「歳出削減」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 | ニッセイ基礎研究所 財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2020年度までの財政健全化計画に新たな目標を設定するとの見方が浮上している。従来の基礎的財政収支(以下、プライマリーバランス)の2020年度黒字化という目標に、新たに債

2015年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル、物価抑制に本腰を入れられるか ~中銀の姿勢は不変、政府には一段の歳出削減などが求められよう~

ブラジル、物価抑制に本腰を入れられるか ~中銀の姿勢は不変、政府には一段の歳出削減などが求められよう~

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル、政策の矛盾を理由に格付引き下げ ~「投資適格」の最低水準に。他の格付機関が追随する可能性あり~

1/2World Trendsブラジル、政策の矛盾を理由に格付引き下げ~「投資適格」の最低水準に。他の格付機関が追随する可能性あり~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年3月28日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 24日、米S&P社はブラジルの信用格付を1ノッチ引き下げ、同国は「投資適格」の中で最低水準になっ た。同社は、格下げの理由として「政策の一貫性の欠如」と「低成長の継続」を挙げている。インフレ懸 念がくすぶる

2013年9月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2013年、2014年、2015年経済予測 ~緩和的な金融政策に支えられ、緩やかな経済成長持続~

U.S.Trends米国 2013年2013年、2014年2014年、2015年2015年経済予測~緩和的緩和的なな金融政策金融政策にに支えられえられ、、緩やかなやかな経済経済成長経済成長持続成長持続~持続~発表日:201発表日:20132013年9月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○2013 年の米国実質GDP成長率は、自動歳出削減など緊縮財政の強化等を背景に前年比+1.6%(5月予測同+1.8%)にとどまろう。14 年は

2013年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

歳出削減に追われる米国防予算~後手に回る戦略的な対応~

歳出削減に追われる米国防予算~後手に回る戦略的な対応~

2013年6月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 ISM製造業景気指数(13年5月) ~歳出削減や欧州・中国での需要鈍化等を受け、米製造業部門は6か月ぶりに縮小~

米国 ISM製造業景気指数(13年5月) ~歳出削減や欧州・中国での需要鈍化等を受け、米製造業部門は6か月ぶりに縮小~

増税下で底堅さを見せる米経済

増税下で底堅さを見せる米経済 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年初の「財政の崖」合意に伴う実質的な増税や3月に開始された強制歳出削減等は、米国経済に抑制的に作用する。特に、所得面への影響を通じた個人消費の減速が懸念されている。ただし、好調な自動車や年末に掛けての駆け込み的な所得増等を背景に、1-3月期の実質個人消費は同

米経済指標悪化で先行き不透明感~増税・歳出削減の影響を警戒

米経済指標悪化で先行き不透明感~増税・歳出削減の影響を警戒 | ニッセイ基礎研究所 米経済指標悪化で先行き不透明感~増税・歳出削減の影響を警戒 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1-3月期GDP速報値の市場予想は、前期の年率0.4%から2%台への上昇が見込まれる。ただし、多くは在庫変動

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2012~2014年度日米経済見通し 米国 ~緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続~

Ⅱ.米国経済見通し ~緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続~経済調査部 桂畑 誠治(要旨)○2013 年の米国実質GDP成長率は、緊縮財政の強化等を背景に前年比+1.5%(11 月予測同+1.5%)にとどまろう。14 年は財政政策の先行き不透明感の払拭、緩和的な金融政策の継続等により同+2.4%(11 月同+2.3%)と小幅加速すると予想される。○減税の終了や歳出削減などが同時期に実施される「財政の崖」は大部分が回避できたが、給与税率の引き上げ、世帯収入が 45 万ドル以上の所得税率の引

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続(2013、2014年経済予測) ~実質GDP成長率は、13年+1.5%、14年+2.4%と徐々に安定成長へ~

U.S.Trends米国 緊縮財政のもと緊縮財政のもと金融緩和効果等により成長持続により成長持続のもと金融緩和の金融緩和の効果等(20201313、、2014年経済予測132014年経済予測)年経済予測)~実質GDPGDP成長率成長率はは、13年安定成長へへ~実質GDP成長率13年+1.5%、14%、14年14年+2.4%と徐々に徐々に安定成長発表日:201発表日:20132013年3月8日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○20

二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ

二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ | ニッセイ基礎研究所 二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大統領選挙後も政権・議会との勢力図に変化は無くネジレ状態が続いたため、年末・年始に期限を迎えた「財政の崖」の合意が難航、年明けにずれ込んだものの、オバマ大統領が

2012年12月25日内閣府★フィードバック数:1社会/政治

「財政の崖」についてのレポートです。

山場を迎える「財政の崖」問題

1.はじめにアメリカ経済は弱めの回復ながら、住宅や個人消費など家計部門を中心に、このところ底堅さもみられる。しかしながら、先行きについては、いわゆる「財政の崖」問題が大きなリスクとして立ちはだかっており、年末に向けてこの問題への対応が注目されている。今年 11 月の大統領選挙でオバマ大統領が再選された一方、同月の議会選挙で共和党が議会の多数派を確保したことから、現在、それぞれの立場から様々な提案と交渉が行われている。「財政の崖」とは、現行法の下では、ブッシュ政権時代に実施された 2001 年以降

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ