調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 民間設備投資

「民間設備投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月29日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アメリカ: 鉱業関連設備投資の先行き

今週の指標 No.1123 アメリカ:鉱業関連設備投資の先行き ポイント2015年6月29日2015年1~3月期のアメリカの民間設備投資は、原油安の影響により鉱業関連の設備投資等が下押し要因となり、前期比年率▲2.8%と11年1~3月期以来のマイナスとなった(図1)。鉱業は民間設備投資全体の6.5%、うち構築物投資では3割弱のウェイトを占めており、原油安が設備投資に与える影響は小さくない(表2)。以下では原油安の鉱業関連設備投資に対する影響について考察する。機械機器投資について、原油掘削設備で

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE概要

Q E 解 説2015 年 6 月 8 日2015 年 1~3 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)に上方修正(1次速報前期比+0.6%、年率+2.4%)。設備投資と在庫投資の上方修正が主因○ 設備投資と在庫投資が上方修正されたことで、民間需要の寄与度が上振れ(+0.8%Pt⇒+1.2%Pt)。公的需要は小幅に

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

2015年3月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年10~12月期2次QE予測

Q E 予 測2015 年 3 月 2 日2014 年 10~12 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率+2.5%Pt)と、1次速報の前期比+0.6%(年率+2.2%)から小幅に上方修正される見通し○設備投資・在庫投資・公共投資ともに小幅な修正にとどまると予測。設備投資がほぼ横ばい(前期比+0.3%)となることで、企業の投資

2014年11月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年7~9月期1次QE予測

Q E 予 測2014 年 10 月 31 日2014 年 7~9 月期 1 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年7~9月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率+2.3%)のプラス成長を予測。もっとも、天候不順の影響などから消費増税に伴う4~6月期の落ち込みからの回復ペースは緩慢○ 民需の持ち直しの動きが天候不順などで下押しされた模様。輸入の駆け込みの反動がはく落し、外需寄与度のプラ

2014年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年4~6月期2次QE予測

Q E 予 測2014 年 9 月 1 日2014 年 4~6 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年4~6月期の実質GDP成長率は前期比▲2.2%(年率▲8.6%)と、1次速報の前期比▲1.7%(年率▲6.8%)から下方修正される見通し○設備投資・民間在庫投資・公共投資がいずれも下方修正される見込み。パソコンの基本ソフト(OS)の更新需要等で1~3月期に投資が集中した反動が、1次

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

2014年5月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:実質GDP成長率(2014年第1四半期、速報値)、ADP雇用統計(4月)、雇用コスト指数(2014年第1四半期)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報April 30, 2014【米国経済指標】実質 GDP 成長率(2014 年第 1 四半期、速報値):前期比年率+0.1%2014 年第 1 四半期の実質 GDP 成長率(速報実質GDP成長率の推移(項目別寄与度)値)は前期比年率+0.1%と、前期の同+2.6%の伸(前期比年率%)6びから大幅に鈍化。事前の市場予

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ