「民間消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>

日米経済(週次)予測(2015年6月15日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>2015-06-16 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月

景気分析です。

第104回景気分析と予測

〈予測のハイライト〉GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と2期連続のプラス。市場コンセンサスを上回る回復となった。しかし、2014年度でみると消費増税の影響が大きく実質成長率は-1.0%のマイナスとなり、前回増税時(+0.1%)と比較して大きく下回った。1-3月期実質GDP成長率への寄与度を見ると、内需は+3.0%ポイント増加し2期連続のプラス。一方、純輸出は-0.7%ポイント減少し4期ぶりのマイナスとなった。内需のうち、実質民間在庫品増

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>2015-03-30 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>2015-02-27 <要旨>1. 2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%で、3四半期ぶりのプラス成長となった。成長率の内訳は、内需が+1.4%ポイント、純輸出が+0.9%ポイントであった。内需の増加に寄与したのは民間最終消費支出と民間在庫品増加で、これら以外の内需項目は成長に対する貢献がほとんどなく、自律的な力強い

ESPフォーキャスト2015年2月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

Kansai Economic Insight Quarterly No.24 <関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整>

Kansai Economic Insight Quarterly No.24 <関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整>2014-11-27 関西経済は緩やかな回復基調も、長引く消費増税からの調整(要旨)1. GDP1次速報によると、2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率-1.6%と2期連続のマイナス成長。市場にとってはネガティブ・サプライズとなり、消費増税の調整が長引いていることを示唆する結果となった。2014年7-9月期の関西経済は、緩やかな回復の動きを維持し

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

2014年7月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>2014-06-29 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べても

ESPフォーキャスト2013年11月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ