「水炊き」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月28日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

鍋料理に関する意識調査

家族でも“ひとり鍋”でも重宝する、手軽でおいしい「鍋の素」が浸透 〜夫は鍋料理に“妻の愛情“を感じ、妻は“手抜き”ができて助かっている?〜国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第48号として鍋料理に関する意識調査の結果をご紹介します。冬はやっぱり鍋!…でも、意外にも鍋料理を食べる頻度は西高“北”低 寒い季節が近づくと、恋しくなってくるのが鍋料理で

2015年12月21日アイランド★フィードバック数:0ライフスタイル

「鍋」に関するアンケート

「みんなの暮らしを、もっと楽しく、わくわく、心地よく」ライフスタイルメディアカンパニー アイランド株式会社 ~“家鍋トレンド”調査2015~ “作りたい鍋”に今年話題の「餃子の皮鍋」がランクイン! <レシピブログ> ニュースリリース~“家鍋トレンド”調査2015~ “作りたい鍋”に今年話題の「餃子の皮鍋」がランクイン! <レシピブログ> アイランド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟飯原 理咲)が運営する、日本最大級の料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」()はこの度、「鍋」に関する

2014年10月30日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0ライフスタイル

鍋についての調査です。

「家で食べる鍋料理」に関する調査

好きな鍋は「すき焼き」だが、登場回数が多いのは「おでん」。 冬の間、週1回以上鍋をする人は約3割。 ~ 「家で食べる鍋料理」に関する調査結果を発表 ~ 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケート』を利用し、20代~60代の男女を対象に「家で食べる鍋料理」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年10月15日(水)~10月19日(日)。有効回答は1,000人から得ました。■調査サマリ「鍋料理を食べよう

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム なべ料理(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬場に自宅でなべ料理を食べる頻度は「1ヶ月に2〜3回程度」「1週間に1回程度」がボリュームゾーン。近畿・中国・四国などの西日本では頻度が高く、北海道では頻度が低い傾向。冬場に自宅や外食で一人鍋をすることがある人は2割強 自宅でよく食べるなべ料理は全体では「おでん」が1位、「寄せ鍋」「すき焼き」「水炊き」「キムチ鍋・チゲ鍋」「湯豆腐」などが続く(地域により傾向が異なる)。「キムチ鍋・チゲ鍋」は女性10・20代で人気 自宅でなべ料理を食べる人の

2013年12月8日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「鍋」に関するアンケート

「鍋」に関するアンケート結果を発表 →鍋料理が好きな人は89.6% →好きな鍋料理は、1位:すき焼き 2位:水炊き 3位:チゲ鍋 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)、モラタメ事業部では、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net®』会員のうち22歳~69歳の男女を対象に「鍋」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2013年11月8日(金)~2013年11月9日(土)。有効回答は1,030人から得ました

第242回 我が家の一押しお鍋! 2005.11.10~2005.11.16

●分析秋がぐっと深まり、風も冷たく感じるようになってきたこの頃。あたたかい食べものが恋しくなりますよね。寒い時期のあったかメニューの代表といえば、「お鍋」。お鍋は体があたたまるだけでなく、旬の素材がたっぷり食べられ、栄養価満点。調理の手間がかからず、味付けもシンプルなのでお子さまメニューを別に作る必要がなく、育児に仕事に大忙しのママパパには大助かりですよね。またお鍋を囲めば家族団らんの楽しさも味わえ、今、話題になっているお子さまの「食育」にも役立ってくれます。そこで、今回はみなさまのお宅の一押し

第442回 我が家の一押しお鍋! 2009.12.10~2009.12.16

●分析さむ~い冬の定番メニューといえば、お鍋。最近はカレー鍋、トマト鍋…と、鍋料理にもブームがあるよう。スーパーなどではさまざまな種類の「鍋の素(スープ)」も売られていますよね。今回は、55192ファミリーの一押しの鍋料理をズバリ教えてもらいました。ただいま家族全員がハマっているお鍋、ママ・パパが子どもの頃から食べているスタンダードなお鍋、我が家だけのオリジナルお鍋…などなど、おいしそうなお答えがいっぱい集まりましたよ。 Q1.お子さまはお鍋が好きですか? 家族で囲むと一段とおいしく、あたたか

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

鍋料理は好きですか?(2010/02)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査2月に突入し、次第に春が近づきつつあるとはいうものの、まだまだ夜の冷え込みは厳しいもの。寒さが増せば増すほど、食卓に上る頻度が増えるのが「鍋料理」ではないでしょうか。鍋をつっつきながら一杯やるなんて、考えただけで堪りませんね。そこで今回は、皆さんが好きな「鍋料理」の定番について聞きました。

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

美味しいお鍋の食べ方は?(2006/01)

【第118回】アンケート結果:2006年1月11日〜1月17日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,025人 寒さが増すと、何をするのも億劫になるという方もきっと多いことでしょう。でもそんな寒い冬だからこそ、楽しみなものもあります。例えば、「スキー」「コタツ」「風呂」「睡眠」「熱燗」等々、挙げれば限がありませんが、何はなくとも忘れてはならないのが「お鍋」ですよね。そこで今回は日本の冬の味覚の代名詞、体の芯まで温かになる「お鍋」についてお尋ねしましました。2人に1人が週1回

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

好きな鍋料理はなんですか?(2012/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年2月14日アサヒビールフィードバック数:1ライフスタイル

鍋料理に関する意識調査

ニュースリリースアサヒグループホールディングスのニュースリリース 2013年1月25日アサヒグループホールディングス株式会社 冬の風物詩 鍋料理に関する意識調査好きな鍋料理 東日本「寄せ鍋」、西日本「水炊き」がトップ〜 全体の2人に1人が「毎週、家族でお鍋の日」〜 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2013年1月16日(水)〜1月22日(火)にインターネットで、鍋料理に関する意識調査を実施し、825人の有

食事についてのまとまった調査です。

家族の食卓に関する調査

パルシステム生活協同組合連合会、『家族の食卓に関する調査』を発表 パルシステム生活協同組合連合会は、「家族の食卓に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2012年8月27日~9月2日の7日間において実施し、1,000名(調査対象者: 20歳~59歳の主婦)の有効サンプルを集計いたしました。 パルシステム生活協同組合連合会()(本社:東京都新宿区、理事長:山本 伸司)は、「家族の食卓に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)によ

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム なべ料理(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬場に自宅でなべ料理を食べる頻度は「1ヶ月に2〜3回程度」「1週間に1回程度」がボリュームゾーン。外食でなべ料理を食べる人(季節を問わず)は全体の6割弱 自宅でよく食べるなべ料理は「おでん」が1位、「寄せ鍋」「すき焼き」「水炊き」などが続く。外食でよく食べるのは「しゃぶしゃぶ」「寄せ鍋」などで、九州では「もつ鍋」が1位 自宅でなべ料理を食べる人のうち市販の鍋つゆ利用者は7割。「エバラ」「キッコーマン」「ミツカン」などが上位 市販の鍋つゆ利用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ