「比較分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月4日総務省フィードバック数:0社会/政治

日本と英国のビジネスデモグラフィーの比較分析

ここから本文です。リサーチペーパー 第33号概要タイトル 日本と英国のビジネスデモグラフィーの比較分析 著者 (原稿執筆時の所属大学) 菅 幹雄 (法政大学 経済学部 教授) 森 博美 (法政大学 経済学部 教授)刊行年月 2014年8月全文PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、 バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号 電話03-527

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査 ◆ 利用ユーザー(540名) の利用実態を調査。過去7回の調査との比較分析も実施。◆ 導入ユーザーの用途は、「会議のみ」が60%、「会議以外にも使う」が40%。Web会議の「会議以外利用」が44%と、業務そのものに使う割合が増加。◆ 今後使いたい端末は 「iPad」。◆ 回答者の所属する企業・団体のBYOD(*)は、従業員数が少ない企業ほど「認められている」傾向。 (*)BYOD…(Bring

2012年9月11日総務省★フィードバック数:101セキュリティ/ネットワーク

スマートフォンの普及など環境面も含めた調査です。

「青少年のインターネット・リテラシー指標」の公表

報道資料「青少年のインターネット・リテラシー指標」の公表総務省では、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、別添のとおり結果概要を「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標(ILAS)」として取りまとめましたので、公表します。(報告書全体は、後日、情報通信政策研究所のホームページに掲載予定)1 経緯・目的総務省では昨年度、インターネット・リテラシー向上施策の重要性に鑑み、今後同施策を効果的に進めていくために、青少年のインターネット・リテラシーを可視化

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ