「気候変動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月3日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

地球温暖化対策に関する世論調査

地球温暖化対策に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.地球温暖化問題について(1) 地球環境問題に対する関心(2) 地球温暖化がもたらす影響への関心(3) パリ協定の認知度(4) 中期目標の認知度(地球温暖化対策)(5) 長期的目

2016年8月24日オレンジページフィードバック数:0社会/政治

「気候変動と地球温暖化」について

「気候変動・地球温暖化は将来の世代に影響を及ぼす」97.5%...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「気候変動・地球温暖化は将来の世代に影響を及ぼす」97.5% 不安を感じるTOP3は「多雨・洪水」「農作物への影響」「猛暑」 対策は「自分がすべき」86.8%、「国や企業がすべき」96.5% 「オレンジページくらし予報」が、「気候変動と地球温暖化」について調査しました。日本全国のくらし予報モニターへの調査でしたが、「夏が以前より暑くなっている」と答えた人が80.5%

2015年12月25日外務省フィードバック数:0社会/政治

平成27年度外交に関する国内世論調査

平成27年度外交に関する国内世論調査(結果)平成27年12月18日 外務省は,11月末から12月初めにかけて,外交に関する国内世論調査を行いました。この調査は,全国47都道府県の20歳以上の1,000人を対象に,電話により実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。1 安倍総理大臣が,「地球儀を俯瞰する外交」として,外国を訪問していることをどのように評価するかとの質問については,評価する(「評価できる」,「どちらかと言えば評価できる」)と回答した人は74.4%(前回55.6%,前々回56.0

2015年3月11日環境省★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省の400ページを超えるレポートです。

日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について

「日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について」(中央環境審議会意見具申)について(お知らせ)政府全体の「適応計画」策定に向けて、中央環境審議会地球環境部会気候変動影響評価等小委員会において、既存の研究をもとに気候変動の将来予測や、気候変動が日本の自然や人間社会に与える影響の評価等について審議が行われてきましたが、本日、中央環境審議会より環境大臣に、日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について、意見具申がなされましたのでお知らせいたします。環境省で

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し サマリー版

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し 水素社会の兆し サマリー版水素社会の幕開け ◆化石燃料を中心とした世界のエネルギー消費量は増加を続けており、その安定的な確保や気候変動への対応が喫緊の課題となっている。水素を本格的に利活用する「水素社会」は、エネルギー供給におけるS+3Eを実現する取組みの一つとして、各国で進められている。日本でも、水素社会の実現に向けたロードマップが示されるなど産官

2014年11月5日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動についてのレポートです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書の公表について(お知らせ) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第40回総会(平成26年10月27日~31日、於 デンマーク・コペンハーゲン)において、IPCC第5次評価報告書統合報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、統合報告書本体が採択されました。 図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。 添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03-3581-3351)(直

2014年10月5日文部科学省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動についてのレポートです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)

現在位置トップ > 科学技術・学術 > 分野別の研究開発 > 環境エネルギー分野における研究開発 > 計画・方針・報告書(環境エネルギー分野における研究開発) > 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)の和訳 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)の和訳IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)(平成25年9月27日公表)のうち、

2014年4月22日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

EUのエネルギー価格と費用に関する分析と勧告

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 EUのエネルギー価格

2014年3月28日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)

「日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)」 の公表について(お知らせ) 中央環境審議会地球環境部会気候変動影響評価等小委員会(以下、「小委員会」という。)では、政府全体の「適応計画」策定に向けて、既存の研究による気候変動予測や影響評価等について整理し、気候変動が日本にあたえる影響及びリスクの評価について審議を進めています。この度、小委員会の中間報告として「日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)」がとりまとめられましたので、公表い

2013年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国家レベルの報告書です。

「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく 第1回隔年報告書及び第6回国別報告書

「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく 第1回隔年報告書及び第6回国別報告書の提出について(お知らせ) 我が国を含む先進国は、「気候変動に関する国際連合枠組条約」の下でのカンクン合意及びダーバン決定に基づき、2014(平成26)年1月1日までに、自国の温暖化対策・施策等をとりまとめた第1回隔年報告書(BR1)を条約事務局に提出する必要があります。また、同条約に基づき、第6回国別報告書(NC6)も同時に提出することになります。このたび、本年11月に条約事務局に登録した2020年度の温室効果ガ

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクトのレポートです。

CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013

国際NPOのCDP、あらた監査法人と共同分析・執筆した調査報告書「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013」を発表‐中長期的な事業戦略と一貫した気候変動対応に課題‐2013年11月06日CDPあらた監査法人CDP(本部:英国ロンドン、CEO:ポール・シンプソン、旧称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)は11月6日、日本の大手企業500社を対象に実施した気候変動への取り組みに関する調査報告書「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013」を発表しました(回答企業数:2

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

IPCCが6年ぶりに報告書を公表

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月27日、スウェーデンのストックホルムにおいて、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)から、地球温暖化に関する「第5次評価報告書 第1作業部会報告書(自然科学的根拠)」が公表された。報告書によれば、地球温暖化の原因は人間活動の可能性が極めて高く、今世紀末に気温は最高で4.8度高く、海面水位は最大で82センチ上昇するとしている(図表)。本報告書は、国際機関や各国の環境・エネルギー政策決定者が政策

2013年9月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について報道発表日概要気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第36回総会及び第1作業部会第12回会合(平成25年9月23日~9月26日、於 スウェーデン・ストックホルム)において、IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、第1作業部会報告書本体が受諾されました。本文本文については、下の「資料

『世界の農林水産』2013年秋号(通巻832号)

『世界の農林水産』2013年秋号(通巻832号)(2013年9月、A4変型、40p、ISSN:0387-4338)・特集栄養向上のための食料システム ――FAO「世界食料農業白書」2013年報告・Report 1第5回アフリカ開発会議(TICAD V)2013 ――2013年6月1日―3日・Report 2「国際キヌア年2013」の取り組み FAO日本事務所 広報官 荒井由美子由美子・Food Outlook世界の食料需給見通し 2013.6 市場の概況・気候変動と食料安全保障 ――FAOの取り

2013年9月6日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化についての意識調査です。

地球温暖化影響に関するアンケート調査

地球温暖化影響に関するアンケート調査調査の背景と目的気候変動に関する政府間パネル(IPCC)*1 では、2013年9月から2014年にかけて第5次評価報告書(AR5)を公表予定であり、地球温暖化影響についての最新情報が整理・提供される見込み。地球温暖化対策は社会の大きな変革を必要としており、その推進のためには地球温暖化の影響について国民各層の適切な理解を促し、国の温暖化政策への受容性を高めることが不可欠と考えられる。国民に対して地球温暖化の影響についての効果的な情報提供を行うには、国民の関心度や

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

オバマ政権の気候変動対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オバマ政権の気候変動対策国内政策を固めて、外交に踏み出す オバマ大統領は2013年6月、気候変動対策について演説を行い、政権二期目(2013年~2016年)の政策方針「大統領気候行動計画(The President’s Climate Action Plan)」を公表した。国内政策はこれまでと大きく変わらず、天然ガス等の利用拡大を柱に温室効果ガスの排出削減に取り組む方針だ。一方、外交は中国やインドとの

2013年4月15日文部科学省★★フィードバック数:24社会/政治

気候変動についてのレポートです。

日本の気候変動とその影響(2012年度版)

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成25年度の報道発表 > 気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート「日本の気候変動とその影響(2012年度版)」の公表について 気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート「日本の気候変動とその影響(2012年度版)」の公表について平成25年4月12日 1.レポートの概要本レポートは、さまざまな自然システムが気候変動による影響を受けつつある中で、国や地方の行政機関、国民が気候変動への対策を考える際に役立つ最新の科学的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ