「水力発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等))報告書

平成26年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等))報告書

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(損傷形態・地すべり)報告書

平成25年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(損傷形態・地すべり)報告書

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等)報告書

平成25年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等)報告書

2014年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査 ))報告書

平成 25 年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査))報告書平成 26 年 3 月一般財団法人 新エネルギー財団(経済産業省 資源エネルギー庁 委託調査)目第1章調査概要次······················································· 1-11.1調査目的························································ 1-11.2調査内容············

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(スマートコミュニティ等海外展開モデルの構築調査事業)報告書

平成 24 年度国際エネルギー使用合理化等対策事業スマートコミュニティ等海外展開モデルの構築調査事業平成 25 年 3 月株式会社アイ・ビー・ティ11. 欧州のエネルギーとスマコミ関連動向 ............................... 91.1.欧州連合(EU)のエネルギー状況 ............................................................................... 91.1.1.エネルギーの生産・消費・輸入

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回 余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~ 水道水は、ダム-河川-浄水場(飲める水になるように処理)-給水所を通って、ビルや家庭などの利用者に届きます。ただし、浄水場や給水所が利用者のいる場所より低い場合は水が自然に流れないため、ポンプを使って圧力をかけて配水・給水を行っています。水力発

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小水力発電についてのレポートです。

日本の小水力発電の現状と課題

環境問題日本の小水力発電の現状と課題~コミュニティー主体のファイナンスが必要に~株式会社H&Sエナジー・コンサルタンツ パートナー石丸 美奈目 次1.小水力は日本の自然条件に適したエネルギー源2.地域密着性、安定した高い設備利用率などに特徴3.複雑だった法的手続きは簡素化4.進んだ欧州の技術を取り入れる動きも5.ファイナンス面の仕組み作りが急務に1.小水力は日本の自然条件に適したエネルのダムや発電所からの放流水、農業用水路、ギー源上下水道施設などの水流、ビルの循環水や工水の勢いでタービンを回して

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(小規模水力発電分野の事業実施可能性検討調査)

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(小規模水力発電分野の事業実施可能性検討調査)

2013年5月21日大和総研フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

維持流量を利用した小水力発電

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年5月17日に発表された2013年2月末時点の「再生可能エネルギー固定価格買取制度」による設備認定状況をみると、相変わらず太陽光発電が多い(運転開始した設備容量も認定を受けた設備容量も93%以上が太陽光発電)。一方、小水力発電は、調査開始などの報道が全国各地で見聞きされるものの、実際に運転が開始された例はまだ少ない。これは、小水力発電の運転開始までの期間が風力発電や地熱発電に比べれば短いものの

2011年4月28日環境省フィードバック数:335製造業/エレクトロニクス

平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査

平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果について(お知らせ)環境省では、再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査を実施し、太陽光発電(非住宅系)、風力発電(陸上及び洋上)、中小水力発電及び地熱発電(温泉発電を含む。)について、我が国における賦存量、導入ポテンシャル及びシナリオ別導入可能量を推計しましたので、お知らせします。1.調査の概要環境省では、再生可能エネルギーの大規模な導入について検討を進めるために、平成21年度に再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査を実施し、太陽光発電(非

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ