調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 民事再生法

「民事再生法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年1月の全国企業倒産605件

倒産件数が605件 1月としては1990年以来の低水準 2017年(平成29年)1月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が605件、負債総額は1,284億8,700万円だった。は、前年同月比10.3%減(70件減)。2カ月ぶりに前年同月を下回り、1月としては1990年(455件)以来の低水準にとどまった。産業別件数では10産業のうち9産業で前年同月より減少した中で、唯一増加した「サービス業他」(前年同月比11.8%増)は、6カ月連続で前年同月を上回った。これは飲食業(53→64件

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「民事再生法」適用企業の追跡調査 (2000年度-2015年度)

「民事再生法」適用企業の追跡調査 (2000年度-2015年度) 公開日付:2017.01.13 2000年4月の民事再生法の施行から16年を経過した。民事再生法は和議法に代わる再生手続きで、債務超過の可能性があれば申し立てられ、経営陣が引き続き経営を担える弾力的な手続きでもある。東京商工リサーチでは、2000年4月1日から2016年3月31日までに負債1,000万円以上を抱え民事再生法を申請した9,406件(法人、個人企業含む)のうち、進捗が確認できた法人7,341社を対象に経過日数や事業継続

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年(平成28年)の全国企業倒産8,446件

倒産件数が8,446件 8年連続で前年を下回り1990年以来の低水準 2016年(平成28年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,446件、負債総額が2兆61億1,900万円だった。は、前年比4.1%減(366件減)。8年連続で前年を下回り、1990年(6,468件)以来の低水準だった。月次ベースの最多は6月763件にとどまり、年間を通して1回も800件に達せず倒産の抑制が際立った。要因としては、依然として変わらず金融機関が中小企業のリスケ要請に積極的に対応しているほか、上向きな景

2016年12月23日zuuonline★★フィードバック数:0ビジネス

2016年倒産企業ランキング ワースト10 件数少なめ、1位はあの大企業の子会社

負債総額1000万超は何件?2016年倒産企業ランキング ワースト10 件数少なめ、1位はあの大企業の子会社(写真=Thinkstock/Getty Images) 負債総額1000万円以上の全国企業倒産は7736件発生した――。東京商工リサーチが調べたもので、2016年1月から11月末までが対象だ。例年よりもかなり少ないペースのようだ。たとえば前年2015年は11月末時点での倒産件数が8113件だった。同年は12月末まであわせても8812件で、90年以来25年ぶりに年間倒産件数が9000件を下

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(10月)

公開日付:2016.11.09 10月の「チャイナリスク」関連倒産は7件(前年同月比46.1%減)で、5カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は38億8,000万円(同40.4%減)と大幅に減少した。ただ、2016年1-10月累計は88件(前年同期85件、前年同期比3.5%増)と前年同期を上回っている。前年は、第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、法人番号:2010001113921、東京都)が負債1,196億700万円を抱えて民事再生法の適用を申請したが、今期はこれに匹敵す

2016年10月18日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年度上半期

2016年度上半期報倒産件数は4059件、リーマン・ショック後で最少 負債総額は6756億200万円、2000年度以降最小を記録主要ポイント■2016年度上半期の倒産件数は4059件(前年同期4217件、前年同期比3.7%減)と、7年連続で前年同期を下回り、リーマン・ショック後最少を更新。負債総額は6756億200万円(前年同期8485億8700万円)と、半期ベースでは2000年度以降最小■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同期を下回った■「チャイナリスク関連倒産」は56件(前年同期41件)判

2016年8月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年7月の全国企業倒産712件

倒産件数が712件 5カ月連続で前年同月を下回る 2016年(平成28年)7月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が712件、負債総額は1,240億1,900万円だった。は、前年同月比9.5%減(75件減)。5カ月連続で前年同月を下回り、直近から遡ると7月度では1991年以降の26年間で最少だった。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いている。これに対しては、前年同月比3

2016年7月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年6月の全国企業倒産763件

倒産件数が763件 6月としては26年ぶりの800件割れ 2016年(平成28年)6月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が763件、負債総額は1,080億6,500万円だった。は、前年同月比7.4%減(61件減)で4カ月連続で前年同月を下回った。6月としては1990年(516件)以来、26年ぶりに800件を割り込んだ。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いている。は、前

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年5月の全国企業倒産671件

倒産件数が今年最少の671件 5月としては26年ぶりの700件割れ 2016年(平成28年)5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が671件、負債総額は1,158億5,200万円だった。は、前年同月比7.3%減(53件減)で3カ月連続で前年同月を下回った。5月としては1990年(501件)以来、26年ぶりに700件を割り込んだ。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いてい

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度(平成27年度)の全国企業倒産8,684件

件数が8,684件 年度としては25年ぶりの9,000件割れ 2015年度(2015年4月-2016年3月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,684件、負債総額が2兆358億4,300万円だった。は、前年度比9.0%減(859件減)。年度としては7年連続で前年を下回り、1990年度(7,157件)以来、25年ぶりに9,000件を割り込んだ。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援効果や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形での景気の底上げ

2016年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1月の全国企業倒産675件

倒産件数が675件 1月としては25年ぶりの700件割れ 2016年(平成28年)1月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が675件、負債総額は1,269億2,700万円だった。は、前年同月比6.3%減(46件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回った。前月は、船舶運航管理会社グループ39社が同時に会社更生手続きの開始決定を受けた特殊要因もあって9カ月ぶりに前年同月を上回った。しかし、当月は1月では1991年(645件)以来、25年ぶりの700件割れで依然として低水準な基調に変わりがな

2016年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「酒小売業」の倒産状況

公開日付:2016.02.04 2015年(1-12月)の「酒小売業」の倒産は44件で、前年(36件)より22.2%増加した。人口減少や高齢化の進行などで酒類販売数量が減少傾向にあるなか、他業者、同業者間の熾烈な競争を続けた結果、体力を消耗して退場することが増加の背景にある。また、全体の8割以上を負債1億円未満が占める小・零細規模が多い業界で、負債1億円以上が8件(前年3件)とやや大型化し、中堅クラスにまで淘汰の流れが広がりつつある。さらに、倒産だけでなく休廃業・解散も4年連続で増加をたどってお

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の全国企業倒産8,812件

2015年(平成27年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,812件、負債総額が2兆1,123億8,200万円だった。は、前年比9.4%減(919件減)。7年連続で前年を下回り、1990年(6,468件)以来、25年ぶりに9,000件を割り込んだ。月次ベースでは、年間を通して1回も900件には達せず、倒産抑制がより際立った。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年11月の全国企業倒産

倒産件数が711件 11月度としては1990年以来の低水準 2015年(平成27年)11月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が711件、負債総額は1,416億5,000万円だった。は、前年同月比3.3%減(25件減)で、8カ月連続で前年同月を下回った。また11月度としては、1990年(633件)以来の低水準だった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した。ただし、前年同月比

2015年8月3日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

民事再生法を申請した上場118社の追跡調査

2015/8/3民事再生法を申請した上場118社の追跡調査過去15年で再上場1社のみ〜 存続企業も4割にとどまる 〜はじめに民事再生手続き中のスカイマーク(株)(元・東証1部)の支援企業選定が大詰めを迎えている。ANA、デルタという日米の航空大手がスポンサーの座を争う異例の展開は、8月5日に債権者集会が開かれる。新たなスポンサーの下で、将来的な再上場も視野に再建を目指すスカイマーク(株)の動向から当面目が離せない。■帝国データバンクは、2000年4月の民事再生法施行後に同法を申請した上場会社11

2015年5月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年4月の全国企業倒産748件

倒産件数が4月としては過去20年間で最少748件、上場企業倒産が1件発生 2015年(平成27年)4月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が748件、負債総額は1,927億7,900万円だった。は、前年同月比18.1%減(166件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回った。4月度としては、1996年以降の過去20年間では最少件数にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることや、景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の影響、さらに中小企業向け貸出金の増加も経営を

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度(平成26年度)の全国企業倒産9,543件

件数が9,543件 年度としては24年ぶりの1万件割れ 2014年度(2014年4月~2015年3月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は9,543件、負債総額が1兆8,686億500万円だった。は、前年度比9.4%減(993件減)。年度としては6年連続で前年を下回り、1990年度(7,157件)以来、24年ぶりに1万件を割り込んだ。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、消費税率引き上げに対応して景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の効果などが挙げられ

2015年3月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年2月の全国企業倒産692件

倒産件数が692件 2月度としては24年ぶりの700件割れ 2015年(平成27年)2月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が692件、負債総額は1,511億8,000万円だった。は、前年同月比11.5%減(90件減)で5カ月連続で前年同月を下回った。2月度としては1991年(677件)以来、24年ぶりに700件を下回る低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の影響、さらに中小企業向け貸出金の増加も経営を下

2015年2月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2015年1月報

倒産件数は708件、18カ月連続の前年同月比減少負債総額は1601億円、2カ月ぶりの前年同月比減少 ■倒産件数は708件で、前年同月比12.5%の大幅減少となり、18カ月連続で前年同月を下回った。2ケタの大幅減少は4カ月連続となり、1月としては2005年(691件)に次ぐ低水準となった■負債総額は1601億円で、前年同月から46.9%の大幅減少を記録するとともに、2カ月ぶりに前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回った。なかでも建設業(117件、前年同月比30.

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年1月の全国企業倒産721件

倒産件数721件で低水準が続く 上場企業倒産が17カ月ぶりに発生 2015年(平成27年)1月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が721件、負債総額は1,680億7,000万円だった。は、前年同月比16.5%減(143件減)で4カ月連続で前年同月を下回った。1月度としては1991年(645件)以来、24年ぶりに800件を下回る低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、年末・年明け資金の円滑化が図られたこと、さらに景気対策として実施された公共事業の前倒

2015年1月13日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の全国企業倒産9,731件

倒産件数が24年ぶり1万件を下回る 上場企業倒産も24年ぶりのゼロ 2014年(平成26年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は9,731件、負債総額が1兆8,740億6,500万円だった。は、前年比10.3%減(1,124件減)。6年連続で前年を下回り、1990年(6,468件)以来、24年ぶりに1万件を下回った。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、4月の消費税率引き上げに対応して景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の効果などが挙げられる。月次ベー

2014年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年11月の全国企業倒産736件 11月度としては24年ぶりの800件割れで抑制続く

倒産件数が736件 11月度としては24年ぶりの800件割れで抑制続く 2014年(平成26年)11月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が736件、負債総額は1,154億7,700万円だった。は、前年同月比14.6%減(126件減)で2カ月連続で前年同月を下回った。11月度としては1990年(633件)以来、24年ぶりに800件を下回る低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、景気対策として実施された公共事業の前倒し発注などが抑制効果を高めた。は、同

2014年10月8日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

上期のまとめです。

2014年度上半期(4-9月)の全国企業倒産 5,049件 年度上半期として1990年度以来の低水準

2014年度上半期(4-9月)の全国企業倒産 5,049件 年度上半期として1990年度以来の低水準倒産件数は5,049件 年度上半期としては1990年度以来の低水準 2014年度(平成26年度)上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が5,049件、負債総額が9,078億2,000万円だった。は、前年同期比8.2%減。年度上半期としては6年連続で減少し、最近ではバブル時の1990年度(3,070件)に次ぐ低水準にとどまった。これは、金融機関が中小企業のリスケ要請に応

2014年9月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年8月の全国企業倒産727件で今年最少 4カ月連続で前年同月を下回る

2014年8月の全国企業倒産727件で今年最少 4カ月連続で前年同月を下回る倒産件数が今年最少727件 4カ月連続で前年同月を下回る 2014年(平成26年)8月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が727件、負債総額は1,357億6,400万円だった。は、今年最少。前年同月比11.2%減で、4カ月連続で前年同月を下回った。月次ベースでは、バブル景気時の1991年2月(677件)以来の低水準にとどまった。2013年12月(750件)を底に、漸増傾向が続いていた月次推移は一段落した

2014年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年6月の全国企業倒産865件 建設業倒産が増加に転じる

2014年6月の全国企業倒産865件 建設業倒産が増加に転じる倒産件数865件で2カ月連続減少 建設業倒産は28カ月ぶりに前年同月を上回る 2014年(平成26年)6月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が865件、負債総額は1,920億3,700万円だった。は前年同月比3.5%減(32件減)。2カ月連続で前年同月を下回った。6月度としては過去20年間で最少だった。ただし、月次推移をみると、2013年12月(750件)を底にして減少傾向の下げ止まりも窺え、今後の推移が注目される。

2014年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年2月の全国企業倒産782件

倒産件数 2月としては23年ぶり低水準、16カ月連続で前年同月を下回る 2014年(平成26年)2月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が782件、負債総額は1,161億9,500万円だった。。は、前年同月比14.6%減で、前年同月比の減少期間は過去6番目の16カ月連続に延びた(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。2月としてはバブル期の1991年(677件)以来、23年ぶりに900件を下回った。企業

2014年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年都道府県別平均負債額 過去20年間で最少の2億5,600万円

2013年都道府県別平均負債額 過去20年間で最少の2億5,600万円 公開日付:2014.02.10 2013年の企業倒産は22年ぶりの低水準だったが、全国平均負債額も過去20年で最少の2億5,600万円に低下した。負債5千万円未満の小規模倒産が2社に1社を占め、都道府県別では北海道が2013年最大の大型倒産カブトデコム(株)の影響でトップになった。 ※本調査は、2013年企業倒産の平均負債額(年間負債総額÷年間倒産件数)を、都道府県別に算出し、過去データと比較した。 2013年の倒産件数は2

2014年1月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

年間のまとめです。

2013年(平成25年)[1-12月] 全国企業倒産状況

件数が1万855件 22年ぶりに1万1,000件を下回る 倒産抑制が際立つ 2013年(平成25年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は1万855件、負債総額が2兆7,823億4,700万円だった。は、前年比10.4%減。5年連続で前年を下回り、1991年(1万723件)以来、22年ぶりに1万1,000件を下回る低水準。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じているほか、「中小企業金融円滑化法」の期限切れに伴い実施された中小企業金融モニタリング体制の効果などが挙げられる。は、

2013年11月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年10月の全国企業倒産 959件 12カ月連続減少

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数は12カ月連続減 「円滑化法」関連が過去2番目の51件2013年(平成25年)10月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は959件、負債総額が1,553億4,500万円だった。 は、前年同月比7.3%減で、12カ月連続で前年同月を下回った。10月度としては、1991年以降のバブル崩壊後の23年間では最少になった。企業倒産は、4月以降も中小企業金融円滑化法の終了前の水準が続く中小企業のリスケ要請に金融機関が応じて

2013年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度上半期(4-9月)の全国企業倒産 5,505件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が5,620件 上半期としては22年ぶりの6,000件割れ2013年度(平成25年度)上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が5,505件(前年同期比9.0%減)、負債総額は1兆7,990億4,500万円(同0.5%減)だった。 は、年度上半期としては5年連続の減少で、6,000件を下回ったのは1991年度(5,244件)以来、22年ぶりの低水準。中小企業金融円滑化法の終了に対応した政府の「中

2013年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年9月の全国企業倒産 820件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)9月の倒産件数は820件 9月としては1990年以来の低水準2013年(平成25年)9月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は820件、負債総額が1,902億200万円だった。倒産件数は、前年同月比11.9%減で、11カ月連続で前年同月を下回った。9月としては、バブル景気時の1990年(531件)以来の低水準にとどまった。企業倒産は、中小企業金融円滑化法の終了に対応した政府の「中小企業金融モニタリング体制」や、低迷して

2013年9月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年8月の全国企業倒産 819件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)8月の倒産件数は819件 21年11カ月ぶりに850件を下回る2013年(平成25年)8月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は819件、負債総額が1,662億5,900万円だった。 は、前年同月比15.3%減で、10カ月連続で前年同月を下回った。月次倒産が850件を下回ったのは、1991年9月(845件)以来で、21年11カ月ぶりの低水準になった。これは、中小企業金融円滑化法の終了に対応した「中小企業金融モニタリング

2013年7月11日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

2013年6月の全国企業倒産 897件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)6月の倒産件数は今年最少の897件 8カ月連続で前年同月を下回る2013年(平成25年)6月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は897件、負債総額が3,837億400万円だった。は、前年同月比8.0%減で8カ月連続で前年同月を下回った。また、4月の899件を下回り今年最少を記録し、6月度では過去20年間で最も少ない低水準だった。は、前年同月比111.2%増と急増した。6月度では、5年ぶりに前年同月を上回った。前年同月

2013年7月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

2013年上半期(1-6月)の全国企業倒産 5,620件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が5,620件 上半期としては22年ぶりの6,000件割れ2013年(平成25年)上半期(1-6月)の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は5,620件、負債総額が1兆7,987億1,700万円となった。 は、前年同期比10.9%減で、上半期としては4年連続で前年同期を下回り、1991年(4,723件)以来22年ぶりに6,000件を下回る低水準だった。 は、前年同期比10.4%減。上半期としては、2011年(1兆6

2013年4月8日帝国データバンクフィードバック数:3ビジネス

「再倒産企業」の動向調査

2013年4月8日2012年度は37件、3年ぶりの増加〜 東海興業の再倒産で、累計367件に達する 〜 4月2日、建築工事業の東海興業(東京都)が負債約140億円を抱えて、民事再生法を申請した。同社は1997年7月にも会社更生法を申請し(当時の負債5110億円)、2005年3月に更生手続きを終結していたが、市況悪化や多額の不良債権発生などから、2度目の倒産に追い込まれた。帝国データバンクは、1987年以降の倒産データを元に、会社更生法、民事再生法、旧・商法整理、旧・和議などの“再建型の法的整理

2013年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:6ビジネス

2013年(平成25年)2月度 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)件数・負債総額が2月としては過去20年間で最少 倒産の小型化が加速2013年(平成25年)2月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は916件、負債総額が1,719億7,100万円だった。は、前年同月比11.7%減で4カ月連続で前年同月を下回った。また、2月としては、1994年以降の過去20年間では、1999年(939件)を下回り最少件数となった。「中小企業金融円滑化法」などの各種金融支援効果で依然として倒産が抑制されて

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2013年(平成25年)1月度 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が1月としては過去20年間で最少 「金融円滑化法」関連倒産が25件2013年(平成25年)1月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は934件、負債総額が2,246億1,500万円だった。倒産件数は、前年同月比5.1%減で3カ月連続で前年同月を下回った。また、1月としては、1994年以降の過去20年間では、1999年(976件)を下回り最少件数となった。依然として「中小企業金融円滑化法」などの各種金融支援効果倒産

2012年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

2012年(平成24年)7月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 負債総額が前年同月より3.2倍に膨らみ今年最大 倒産件数は2カ月連続減少 2012年(平成24年)7月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,026件、負債総額が7,241億円となった。 倒産件数は、前年同月比5.0%減で、7月としては1993年以降の過去20年間で2006年(1,051件)に次いで2番目に少ない低水準だった。 負債総額は、同227.

2012年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:3ビジネス

2012年(平成24年)5月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が前年同月比7.1%増の1,148件 3カ月ぶりに前年同月を上回る 2012年(平成24年)5月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,148件、負債総額が2,825億5,800万円となった。 倒産件数は、前年同月比7.1%増となり、3カ月ぶりに前年同月を上回った。また5月としては、2009年(1,203件)以来の1,100件超えとなった。 

2011年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

2011年(平成23年)7月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が3カ月連続で前年同月を上回る 7月「震災関連」倒産は68件発生 2011(平成23)年7月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,081件、負債総額が2,209億1,200万円となった。 倒産件数は、前年同月比1.4%増となり、3カ月連続で前年同月を上回った。 倒産件数の増勢の背景には、7月の「東日本大震災」関連の倒産が68件発生するなど震

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ