調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 気象庁予報

「気象庁予報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2015年(平成27年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は平年並の27個でした。日本への接近数は平年より多い13個、日本への上陸数は4個で昨年と同じでした。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生状況 台風の発生数は平年並の27個(平年値25.6個)でした。今年の台風発生位置の平均経度は東経149.7度と、台風の統計を開始した1951年以降、最も東となり(平年値は東経136.7度)、また平均緯度は北緯13.4度と、平年より南となり

2014年12月21日気象庁フィードバック数:0社会/政治

急速に発達する低気圧の見通しについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 急速に発達する低気圧の見通しについて 報道発表日本文 ○日本付近ではこれから明日17日にかけて低気圧が急速に発達し、明後日18日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込み。特に北海道地方では、雪を伴った猛烈な風が吹き、見通しがまったくきかない猛ふぶきとなるおそれがある。 ○今日16日は、全国的に雨や湿った雪が降るため、積雪の多い地方では、なだれや急な雪解けに注意。北海道太平洋側では明日17日朝にかけて局地的に激しい雨や、湿った雪の降るおそれがある。

2014年10月19日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

台風第19号の今後の見通しについて(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 台風第19号の今後の見通しについて(第2報) 報道発表日本文 ・大型の台風第19号(09時、975hPa最大風速30メートル)は8時半頃、鹿児島県に上陸し、東北東進中。今後、速度を上げながら西日本から東日本、さらに北日本へ進む。13日夜にかけ四国から近畿に接近または上陸、さらに速度を上げ14日未明にかけ東海、関東甲信に進み、14日朝には東北沿岸に達する見込み<暴風・高波> 西日本・東日本・北日本では日本海側も含めて、台風の接近に伴い風・波が急激

2014年10月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

台風第18号の今後の見通しについて(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 台風第18号の今後の見通しについて(第2報) 報道発表日本文 ・大型で強い台風第18号(5日09時現在、945hPa最大風速40メートル)は九州の南海上を北上中。今後、向きを東よりに変えて、強い勢力を維持したまま、5日夜には四国に、6日にかけ速度を早め、本州の太平洋側にかなり接近・上陸するおそれ ・台風の接近に伴い風が急激に強くなり、猛烈な風、猛烈なしけとなる。九州南部・奄美では5日夜にかけ、四国・近畿では5日午後から6日朝にかけ、東海・関東・

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年台風第8号の今後の見通しについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年台風第8号の今後の見通しについて 報道発表日本文 ・大型で非常に強い台風第8号は、今後更に発達し、猛烈な台風(最大風速54m/s以上)となって、沖縄地方に接近する見込み。 ・沖縄地方に最も接近するのは、明日8日の朝から昼すぎとなる見込み。 ・今後の台風の進路や発達により、今夜にも沖縄地方に特別警報を発表する可能性がある。身を守るため、早めの安全確保を図るなど最大級の警戒が必要。問い合わせ先 【今後の予想を含めた最新の情報は各地の気象台

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年台風第8号の今後の見通しについて(第3報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年台風第8号の今後の見通しについて(第3報) 報道発表日本文 ・現在、沖縄本島地方に大雨特別警報を発表しています。引き続き厳重な警戒が必要です。 ・台風第8号は、明日10日には九州に上陸するおそれがあり、明後日11日には東日本に接近する見込みです。 ・西日本、東日本では、台風および台風周辺の湿った南風の影響で、太平洋側を中心に大雨となり、雨量がかなり多くなる見込みです。 ・北日本や北陸などでは、台風から離れていても梅雨前線の影響で大雨と

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は平年より多い31個で、1994年以来19年ぶりに30個を超えました。日本への接近数も平年より多く、10月の接近数は1951年以降で最も多い6個でした。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生数 台風の発生数は平年より多い31個(平年値25.6個)でした。8月までの発生数はほぼ平年並のペースでしたが、9月と10月に平年を上回る7個ずつ(平年値はそれぞれ4.8個、3.6個)の台

2012年12月25日気象庁フィードバック数:15社会/政治

2012年(平成24年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は24個で平年並でしたが、日本への接近数は1951年以降で4番目に多い17個でした。接近した台風のうち第15号、第16号、第17号は、3個連続して非常に強い勢力を保ったまま沖縄本島周辺を通過しました。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生数 台風の発生数は24個(平年値25.6個)で平年並でした(図1、表1)。月別の発生数では、6月が4個(平年値1.7個)、9月が3個(平年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ