関西・大阪の繊維産業の活性化に向けて―産業実態と支援方策について―

「若年女性の雇用・育成・定着に関する調査」(資料No.150) 労働力人口の減少や女性活躍推進法の施行(2016年4月1日)に伴い、女性の雇用や指導的立場への登用などの取組の進展が予測されますが、女性の活躍の実効性を高めるためには、若年女性(概ね34歳以下)が初職あるいは初職に準じる仕事を継続できることが重要だと考えられます。しかし、若年女性は、その就業観が多様であることに加えて、初職の段階から非正規雇用で就業する人も多いほか、正規雇用の初職を比較的短期間のうちに複合的な要因で離職してしまう現状

第12回北東アジア労働フォーラム報告書 最近の賃金動向と最低賃金制度

概要労働政策研究・研修機構(JILPT)は2014年9月26日、中国労働保障科学研究院(CALSS)・韓国労働研究院(KLI)との共催による第12回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)を東京で開催しました。日本では、2014年の民間企業の春季賃金交渉において、政府の働きかけのもと、大企業を中心に正社員の基本給を底上げするベースアップが実施され、賃上げ率は2.19%と13年ぶりの高水準を記録しました。長期に渡るデフレから脱却し、経済を持続的な成長に導くためには、継続的な賃金上昇ととも

アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差

アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差。 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差。 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスによる企業収益の拡大で雇用環

2015年1月21日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「紹介予定派遣」をテーマにアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 正社員を目指す女性の81%は紹介予定派遣で働きたいと回答。女性の転職意識調査~「紹介予定派遣」を発表~ 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」()上で、サイト利用者の女性706名(現在は、派遣社員や契約社員、アルバイト・パートなどの非正規で就業している方々が中心)を対象に「紹介予

2014年12月25日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

エン・ジャパンの調査です。

「仕事を辞めたいと思った瞬間」についてアンケート調査

29歳以下の非正規雇用者の95%が仕事を辞めたいと思ったことがある職種ごとに辞めたい動機には特徴が見られるー「エンチャレンジ!はた☆らく」ユーザーアンケート集計結果ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、アルバイト・派遣・正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイト「エンチャレンジ!はた☆らく」()上で、非正規雇用者中心のサイト利用者のうち、29歳以下の方517名を対象に「仕事を辞めたいと思った瞬間」についてアンケート調査を行ない

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今度こそ賃金は上昇するか逼迫した労働需給環境の維持と正規・非正規のミスマッチ解消を 2014年11月10日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司◆本稿では、デフレ脱却を実現するための条件について経済構造面から検討する。労働生産性の向上を通じた実質賃金の上昇はデフレ脱却を後押しすると期待されるが、生産性の伸び率の高低はデフレそのものの原因ではない。デフレ期の日本の労働生産性上昇率は海外主

生協の調査です。

社会保障とくらしの助け合いに関する調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2014年11月06日周囲との助け合い:何かあったとき「助けてもらえると思う」2割弱、 「助けたい」は5割強 ~「社会保障とくらしの助け合いに関する調査」~ 日本生協連は、2014年9月26日~27日の2日間、「社会保障とくらしの助け合いに関する調査」を実施し、このたび集計結果がまとまりましたのでご紹介します。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)■調査結果のトピックス ・現在の自分自身の生活に対する満足度 「満足」

2014年10月28日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「仕事のストレス」のアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 非正規より正規雇用者の方が仕事上のストレスを強く感じているストレスを「かなり強く感じる」方が非正規の2.7倍ー「エン派遣のお仕事情報」ユーザーアンケート集計結果ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材派遣会社集合サイト「エン派遣のお仕事情報」()上で、サイト利用者1,130名を対象に「仕事のストレス」のアンケート調査を行ないました。以下、概要をご

2014年10月8日南都経済研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

奈良県の南都経済研究所によるレポートです。

企業を取りまく雇用環境の現状~非正規雇用を中心として~

企業を取りまく雇用環境の現状~非正規雇用を中心として~

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感

二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感二極化するアベノミクスの浸透度-若年層と地方部ほど差の出る景況感 生活研究部 主任研究員 久我 尚子消費増税による反動減も落ち着き、個人消費は回復に向かうという見通しが多い。しかし、本当に景気は良くなっているのか?という消費者の疑問の声も聞く。昨年から、賞与や残業代等が増え、名目賃金は増加しているが、物

2014年9月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDの調査です。

OECD Employment Outlook 2014

雇用の回復は、2015年も弱い2014年9月3日ほとんどのOECD諸国で、失業率は2014年後半から2015年にかけて徐々に下がるものの、2015年も金融危機以前の水準を上回る見込みだと、OECD雇用アウトルック2014は述べています。それによると、OECD地域全体の平均失業率は今後18か月で漸減し、2014年半ばの7.4%から2015年末には7.1%になります。これはほぼ4,500万人が失業していることになり、金融危機前よりも1,210万人多い状態です。世界全体で見ると、推定で2億200万人が

2014年8月15日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

はたらこねっとユーザーアンケート-派遣法改正案編-

働く期間が短くなる改正案には反対意見42% 今後の派遣法改正案に期待することは「長期で働けること」「正規雇用されること」 はたらこねっとユーザーアンケート-派遣法改正案編-2014年08月15日報道関係者各位ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」()において、「はたらこねっとユーザーアンケート‒派遣法改正案編-」を実施しましたのでご報告いたします。今回実施した調査では、現在国会にて継続審議中の派遣法改

2014年8月3日マインドシェアフィードバック数:0キャリアとスキル

気になる! 隣の懐事情 パパとママの年収はいくら?

本音をいうと、よそさまの懐事情って気になりますよね。 ズバリ、みんないくらもらっているの!? ママこえ会員に、まずはパパの年収を聞いてみました。『ズバリ! パパの年収は?』 1位「500~600万円未満」21% 2位「200~300万円未満」18%「300~400万円未満」18% 4位「400~500万円未満」17% 5位「600~700万円未満」6% 6位「100~200万円未満」4%「700~800万円未満」4%「800~900万円未満」4% 9位「900~1000万円未満」3%「1000万

二極化するアベノミクスの浸透度~若年層と地方部ほど差の出る景況感

二極化するアベノミクスの浸透度~若年層と地方部ほど差の出る景況感 | ニッセイ基礎研究所 二極化するアベノミクスの浸透度~若年層と地方部ほど差の出る景況感 生活研究部 主任研究員 久我 尚子今年4月、消費税率が上がったが、個人消費の落ち込みは想定内の範囲、現在は徐々に戻りつつあり、7-9月期で回復に向かうという見通しが多い。しかし、消費者の実感としては、本当に景気は良くなっているのか?暮らし向きは良くなっているのか?という疑問の声もある。昨年から、賞与や残業代などが増え、名目賃金は増加している

2014年7月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7月2日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司賃金がなかなか上昇しない。安倍政権は政労使会議を開いて賃金上昇の必要性を共有したり、春闘では異例ながらも企業にベアを促したりするなど、賃金上昇の実現に向けて積極的に取り組んできた。実際、ベアを行った企業は例年よりもかなり多く見られた。だが、マクロ統計で一般労働者(≒正規社員)の所定内給与をみると、4月は前年比0.1%と3月(同▲0

2014年5月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成26年4月実施分)

統計表一覧:消費動向調査最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普

依然として遅れをとる若年雇用~若年層で「リア充」「ソロ充」が増えるのはいつ?

依然として遅れをとる若年雇用~若年層で「リア充」「ソロ充」が増えるのはいつ? | ニッセイ基礎研究所 依然として遅れをとる若年雇用~若年層で「リア充」「ソロ充」が増えるのはいつ? 生活研究部 准主任研究員 久我 尚子現実の生活が充実していることを「リア充」というのは、わりと有名だと思うが、そこから派生して、一人の生活が充実していることを「ソロ充」というらしい。ソロ(一人)で、自由気ままに、趣味や食事などを楽しんでいる様子を指し、一人でいることを前向きにとらえた言葉だ。確かに、現在の日本は「ソロ

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 | ニッセイ基礎研究所 女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年、成長戦略で「女性の活躍」が掲げられてから、各所で女性の

企業業績の前回増税時との比較

1.今月のグラフ ~拡大する非正規雇用の実態と課題2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:企業業績の前回増税時との比較 ~好調な企業業績を背景に、増税後も景気は底堅さを維持できるか? (1)企業業績の現状~97年増税時との比較(2)増税後の早期景気回復に必要なもの~求められる企業の利益還元

企業内での世代ごとの賃金問題です。

大企業における「2020年問題」~バブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費負担増~

大企業における「2020年問題」~バブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費負担増~ ○わが国の雇用や賃金における大企業の存在感は大きい。もっとも、足元では雇用に不足感が出始めたものの、大企業の人件費抑制姿勢は根強いままである。これまで、大企業では人件費抑制のために非正規雇用の拡大や若年雇用の抑制といった方法が採られてきた。また、団塊世代が賃金水準のピークを越えたことや退職が本格化し始めたことも、人件費の圧縮に繋がっている。○現在、大企業はバブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費の増加とい

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

日本は「正規雇用の解雇が最も難しい国」?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本は「正規雇用の解雇が最も難しい国」?EUと比べて雇用保護が厳しいわけではない。労働市場の二極化が問題 ◆日本では「国家戦略特別区域」の指定が迫りつつある中、規制緩和の柱である雇用に関する議論が活発化している。「解雇特区」などと表現され、正社員が解雇されやすくなるとの批判も多いが、OECDの指摘を引用して「日本は解雇が最もしづらい」と規制緩和の必要性を説く意見もある。OECDは以前から日本の正規雇用

2014年3月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く

毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く 押久保 直也・現金給与総額は前年比で3ヶ月ぶりの減少・雇用環境の回復基調が明確に3月4日に厚生労働省から発表された2014年1月の毎月勤労統計(速報)によると、1月の現金給与総額は前年比▲0.2%(12月:前年比0.5%)となり、3ヶ月ぶりに減少した。さらに、消費者物価が上昇基調を強めていることから、1月の実質賃金は前年比▲1.8%(12月:前年比▲1.3%)となり、7ヶ

2014年2月23日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化-

ノンテクニカルサマリー 需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化- 滝澤 美帆 (東洋大学) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 細野 薫 (学習院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究

2014年2月13日プレジデント社フィードバック数:0社会/政治

男女アンケート「何が少子化に効くか」

よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト 出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。 女性は待機児童問

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、生鮮食料価格の下落でインフレ率鈍化(Asia Weekly (1/13~1/17)) ~豪州では失業率横這いも、正規雇用者を中心に雇用環境は厳しい~

インド、生鮮食料価格の下落でインフレ率鈍化(Asia Weekly (1/13~1/17)) ~豪州では失業率横這いも、正規雇用者を中心に雇用環境は厳しい~

2013年12月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成25年11月実施分)

統計表一覧:消費動向調査最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普

2013年12月2日価格.com★フィードバック数:0キャリアとスキル

価格コムが冬のボーナスについての調査結果を公表しました。

冬のボーナス2013 -消費税増税前のボーナス、気になるみんなの使い道!-

価格.comリサーチ第74回のテーマは、「冬のボーナス」!2013年の冬季ボーナスについてお聞きしました。 消費税増税目前!支給額や使い道など、ユーザーの本音がいっぱい! みんなはいったいボーナスを何に使っているのか!? 要チェックです! 冬のボーナス推定支給額: 57.1万円。昨年より2.1万円増加する一方で、「ボーナス支給なし」も拡大。背景に、「非正規雇用」増加の可能性?今年2013年冬のボーナスの推定支給額は57.1万円。この額は、昨年2012年冬のボーナス調査結果に比べて、2.1万円(3

意識調査です。

社会保障に関する調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2013年11月28日「生活に満足」6割弱に対して「社会保障に不満」が7割強 日本生協連は、2013年9月、国民の社会保障制度に対する意識や考え方を明らかにするために、「社会保障調査」を実施しました。結果がまとまりましたのでご紹介します。■調査結果のトピックス①現在の社会保障に不満を持っており、将来への不安も大きい・現在の社会保障制度に不満を感じている:7割強・政府の行う社会保障政策は信用できない:7割強・自分に何かあ

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのレポートです。

期待が高まる女性労働力

2013年11月05日○就業者全体に占める女性の割合は上昇しており、今後も人口減少と少子高齢化が進むと見込まれる中、女性労働力への期待は高まっている。「日本再興戦略」では、女性のM字カーブの緩和を図り2020年に25~44歳女性の就業率を73%まで上昇させることが目標に掲げられた。これまでもM字カーブの緩和は進んでおり目標は実現可能な水準と考えられるが、目標を達成しても25~44歳女性の就業者数自体は減少することになるだろう。○1980年以降、女性の晩婚化だけでなく未婚化も進み、25~44歳の有

2013年10月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成25年9月実施分)

統計表一覧:消費動向調査消費者マインドアンケート(試行)を毎月末日を締切として行ってます。質問の数も少なく、ごく簡単なものですので、ぜひ毎月ご協力ください。(平成28年9月12日から実施中) 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調

多様な就業形態に関する実態調査

概要リーマン・ショック以降の時期を含んだ最近における非正規雇用の動向分析を行うとともに、近年において非正規雇用をめぐる重要な課題となっている正規・非正規間の均衡・均等処遇及び非正規から正社員への転換に関する分析等を行うことを目的として、平成22年8月に実施したアンケート調査「多様な就業形態に関する実態調査(事業所調査・従業員調査)」の結果データをとりまとめた。この調査の分析結果は先に労働政策研究書No.132として公表しており、この調査シリーズはその「データ編」の性格を持つ。「事業所調査」(雇

2013年8月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会保険料負担と雇用構造:企業属性に着目したマイクロデータ分析

ノンテクニカルサマリー 社会保険料負担と雇用構造:企業属性に着目したマイクロデータ分析 小林 庸平 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 及川 景太 (カリフォルニア大学デービス校) 曽根 哲郎 (経済産業省) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり

2013年7月3日みずほ総合研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

非正規雇用者の低年金リスク、多様な雇用モデルも

非正規雇用者の低年金リスク、多様な雇用モデルも

2013年6月19日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

非正規雇用者の低年金リスク~雇用政策により将来の低年金者の発生を抑制へ~

非正規雇用者の低年金リスク~雇用政策により将来の低年金者の発生を抑制へ~

「育休3年」の是非を問う前に?

「育休3年」の是非を問う前に? | ニッセイ基礎研究所 「育休3年」の是非を問う前に? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子5月に成長戦略の第一弾として女性の活躍が位置づけられた。現在、女性の活躍を推進するためのいくつかの施策について議論が進められている。その中でも特に「育児休業期間の3年への延長」については注目度が高い印象がある。これまでの様々な報道を眺めると、本当に女性の活躍を支援する施策になっているのかという疑念の声が多いようだ。「変化の激しい現代社会では3年もブランクがあっては復帰が難し

2013年6月3日大和総研フィードバック数:2社会/政治

1998年を節目とした日本経済の変貌

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1998年を節目とした日本経済の変貌~「失われた20年」以外の成長低迷とデフレの見方~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載 バブル崩壊後の1991年を節目として「失われた20年」と言われることがあるが、家計部門の変化の節目は1998年であったと考えられる。正規雇用者の減少とその賃金の低下、一方で賃金水準は上昇しても格段に水準の低いままの非正規雇用者の増加、結果としてのトータルの雇

2013年5月15日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(平成25年4月実施分)

統計表一覧:消費動向調査最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普

若者のライフスタイルと生保加入についての調査です。

若年層の生保加入の状況と要因 -就労形態の差異を考慮したコミュニケーションの必要性-

若年層の生保加入の状況と要因 -就労形態の差異を考慮したコミュニケーションの必要性- | ニッセイ基礎研究所 若年層の生保加入の状況と要因 -就労形態の差異を考慮したコミュニケーションの必要性- 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀若年層が生保離れしていると言われるようになって久しい。この背景としては、非正規雇用者の増加や所得の伸び悩み、家族形成に関する意識や実態の変化など、様々な要因が語られている。本稿では、若年層におけるいわゆる生保離れの実態とその要因について、明らかに

生活保護についてのレポートです。

格差・貧困の拡大と生活保護クライシス

格差・貧困の拡大と生活保護クライシス | ニッセイ基礎研究所 格差・貧困の拡大と生活保護クライシス 社会研究部 主任研究員 土堤内 昭雄はじめに~過去最多の生活保護受給者1――生活保護受給者・世帯の現状と課題2――生活保護給付費・財源の現状と課題3――生活保護クライシスへの対応おわりに~幸福度からみた政策選択社会保障制度というと、誰もが年金・医療・介護は自らのこととして捉えるだろうが、「生活保護」については当事者意識も薄く、すぐには思い浮かばない人も多いだろう。最近では、高収入の芸能人の母親が

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化 久米 功一(名古屋商科大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要非正規雇用は、無業者・失業者を雇用につなぎ、さらに正社員へ転換するステップとしての役割が期待されている。本稿では、非正規雇用を主な対象とするWebアンケート調査の結果を用いて、非正規雇用から正社員あるいは失業に転じる場合の決定要因について、雇用形態や留保賃金の違いに注目して実証的に分析した。その結果、前職が契約社員、卒業直後に正社員、前職の労働時間が長い、企業規模が小さい、人的

2012年10月12日内閣府フィードバック数:53社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年9月実施分)

統計表一覧:消費動向調査消費者マインドアンケート(試行)を毎月末日を締切として行ってます。質問の数も少なく、ごく簡単なものですので、ぜひ毎月ご協力ください。(平成28年9月12日から実施中) 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調

2012年7月11日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年6月実施分)

統計表一覧:消費動向調査消費者マインドアンケート(試行)を毎月末日を締切として行ってます。質問の数も少なく、ごく簡単なものですので、ぜひ毎月ご協力ください。(平成28年9月12日から実施中) 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調

2012年3月13日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年2月実施分)

統計表一覧:消費動向調査最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ