「民間在庫」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年5月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年5月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年5月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年5月末)」、「民間在庫の推移(平成27年5月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE概要

Q E 解 説2015 年 6 月 8 日2015 年 1~3 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)に上方修正(1次速報前期比+0.6%、年率+2.4%)。設備投資と在庫投資の上方修正が主因○ 設備投資と在庫投資が上方修正されたことで、民間需要の寄与度が上振れ(+0.8%Pt⇒+1.2%Pt)。公的需要は小幅に

2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE予測

Q E 予 測2015 年 6 月 1 日2015 年 1~3 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.9%(年率+3.7%Pt)と、1次速報の前期比+0.6%(年率+2.4%)から上方修正される見通し○在庫投資が下方修正される一方、設備投資が大幅に上方修正されると予測。設備投資が大幅な増加(前期比+3.8%)となることで、企業の投資意欲の回

2015年5月29日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年4月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年4月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年4月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年4月末)」、「民間在庫の推移(平成27年4月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期1次QE概要

Q E 解 説2015 年 5 月 20 日2015 年 1~3 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 1~3月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.6%(年率+2.4%)と2四半期連続のプラス成長。燃料輸入の増加が成長率を押し下げたものの、個人消費や輸出が回復基調を維持○ 燃料輸入の増加で外需(前期比寄与度▲0.2%Pt)がマイナス寄与となったほか、公共投資の減少から公需(同▲0.0%P

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2015年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期1次QE予測

Q E 予 測2015 年 5 月 1 日2015 年 1~3 月期 1 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.4%(年率+1.6%)と予測。個人消費が小幅な増加にとどまる一方、在庫投資がプラス寄与に転じ、景気回復の力強さに欠ける内容に○ 個人消費が小幅な増加となる中、在庫投資の拡大を主因に民需はプラス寄与を拡大。輸出の増加が続く一方、輸入も拡大した

2015年4月29日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年3月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年3月) 農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年3月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年3月末)」、「民間在庫の推移(平成27年3月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりき

2015年3月31日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年2月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年2月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年2月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年2月末)」、「民間在庫の推移(平成27年2月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~14年度:▲1.0%、15年度:1.9%、16年度:2.0%~

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~14 年 度 :▲1.0%、15 年 度 :1.9%、16 年 度 :2.0%~調査第二部3 月 9 日に発表された 2014 年 10~12景気の現状月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)などを踏まえ、当総研は 2 月 19 日に公表した15 年 1 月分の主要経済指標を眺めてみ「2014~16 年度経済見通し」の見直し作ると、輸出は堅調であるが、国内景気の業を行った。持ち直しテンポ

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~14 年 度 :▲1.0%、15 年 度 :1.9%、16 年 度 :2.0%~調査第二部3 月 9 日に発表された 2014 年 10~12月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)などを景気の現状踏まえ、当総研は 2 月 19 日に公表した15 年 1 月分の主要経済指標を眺めてみ「2014~16 年度経済見通し」の見直し作ると、輸出は堅調であるが、国内景気の業を行った。持ち直しテンポ

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2015年2月27日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年1月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年1月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年1月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年1月末)」、「民間在庫の推移(平成27年1月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年2月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年10~12月期1次QE概要

Q E 解 説2015 年 2 月 16 日2014 年 10~12 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 10~12月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.6%(年率+2.2%)と3四半期ぶりのプラス成長。個人消費の緩やかな回復が続いたほか、輸出が大幅に増加し、内外需ともに成長率押し上げに寄与○ 個人消費の持ち直しや在庫投資の増加から民需(寄与度+0.3%Pt)が3四半期ぶりにプラス寄与

2015年1月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年12月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年12月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年12月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年12月末)」、「民間在庫の推移(平成26年12月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

ESPフォーキャスト2015年1月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2014年12月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年11月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年11月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年11月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年11月末)」、「民間在庫の推移(平成26年11月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

2014年12月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年7~9月期2次QE概要

Q E 解 説2014 年 12 月 8 日2014 年 7~9 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年7~9月期の実質GDP(2次速報)は前期比▲0.5%(年率▲1.9%)に下方修正(1次速報前期比▲0.4%、年率▲1.6%)。設備投資・公共投資が小幅に下方修正○ 2012年度の実質GDP成長率(確々報値)は+1.0%と確報値の+0.7%から上方修正。個人消費や設備投資の上方修正

ESPフォーキャスト2014年12月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2014年11月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年10月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年10月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年10月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年10月末)」、「民間在庫の推移(平成26年10月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年7-9月期の実質GDPは、前期比▲0.4%(年率▲1.6%)と2四半期連続の

2014年11月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年7~9月期1次QE概要

Q E 解 説2014 年 11 月 17 日2014 年 7~9 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 7~9月期の実質GDP(1次速報)は前期比▲0.4%(年率▲1.6%)と2四半期連続のマイナス成長。在庫削減の動きから在庫寄与度がマイナスとなったほか、天候不順等から個人消費の回復も低調○ 在庫削減の影響で民需(寄与度▲0.7%Pt)がマイナス寄与。輸入の駆け込みの反動がはく落し、外需(

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2014年11月2日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年9月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年9月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年9月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年9月末)」、「民間在庫の推移(平成26年9月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年9月30日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

ブランドごとの価格が見られます。

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年8月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年8月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年8月末)」、「民間在庫の推移(平成26年8月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

ESPフォーキャスト2014年9月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2014年8月31日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年7月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年7月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年7月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年7月末)」、「民間在庫の推移(平成26年7月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

2014年7月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年6月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年6月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年6月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年6月末)」、「民間在庫の推移(平成26年6月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年5月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年4月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年4月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年4月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年4月末)」、「民間在庫の推移(平成26年4月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年5月1日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年3月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年3月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年3月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年3月末)」、「民間在庫の推移(平成26年3月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年3月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年2月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年2月) 農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年2月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年2月末)」、「民間在庫の推移(平成26年2月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年7~9月期1次QE予測

Q E 予 測2013 年 10 月 31 日2013 年 7~9 月期 1 次QE予測経済調査部シニアエコノミスト山本康雄03-3591-1243yasuo.yamamoto@mizuho-ri.co.jp○ 2013年7~9月期の実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率+1.4%)に大きく減速した模様。輸出が3四半期ぶりに減少し、外需寄与度が大幅マイナス(▲0.4%Pt)になることが主因○ 個人消費の伸びは鈍化したが、住宅投資・設備投資は増勢を維持。景気対策効果で公共投資の伸びが高まるなど国

2013年9月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(9月21日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(9月14日〆週)、実質GDP成長率(第2四半期、確報値)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 26, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(9 月 21 日〆週):前週比▲0.5 万件の 30.5 万件、失業保険受給者数(9 月 14 日〆週)同+3.5 万人の 282.3 万人9 月 21 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比▲0.5 万件の 30.5 万

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率+3.7%へ大幅上方修正か~

Economic Indicatorsテーマ:2013年4-6月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率+3.7%へ大幅上方修正か定例経済指標レポート発表日:2013年9月2日(月)~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○13 年前半の高成長を確認9月9日に内閣府から公表される 2013 年4-6月期実質GDP(2次速報)を前期比年率+3.7%(前期比+0.9%)と、1次速報段階の前期比年率+2.6%(前期比+0.6%)から大きく上方修正され

2013年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-3】2013年4~6月期GDP統計予測

No.2013-0112013年7月31日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-3≫2013年4~6月期GDP統計予測(1)2013年4~6月期の実質GDP成長率は、前期比年率+3.6%(前期比+0.9%)と3四半期連   続のプラス成長となった見込み(図表1)。内需では個人消費や公共投資などが引き続き景気   を押し上げたほか、設備投資も6四半期ぶりに増勢転化。外需では、輸出の持ち直しが徐々に   明確化。内外需ともに景気を押し上げ、前期(前期比年率+4.

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-1】2013年1~3月期GDP統計予測

No.2013-0042013年4月30日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-1≫2013年1~3月期GDP統計予測(1)2013年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比年率+3.2%(前期比+0.8%)と成長率が加   速し、4四半期ぶりの高成長となった見込み(図表1)。個人消費が前期に続き高い伸びと   なったほか、外需も4四半期ぶりにGDPに対する寄与度がプラスに転換し、内外需ともに景   気を押し上げ。    ①個人消費(前期比年率+3.3%、前期

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想発表日:2013年3月1日(金)~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45283月8日に内閣府から公表される 2012 年 10-12 月期実質GDP(2次速報)は前期比年率▲0.0%(前期比▲0.0%)と、1次速報段階の前期比年率▲0.4%(前期比▲0.1%)から小幅上方修正されると予想する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ