「死生観」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月25日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

独身男女の死生観の実態調査

ニュース非公開: 【独身男女の死生観の実態調査】生まれ変わっても「おひとりさま人生」を望む40代以上が 男女ともに半数を超え、暮らしぶりに満足 ~終活に対する興味関心度の高さにおいて、総じて女性が男性を上回る 女性は将来を見据えて終活意欲が高い一方、 男性は結婚意欲の高さを見せるなど、今を生きる傾向に~ 近年、終活への関心が高まる中、自身の終末期を想像し、お葬式やお墓に関する不安を抱える人は増加しています。2018年1月に発表された厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、日本

2017年10月15日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本人の「死ぬ場所」が変化、施設死が急増している理由

長らく「病院で亡くなるのが当たり前」だった日本「病院で亡くなるのが当たりまえ」という日本人の死生観が変わりつつあるようだ。昨年、2016年には病院で亡くなる人の割合が4人のうち3人にまで下がった。 厚労省が9月15日に公表した2016年の人口動態統計の確定値による。全死亡者は130万7748人。その中で病院と診療所を合わせた医療機関で亡くなった人は99万630人で、全体に占める割合が、前年比0.8ポイント減の75.8%となった(図1)。75.8%は1991年と同率で、実に26年前の水準に戻ったこ

2015年5月7日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

死生観に関する調査

“成熟”が感じられない高齢者。中年世代と大差ない姿勢、価値観。【死生観に関する調査】死に対する考え方や姿勢において、年代による顕著な差は見られませんでした。日本において高齢期に幸福度が高まらない状況は、今回の調査からうかがえた、高齢者が高齢期に相応しい成熟をしていない(考え方、価値観が中年世代と変わりない)ことに原因があるとも考えられます。 高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二、)は、当研究所のモニター会

2014年11月19日老いの工学研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

死生観についての調査です。

現役世代の死生観に関する調査

【現役世代の死生観に関する調査】死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなった時」。 医師による判断は半数を下回る。20歳代~50歳代までを対象に、死生観を調査。死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなったとき」が87%でトップ。次いで、「周囲に迷惑をかけるようになったとき」が73%となった。また、自分の死を意識している人は、意欲的・自律的・前向きで、幸福度が高いことが分かった。 高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ