「水産物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月28日農林水産省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度 水産物中のダイオキシン類の実態調査

「平成25年度 水産物中のダイオキシン類の実態調査」の結果について 農林水産省は、平成25年度に実施した水産物中のダイオキシン類の実態調査の結果を取りまとめました。 1. 調査の背景農林水産省は、「ダイオキシン対策推進基本指針」(平成11年3月ダイオキシン対策関係閣僚会議決定)及び「食品の安全性に関する有害化学物質サーベイランス・モニタリング中期計画」(平成18年4月20日、平成22年12月22日公表。以下「中期計画」という。)に基づき、農畜水産物中のダイオキシン類濃度の実態を調査していま

お取り寄せしてますか?

お取り寄せのことならハッピー・ノート.com! ●分析地域の特産物やお店の名物がお家に居ながらにして手に入る「お取り寄せ」。スマートフォンでも簡単に注文できるので、あれこれお取り寄せを楽しまれているママ・パパも多いと思います。そこで、今回は「お取り寄せ」にスポットをあててリサーチを行いました。Q1.お取り寄せをしたことがありますか? お取り寄せをしたことは71.6%と多くの方が「ある」とお答えに。「今後してみたい」とお答えの方も16.5%いらっしゃって、お取り寄せの浸透度、関心度は高いようです

2014年5月25日水産庁★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。

平成25年度水産白書

「平成25年度水産白書」の公表について本日、「平成25年度水産の動向」及び「平成26年度水産施策」(「平成25年度水産白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成25年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、水産の動向や水産に関する施策について記述しています。・今回の水産白書では、養殖業の持続的発展を特集するとともに、我が国における水産資源の管理をはじめ、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策に

鳥羽磯部漁協の地元販路拡大の取組み

現地ルポルタージュ鳥羽磯部漁協の地元販路拡大の取組み主事研究員 田口さつき1  鳥羽磯部漁協発足当初の状況業活動を積極的に推進し、地元での認知度を三重県東部の鳥羽磯部漁業協同組合は、2002上げていった。なお、直販課が買い付けに来年10月に、鳥羽市16漁協と志摩市磯部町6漁ていることで徐々にセリに緊張感が増し、浜協が合併して発足した。管内では、天然魚介値を支えるようになった。類に加えて、養殖のカキや海藻類の水揚げがある。市場は、隣接する伊勢志摩総合地方卸売市場に加え、同漁協が運営する7つの産地3

2014年5月11日農林水産省★★フィードバック数:0ライフスタイル

農水省の調査です。

食料・農業・農村及び水産業・水産物に関する意識・意向調査

平成26年5月9日公表平成25年度農林水産情報交流ネットワーク事業全国調査食料・農業・農村及び水産業・水産物に関する意識・意向調査この調査は、平成26年2月中旬から下旬にかけて、農林水産情報交流ネットワーク事業の農業者モニター 1,269人、漁業者モニター 349人、流通加工業者モニター(木材関係を除く)705人、消費者モニター 987人を対象に実施したものであり、農業者モニター 1,116人、漁業者モニター 282人、流通加工業者モニター 524人、消費者モニター 866人から回答を得た結果で

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海洋生態系の持続可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 海洋生態系の持続可能性~水産資源保全の観点から~『大和総研調査季報』2013年夏季号(vol.11)掲載 地表の7割を占める海洋。海洋の生態系が気候変動や人為的な活動によって脅かされている。通常日常生活では海洋を意識することは少ないが、すでに水産資源の減少、サンゴ礁の劣化、有害化学物質や油類や漁網や生活雑貨などの漂流ゴミによる環境汚染など、人間生活にも負の影響を与え始めている。特に水産資源の減少は世界

2013年6月17日水産庁★フィードバック数:9ライフスタイル

水産白書です。

平成24年度水産白書

「平成24年度水産白書」の公表について本日、「平成24年度水産の動向」及び「平成25年度水産施策」(「平成24年度水産白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。 「平成24年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、水産の動向や水産に関する施策について記述しています。・今回の水産白書では、水産物の消費の問題を特集するとともに、昨年の特集に引き続き、東日本大震災からの水産業の復旧・復興の取組について章を設けて記述しています。また、水産

2013年3月4日国際農林業協働協会★フィードバック数:0ライフスタイル海外

世界の漁業についてのレポートです。

世界漁業・養殖業白書2012年(日本語要約版)

『世界漁業・養殖業白書2012年(日本語要約版)』2013年2月、A4版、41pFAOが隔年で発行する報告書「State of the World's Fisheries and Aquaculture 2012」をFAO水産養殖局の監修のもと要約・編集し、日本語要約版として発行しました。 世界の水産物の1人当たり供給量は2010年に再び記録を更新し、世界の人々が摂取する動物性タンパク質の16.6%を占めています。漁業・養殖業が世界の食料安全保障や開発途上国の雇用に果たす役割はますます高まってい

2012年11月5日農林水産省フィードバック数:13ライフスタイル

有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成15~22年度)について

有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成15~22年度)について農林水産省は、食品の安全性に関するリスク管理に不可欠なデータを得るため、農畜水産物・加工食品中の有害化学物質の含有実態を調べています。本日、平成15~22年度に実施した含有実態調査のうち、結果の解析が終了したものをデータ集にまとめてホームページに公表しました。 背景1. 農林水産省は、国際的に広く認められた食品安全行政におけるリスクアナリシスに基づき、「農林水産省及び厚生労働省における食品の安全性に関するリスク管

2012年5月28日水産庁★フィードバック数:34ライフスタイル

やはり震災が大きなトピックになっています。

「平成23年度水産白書」の公表について

「平成23年度水産白書」の公表について本日、「平成23年度水産の動向」及び「平成24年度水産施策」(「平成23年度水産白書」)が国会提出案件として閣議決定されました。 「平成23年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、毎年、政府が国会に対し、水産の動向や水産に関する施策について報告するものです。・今回の水産白書では、東日本大震災からの復旧・復興に向けた取組等について特集章を設けるとともに、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策をわかりやすく記述し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ