「民間消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月7日参議院フィードバック数:0社会/政治

2015年1~3月期GDP速報と先行き経済への視点

2015 年1~3月期GDP速報と先行き経済への視点~原油安局面継続による実質賃金上昇を期待~調査情報担当室 1.GDP速報から見た足下の経済物価情勢 1-1.景気底打ち後も足取りは重い我が国経済 2015 年1~3月期のGDP成長率(1次速報値、2015 年5月 20 日内閣府公 表)は、実質は 0.6%(年率 2.4%)、名目は 1.9%(同 7.7%)とともに2四 半期連続のプラス成長となった(図表1、2)。成長率のプラス幅は 2014 年 10~12 月期と比べて名実ともに拡大したが、

2014年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インド 自動車生産増-消費増と高水準の直接投資

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点No.2014-026 2014年3月5日http://www.jri.co.jpインド自動車生産増~ 消費増と高水準の直接投資 ~(1)インドが成長ペース横這い(図表1)。2013年7~9月と10~12月の実質経済成長率を対比 すると、前年比で4.8%から4.7%、季調済前期比年率で5.6%から4.5%。低迷持続。今春、 総選挙が見込まれ野党勝利が視野に入るなか、景気の先行き懸念拡がり。季調済前期比年率 ベースで7~9月と10~12月の寄与度をみると、民

マーケットレター【日本の2013年7-9月期実質GDP成長率について】

日本の2013年7-9月期実質GDP成長率について2013年11月14日<4四半期連続のプラス成長>7-9月期の実質GDP(国内総生産)成長率(1次速報値)は季節調整済みで前期比0.5%、年率換算では1.9%とな り、4四半期連続のプラス成長を遂げました。成長率に対する寄与度は、内需が前期比0.9%と4四半期連続のプラス を維持したものの、外需は同▲0.5%と3四半期ぶりのマイナスに転じ成長率を抑制する形となりました。 主な需要項目の動向は、民間最終消費支出が0.1%(季調済前期比、実質、以下同

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ